Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you.

あしたキャンプか山に行こう!

15
2013  19:51:06

ついに新穂高にたどり着いて堂々の完結です。

2013年8月の雲ノ平は我が家の最長にして最大の山旅。

鏡平からの下山で堂々完結です。

鏡平でのファミリージャンプ大会でどうしても上手に飛べないmorpheus

息子たちを真似るんだけどやっぱ駄目だね〜。

20130814Jump5.jpg20130814Jump6.jpg20130814Jump3.jpg

子供たちのまあなんとかっこ良く飛ぶこと!

親は日頃地球から両足が同時に離れることなんてないもんね〜。



これまでの牛歩の山行経過はこちらから
其の1:入山前から初日8月9日前半、新穂高からシシウドヶ原
其の2:暑さにやられて初日から鏡平で小屋泊してしまった8月9日の午後
其の3:8月10日の鏡平から双六まで
其の4:8月10日 双六から巻道経由で三俣に到着 やっとテントの出番
其の5:8月11日 三俣山荘から黒部川源流を経由して、絶景に感激しながら雲ノ平に到着!
其の6:地上の楽園を満喫した8月11日午後の雲ノ平散策
其の7:8月12日やっと復路!雲ノ平から三俣山荘のテン場に戻りました
其の8:名峰パノラマを楽しんだ8月12日の鷲羽岳登頂
其の9:8月13日三俣蓮華岳から双六岳の稜線を槍に向かって歩くの巻き
其の10:初のオコジョ〜双六のテン場で8月13日の夕刻!
其の11:8月14日は鏡平で最高のジャンプ!
其の12:本編にて下山完了!

1日2編で6日間、、、全12編

m(_ _)m 長!

ポチッ ポチッ にほんブログ村 アウトドアブログへポチッ
 ブログランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします〜



20130814Shinhotaka046.jpg

8時50分 標高2300m 鏡平を出発


20130814Shinhotaka047.jpg20130814Shinhotaka048.jpg20130814Shinhotaka048_.jpg


9時21分 標高2090m シシウドヶ原を越えて、10時9分に標高1800m チボ岩を過ぎると、大きくなる水の音!


20130814Shinhotaka053.jpg

10時19分 標高1720m 秩父沢到着。

20130814Shinhotaka049.jpg

今日も沢山の登山者がマイナスイオンを浴びながら休憩しています。


20130814Shinhotaka051.jpg

要所要所で疲労と全身の渇きを癒してくれたユスラウメジュースもついに売り切れ。

20130814Shinhotaka052.jpg

最後は4人ともちょっとづつ。

沢水入れすぎて失敗。薄かった〜。



20130814Shinhotaka056.jpg


実は雨に備えて防水カメラのOLYMPUS TG-1も持ってきていたのですが、出番がないままここに至って、、せっかくだから登場してもらおう!


20130814Shinhotaka055.jpg

沢の水底はこんなにピカピカ!

すごい水量でゴーゴー流れる澄んだ水に、手が切れそうに冷たい〜


20130814Shinhotaka054.jpg

水しぶきが心地よくて、生き返りました。


20130814Shinhotaka057.jpg

ユスラウメジュースを飲み干したら、さあ行こうか!


20130814Shinhotaka058.jpg20130814Shinhotaka059.jpg

11時過ぎに小池新道下部を進みます。

この辺りでBlueがゴロン!岩の間に突いたストックを抜き損ねてバランスを崩し、踏みとどまるかと思ったら全身で潰れちゃいました〜。

「今日は最終日。足首を捻らなければ明日に多少の筋肉痛が残っても大丈夫。」って油断すると下る足取りも早く(雑に)なり、筋肉の疲労が積み重なっていたのでしょうね。

偶然動画記録中でしたので後ほどご披露します(笑)

あ、この時ヘルメットしておけば良かったですね。

初日の遅れで水晶岳を諦めた我が家。結局ヘルメットを着用する機会なく下山に至りました。

今から考えれば、黒部川源流からの急坂や鷲羽岳でも着用するべきでした。


20130814Shinhotaka060.jpg

11時20分 標高1470m 小池新道口に到着。

ここからは緩やかな林道で、わさび平はもうすぐ!


20130814Shinhotaka061.jpg

屋根が見えました。

このあたりでRedは気も抜けたのか、もう歩きたくない〜って座り込み。これも後で動画で。


20130814Shinhotaka062.jpg

11時40分 標高1400m わさび平小屋到着!


20130814Shinhotaka066.jpg

下山したらこれっ!て決めていたのだ〜。

20130814Shinhotaka063.jpg20130814Shinhotaka064.jpgRedは真っ赤なトマト!


20130814Shinhotaka068.jpg20130814Shinhotaka067.jpg私も木舟の底に沈んでいた実の詰まったトマト!


20130814Shinhotaka069.jpg20130814Shinhotaka070.jpg奥様はリンゴ!


・・・・・木船の前で、考え込んでたたずむBlue

20130814Shinhotaka071.jpg

食べないの?

20130814Shinhotaka065.jpgちらり、、無理〜

日焼けで唇がボロボロ! 口が開けれん。痛いし。。開けたら切れるし!

20130814Shinhotaka072.jpg

コーラも染みるくらいだもんね。



20130814Shinhotaka073.jpg

でも気になる、、、。



20130814Shinhotaka074.jpg

あれ、、あの緑の、、黒い線の入った、、





ちょっと可哀想だな〜と思って、小屋受付にリサーチに行ったmorpheus。

一切れ700円ですか〜。

ちょっと勇気がいるけど

う〜ん、、ここは頑張っちゃおう!

生ビール以上の価値があるよね。まあ今日はどちらにしても運転で飲めませんが。









じゃ〜ん!

20130814Shinhotaka075.jpg

どう? ゴ〜ジャス!!!

20130814Shinhotaka076.jpg

これならスプーン使えるもんね!

旨過ぎ〜!


20130814Shinhotaka078.jpg

この笑顔が見れてよかったよ。



20130814Shinhotaka078_.jpg

私も結構極めて食べてますが、右のBlueのスイカの皮は赤身がないね〜。

スイカも喜んでるよきっと!


20130814Shinhotaka079.jpgわさび平横の沢はこの立て札の上流が飲料水、下流がその他用ですよ。


20130814Shinhotaka080.jpg

上流からきれいな水が流れてきます。


20130814Shinhotaka081.jpg20130814Shinhotaka082.jpg20130814Shinhotaka083.jpg

12時40分 わさび平を出発。 12時47分 標高1360m 笠新道分岐 12時58分中崎橋を通過

スイカパワーで力がみなぎっている4人はラストスパートで歩いて歩いて、、、

でも暑いね〜 6日ぶりにセミの鳴き声を聞きながら、

この坂マウンテンバイクでスカ〜っと風を切って下れたら気持ちいいのにね〜って考えながら歩きます。



20130814Shinhotaka085.jpg13時13分 風穴到着。

20130814Shinhotaka084.jpg

いやほんと凄いです! ここから動けなくなりそうでした。

ほてった体をしばしcool downして進みましょう!



20130814Shinhotaka086.jpg

立派なブナ林の木陰の道を進んで、

20130814Shinhotaka087.jpg

13時34分 新穂高登山口下山完了です!


20130814Shinhotaka088.jpg

大きなケガなく下山できてまずは良かった〜

日焼けし過ぎが大変ってことはよくわかったね!Blue君!



さてさて、下山後そのまま駐車場に進んだのですが、

20130814Shinhotaka089.jpg20130814Shinhotaka090.jpg20130814Shinhotaka091.jpg

登山者用無料駐車場に戻ったのは13時56分。

ここ、大事なところなので次回のために書いておこう。

登山者用無料駐車場から登山口までは20から30分かかるのです。

これを往路では考慮していなかったので、最初から30分遅れでスタートしたのが反省点でした。



さあ、ザックを車に入れてから

20130814Shinhotaka093.jpg

かじか橋を渡って

20130814Shinhotaka094.jpg

駐車場横の深山荘に!

20130814Shinhotaka095.jpg20130814Shinhotaka097.jpg20130814Shinhotaka098.jpg

本当は屋外の露天風呂も堪能したかったんですけど、奥様も子供も疲れと空腹で余裕がなかったため、石けん使用可の内湯だけの入浴となりました。


20130814Shinhotaka096.jpg

それでも6日ぶりの風呂はいいですね〜!

不思議なことに平地では数日入浴できないなんて考えられないことですけど、山では結構平気なもんですね。

山では感覚が変わるのか、最近のウェアが優秀なのか、高山は湿度が低くて汗をかいてもカラッと乾きますしね。


20130814Shinhotaka099.jpgさて、帰りの道すがら寄って食したのはやはり飛騨ですから!


20130814Shinhotaka100.jpg
高級肉肉!



20130814Shinhotaka101.jpg

焼いて!焼いて!

20130814Shinhotaka102.jpg

いい色!

ごちそうさまでした。

甘くて柔らかくて、うまみの凝縮した飛騨牛でほっぺたを落としました。



20130814Shinhotaka103.jpg

16時半 平湯でお買い物して我が家にGo!

もちろん帰りの車内でもイナズマイレブンの大合唱でしたよ。

深夜に広島県に入って自宅到着しました。

終わった直後はもう当分山はいいや〜って思ったけど、レポが終わるとまた恋しくなるんですね〜。

ではでは最後に、1600mを一気に下るのも初めてだった我が家の最終日後半を動画で





14日の行程はこちら。



この1600mを一気に下る山道は足運びを丁寧に降りましょうね〜。

重いザックで駆け下りると膝が笑うよ〜。



6日間をまとめると大変なことになりますな〜。



でも危険箇所はなかったですよ。

長〜い、長〜い2013年の夏山でした。


我が家も数年前まではこんな奥山に家族で行けるなんて考えていませんでしたが、先輩ブロガーさんたちの経験を分けていただいて、素晴らしい体験をすることができました。

子連れ山行でいつも参考にさせていただいているブロガーの皆様と、つたない我が家のブログをご覧下さった皆様に御礼申し上げます。

おしまい。
関連記事

 登山・トレッキング 2013年8月 新穂高〜雲ノ平

 わさび平 スイカ 飛騨牛

14 Comments

sana-papa  

ウ〜ン…、困った。
あまりにも同じようなアングルを、何倍も優れた手腕で撮影されたショットの数々〜しかも動画まてあるなんて。
我が家は恥ずかしくてレポできましぇ〜ん。(笑)
しかも我が家が帰る時はスイカなんてなかったしぃ!
あれからもうひと月経つんですね。
とにかくお疲れ様でした〜。

2013/09/15 (Sun) 22:18 | EDIT | REPLY |   

ぴょんたん  

このコース。

平坦になってからがしんどいよね。

レッドくんもブルーくんもよく歩いたねー^^!

ひと夏で逞しくなったことと思います^^

レポ、お疲れさまでした~。

2013/09/16 (Mon) 00:28 | EDIT | REPLY |   

morpheus  

sana-papaさんおはようございます!

何をおっしゃる sana-papaさん^^
同じ道を一緒に歩いても各自の考えていることはちょっとずつ違って、そこが楽しいのですから。
我が家と入れ替わりで双六入りされた sana-papaファミリーのレポ!
この先どこに向かうのかみんな楽しみにしてますよ〜。

連休のお仕事に負けず、気合いでレポしてくださいね!

2013/09/16 (Mon) 08:50 | EDIT | REPLY |   

morpheus  

ぴょんたんさんおっはよう!

ありがとう〜!
sana-papaさんもおっしゃってますが、下山してちょうど1ヶ月。
昨日のことのような感じも遠い昔のような感じもしてますが、忘れないうちにレポ完了できてよかったです。
わさび平から登山口までは平坦で、だらだら長くて嫌になっちゃいますね。
レンタサイクルがあればいいのに!ってお話を他の登山者とした記憶があります。
大きなザック背負ってママチャリっていうのも笑えるけどね!

2013/09/16 (Mon) 08:57 | EDIT | REPLY |   

まぁかつ  

おはようございます。

長編ご苦労さまです♪
ちょこちょこおじゃまして読み逃げしてました^^;

スイカ一切れ700円なんですね。
めっちゃゴージャスですね♪
美味しかったら700円を出す価値はありますね^^

お子さんたちのいい思い出になりましたね!
次はどこに行かれるか楽しみにしてますね(^_^)/

2013/09/16 (Mon) 09:36 | EDIT | REPLY |   

morpheus  

まぁかつさんおはようございます!

本当長編で、、^^1ヶ月かかっちゃいました(笑)
スイカ最高でしたよ〜。
下山時のお楽しみとして登山開始時から食べる!と決めて上っていかれる方もいらっしゃるようです。
思い出のスイカでゴ〜ジャいまス! (笑)

2013/09/16 (Mon) 10:22 | EDIT | REPLY |   

もえここ  

汗だくで下山してきて、沢の音が大きくなってくると
なんだか足取り軽くなりますよね~♪
それと同時に無性に喉乾いてきたり(^皿^)

そこへスイカは生き返りますね~♪
水分が体に沁み渡っていくような感覚ん~美味しそう(*^-^*)

なが~~い山行も、振り返ってみるとあっという間で。。。
また登りたくなりますね~~♪
お疲れ様でした(^0^)/

2013/09/16 (Mon) 11:24 | EDIT | REPLY |   

genzo  

こんにちは(^.^)

山に登った気持ちになれましたよ(^^
あんな雄大な景色、見たことなかったです
天気にも恵まれて最高の山登りでしたね
私もいつかは・・・なんて(^^ゞ

ブルー君、怪我なくてよかったですねー
私も下山のときに転びそうになってビックリしたことが。

このスイカの味、
忘れられないでしょうねー
みんなスゴく旨そうに食べてますねー(*^^*)

レポお疲れさまでしたー(^^
そして、またお願いします(^^ゞ

2013/09/16 (Mon) 16:48 | EDIT | REPLY |   

morpheus  

もえここさんこんにちは!

沢の水音って引き付けられますよね。
ヌルくなった水筒の水も入れ替えて元気モリモリになれるのだから水場って大事です。

時々学生さんがスイカ歩荷してるのを見ることないですか?
まあ信じられないな〜って見ていたのですけど、自分たちで担ぎ上げたスイカはさぞうまいんでしょうね〜
でも重たい皮を持ち帰るのがこれまた大変そう!

もえここさんは次の連休どこに出撃なのでしょうね〜。
レポ楽しみにしてますよ〜。


2013/09/16 (Mon) 17:05 | EDIT | REPLY |   

morpheus  

genzoさんこんにちは!

Blueの転倒、ちょうどビデオ撮影中のハプニング。
先行する奥様とRedは気づいてなかったようですが、普通なら立て直すバランスの崩れが疲労で踏みとどまれなかったみたいです。
登山道としては危険もなかったのでそのまま撮影していたのですが、、^^;
特にけがもなく、良かったです。
登りより下りが危ないって言いますもんね。気をつけよう〜。
スイカと青空は当面忘れそうにないですね〜

2013/09/16 (Mon) 19:15 | EDIT | REPLY |   

rara  

家族でよく歩きよく登り、素晴らしい夏休みでしたね。
パチパチパチパチパチおつかれさまでした~。(拍手)
レッドくんもブルーくんも小さいのによく頑張りました!!!
きれいな写真と楽しいコメント楽しませていただきました。
ありがとう~!

2013/09/18 (Wed) 21:37 | EDIT | REPLY |   

morpheus  

raraさんこんばんは!

ありがとうございます。
驚くほどの晴天に恵まれた幸運な山でした。
子供たちはロングコースを経験したことで自信もできてきたみたい。
平地ではちょっと歩くのも面倒なのに、山では歩けてしまうのが不思議ですね。

2013/09/18 (Wed) 23:41 | EDIT | REPLY |   

koba*  

お疲れ様でした

morpheusさん!(^o^)/

堪能させていただきました
冷やしたトマトやスイカのくだりは
不覚にもウルウルしてしまった…(^^ゞ

すばらしい経験でしたね
お風呂に入って飛騨牛ガッツリ食べて
頑張ったんだからたっぷり食いなって感じで

なんかお子達ずいぶんとたくましく感じます
素敵な感動レポでしたよ~(^^)ニコ

2013/10/08 (Tue) 16:58 | EDIT | REPLY |   

morpheus  

koba* さんありがとうね!

ブログ書くようになって自分でも一番驚いたのは、写真の整理をするようになったこと。
それまで写真を撮るのは趣味の一つでしたが、撮ったら後は放置〜ってことが多かったので。
皆さんの体験を分けてもらったり、共有したりすることで続けられている喜びを感じています。その分写真が多くてご迷惑かけちゃってますね。
koba*さんのコメントにはいつも励まされていますよ。
これからは娘との出動が段々多くなっていけばいいなと思っています。
今後ともよろしくお願いします〜

2013/10/08 (Tue) 23:44 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment