Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you.

あしたキャンプか山に行こう!

12
2013  21:58:56

今日最高のジャンパーは誰だ〜??

2013年夏、憧れの雲ノ平への山旅もついに最終日となりました。

登って登って歩いて歩いて、下って登って歩いて歩いて5泊6日、

我が家にとって距離も時間も最長にして、累積標高差も最大の山旅でした。


20130814Shinhotaka015.jpg

最終日も完璧な青空に恵まれてピカピカな登山道が待っています。

今日は下山して温泉だ〜♪♪、、、でも降りたくないよ〜って声も自分の中に。

日常に戻りたくないのだ〜。

最終日にいつも感じる名残惜しさを胸に8月14日が始まります。



これまでの牛歩の山行経過はこちらから
其の1:入山前から初日8月9日前半、新穂高からシシウドヶ原
其の2:暑さにやられて初日から鏡平で小屋泊してしまった8月9日の午後
其の3:8月10日の鏡平から双六まで
其の4:8月10日 双六から巻道経由で三俣に到着 やっとテントの出番
其の5:8月11日 三俣山荘から黒部川源流を経由して、絶景に感激しながら雲ノ平に到着!
其の6:地上の楽園を満喫した8月11日午後の雲ノ平散策
其の7:8月12日やっと復路!雲ノ平から三俣山荘のテン場に戻りました
其の8:名峰パノラマを楽しんだ8月12日の鷲羽岳登頂
其の9:8月13日三俣蓮華岳から双六岳の稜線を槍に向かって歩くの巻き
其の10:初のオコジョ〜双六のテン場!


ポチッ ポチッ にほんブログ村 アウトドアブログへポチッ
 ブログランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします〜




4時25分 双六テン場の朝。

20130814Shinhotaka002.jpg

4人で双六小屋に水の補給に出かけます。



20130814Shinhotaka004.jpg

早起きできるようになったRed

双六小屋の広場で朝焼けを眺めながら、まだあくび出るよね〜。



20130814Shinhotaka003.jpg

私もご来光を待ちますが、


20130814Shinhotaka005.jpg

4時51分、まだ朝日は昇りそうにありません。

今日も早出を目指すので撤収しに戻ることにしました。



20130814Shinhotaka006.jpg20130814Shinhotaka007.jpg20130814Shinhotaka008.jpg

4時58分テント撤収開始。5時25分に撤収完了。30分に出発準備OK。

昨年の北穂は7時から8時出発という遅出だった我が家も、今回は徐々に山のリズムができてきました。



20130814Shinhotaka009.jpg

さあ、出発!



20130814Shinhotaka010.jpg

双六のテン場を振り返ります。

既に出発された方も多く、Maxではなくなっていますが、まだまだ多くのテントの花が咲いていますね。


20130814Shinhotaka011.jpg

まずは笠ヶ岳を正面に、緩やかに上っていきましょう〜



20130814Shinhotaka012.jpg

この辺りは日陰で結構寒かったですよ〜。


20130814Shinhotaka013.jpg

でも樅沢岳から弓折岳に続く稜線に出ると、今日も槍ヶ岳が応援してくれています!



20130814Shinhotaka016.jpg

ピカー!な朝日がみるみる体を温めて、、というか暑いのでウインドブレーカーを脱ぎました。



20130814Shinhotaka014.jpg20130814Shinhotaka017.jpg20130814Shinhotaka018.jpg

この辺り、どの写真でも必ずあのとんがりがすごい存在感で訴えてきます。

俺のところには来ないのかい??って(笑)

ごめーん。今回は行けないんだ〜。

西鎌をそっちに向かっていきたいのは山々おっと、やまやまなんだけど、予定にない欲張りは事故の元。

今回の槍ヶ岳が最高のコンディションで迎えてくれるのはわかるんだけど、

あえてまた次回にお楽しみは残しておこう!



20130814Shinhotaka019.jpg

RedもBlueもこれだけあのとんがりを見たら、もう行きたくてしょうがないでしょ??

どう?


20130814Shinhotaka020.jpg

6時15分 標高2600mのくろゆりベンチを過ぎて進みます。



昨年の北穂の登りと同様に、今年もやっぱりイナズマイレブンの主題歌♪を歌いながら歩いてます〜

曲はこちら 情熱で胸アツ!

去年と違うのはmorpheusも一緒に歌ってるところ。

自宅から新穂高まで560kmの高速道路でほとんどこれ聴きながら運転しましたからね〜




20130814Shinhotaka021.jpg

西鎌の尾根に遮られた朝の光が幾重にも重なるカーテンのようになって水鉛谷に差し込んでいます。



20130814Shinhotaka022.jpg

樅沢岳から西鎌尾根をバックに。



20130814Shinhotaka023.jpg

6時半 前方にかわいい屋根が見えました。



20130814Shinhotaka024.jpg

視線を上げると乗鞍や焼岳も浮かび上がって見えています。



20130814Shinhotaka025.jpg20130814Shinhotaka026.jpg20130814Shinhotaka028.jpg

雪渓とお花畑を進んで進んで、花見平の雪田を越えていきます。


20130814Shinhotaka027.jpg


メラメラと燃えたぎる 火傷するくらいの 情熱で胸アツ!
まわりの人 あたためる けして消えない 灯火になれ!
夢をみつけた瞬間に 胸の芯に火が灯って
急に激しく心踊り出した 魂のキャンプファイヤー
灼熱の砂漠に咲いた一輪の情熱の花 決して枯れることはない 一途な想いとは永久の神話
さぁ希望に満ちた恵みの雨降らせ 歌い踊ーヨ! 今日という日に「光」を灯せ!


家族で歌えるって結構楽しい。

そういえば子供の頃のアニメソングって大人になっても忘れてないな〜。

デビルマンとか、マジンガーゼットとか、宇宙戦艦ヤマトとか、、妖怪人間ベムとか(笑)


20130814Shinhotaka029.jpg

槍ヶ岳から大喰岳、中岳、南岳、大切戸と北穂高岳、涸沢岳、奥穂高岳、西穂高岳、、、

おいそれとは近寄れない、険しくも神々しい山々です。



20130814Shinhotaka030.jpg

抜戸岳と笠ヶ岳もまっすぐ見据えながら、、

こんな美しい山々を眺めながら歩けるこのコース、最高!



20130814Shinhotaka031.jpg

6時50分 標高2560mの弓折乗越

20130814Shinhotaka032.jpg20130814Shinhotaka033.jpg20130814Shinhotaka034.jpg

基本鈍行の我が家にしては珍しく、ここでは座らずそのまま進みました。

実は朝は行動食を食べたんですけど、既におなかが減ってきてたんですね〜。

この晴天なので、弓折乗越でストーブ使って朝食しても良かったんですけどね。

なんとなくちゃんとテーブルで食べたい気分だったので、次の休憩ポイントに進みました。

もしかして我が家初の快速?



20130814Shinhotaka035.jpg

そして7時35分 標高2300mの鏡平到着


20130814Shinhotaka037.jpg

2度目の朝食件昼食??どっちでもいいや。

腹が減ってはなんとやら!

今回シャリバテしなかったのは良かったね!



20130814Shinhotaka036.jpgマルタイ棒ラーメンを4人に平等に分けている超真剣なまなざし!


20130814Shinhotaka038.jpgそして食後は往路と同じ、、いや別の味の



20130814Shinhotaka039.jpgかき氷です。


20130814Shinhotaka040.jpg
この時は練乳だくだくで!って言いたいところでしたが、練乳売り切れでした〜。

20130814Shinhotaka041.jpg

奥様と私でこんな感じで沢山写真を撮った今回の山旅。
2人合わせて2000枚超の写真、、撮り過ぎでしょ!
銀塩の時代では考えられなかったですね〜。
あの頃はCanon Eosユーザーだった我が家。
フィルムもリバーサルを使ったり、凝ってましたねー。
でもフィルムはそんなに沢山持っていけないし、現像にもお金がかかるので、6日なら1人10本程度かな〜。
当時だったら2人で頑張って700ショットくらいでしょうか。
便利な時代になりました。
その分駄作も増えたかも(笑)


20130814Shinhotaka042.jpgRedはイチゴ味が大好き。
Blueはメロンを。20130814Shinhotaka043.jpg


20130814Shinhotaka044.jpg

さてさて、しっかり休憩したところで、往路はバテバテで楽しむ余裕がなかった小屋の向こう側にいざ!



20130814Shinhotaka045.jpg

8時30分 朝の静かな空気と光の中、磨き抜かれた鏡に映る槍と穂高の峰々!

こんな景色の中で、下りの今日はバテてない我が家はこんな感じで遊んだのです!







わっはっは!

単純に楽しい!

なかなか上手に飛べないから、大人は。


20130814Jump2.jpg20130814Jump1.jpg20130814Jump4.jpg


子供たち、凄いね〜。 うまく飛ぶもんだ!




最終回までしばらく飛んどきます(笑)
関連記事

 登山・トレッキング 2013年8月 新穂高〜雲ノ平

 双六小屋 鏡平

10 Comments

genzo  

おはようございます(^o^)/

朝日の写真、どれも素敵ですねー(^^
槍の存在感半端ない

モルペウスさんからイナズマイレブンが出てきたのが
びっくりでした(笑
皆で歌える歌があるのは確かに楽しいですね
あの雄大な山でイナズマイレブン。
いいかも(*^^*)

2013/09/13 (Fri) 07:26 | EDIT | REPLY |   

sana-papa  

山旅のエピローグに相応しい爽やかな朝♪
早発が功を奏してか鏡池での槍もバッチリ!
それにしても子供達、ホンマに元気ですね〜。
この調子なら、このあとのロングな下り&林道もラクラク、愉しんで歩けたのでしょうね。
morpheus家が鈍行なら、我が家は毎日何処か故障して度々運休を繰り返すオンボロ列車です。(笑)
奥様のOM-Dが羨ましいなぁ〜私には高価で手が出せません。

2013/09/13 (Fri) 08:41 | EDIT | REPLY |   

もえここ  

必ず目の端に入って
気になってしまう存在感抜群のトンガリ君ですね~~♪♪
でも、笠ヶ岳も好きな眺めです~~(*^-^*)

写真、お天気いいと枚数、一層増えますよね~~!!
お二人で2000枚超ですか~~(@ @)
これだけキレイな写真がいっぱいなのは、
お二人ともカメラの腕が確かだから
どれも選ぶのに迷う写真ばかりだったでしょうね~♪
ジャンプの瞬間をしっかり捉えた写真もお見事(^0^)b

2013/09/13 (Fri) 22:22 | EDIT | REPLY |   

morpheus  

genzoさんこんばんは

イナズマイレブンうちでは流行ってますよ〜。
長男はそろそろ抜けたみたいですが、以前の曲などは今でもストライク。
ラップ?早口言葉〜な歌詞が難しくって、運転中の眠気防止には著効です(笑)
熊よけにもなるかも(爆笑)

2013/09/13 (Fri) 23:04 | EDIT | REPLY |   

morpheus  

sana-papaさんこんばんは!

このあとのロングな下り&林道がラクラク???
それはないない。
わさび平でエネルギー大補給しないと歩けないほどでしたよ〜
でも子供たちは確かに元気。
それはですね〜。
早く家に帰りたい〜って気分だったようです。
アイスやゲームが恋しくなってたんだと思いますよ。
でも宿題を思い出したりもしていて、、子供なりに日常に戻るのがいやだな〜って複雑だったみたい!

2013/09/13 (Fri) 23:11 | EDIT | REPLY |   

morpheus  

もえここさんこんばんは!

いやいや、最近のミラーレス一眼の優秀なこと!
オートでほとんどのものは撮れちゃいますからね〜。
数打ちゃあたるのですよ〜。
笠ヶ岳も今回は私のお気に入りに入りました。
眺める方向で全然違う山に見えますね〜。

2013/09/13 (Fri) 23:17 | EDIT | REPLY |   

piyosuke-papa  

こんちは(#^.^#)


双六から鏡平間の登山道はほんと絵になりますよね~♪


デッキのジャンプ動画 かっこいい~

海外のスノボのイメージビデオみたいです~(#^.^#)





2013/09/15 (Sun) 10:29 | EDIT | REPLY |   

morpheus  

piyosuke-papaこんばんは!

本当このコースずーっと槍と穂高の美しいシルエットを見ることができるコースですよねえ。

ジャンプはここでの先客のお兄さんお姉さんたちがされてたのでマネしました〜。
Redのジャンプ力とBlueのジャンプの姿が今回は特に印象的で、子供たちの成長(と親の運動機能の↓)を思い知ったのでした〜。

奥様のスキップも結構イケテル???でしょ!

2013/09/15 (Sun) 19:24 | EDIT | REPLY |   

koba*  

子どもってスゲーネ

morpheusさん!(^o^)/

鏡平の小屋が見えた時って
結構感無量?
それとも寂しさ?

RED君の早起きは、なんか成長を感じました
子どもってすげーね

2013/10/08 (Tue) 16:48 | EDIT | REPLY |   

morpheus  

koba* さん〜

う〜ん
下山したくないな〜って思いは確かに大きかったです。
息子たちは下山してアイス食いてーって(笑)

これで早起きが身に付くかと思いきや、家族全員10月に入って遅起きになっております〜。
もちろんRedは筆頭ですが。
日照時間の関係ですよね。
これからの季節は早起き厳しいですな。

2013/10/08 (Tue) 23:37 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment