Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you.

あしたキャンプか山に行こう!

03
2013  07:03:01

北アルプスの名峰の大パノラマを山頂からどうぞ〜♪

2013年のお盆休みは今年の夏山のメインイベント!
日本最後の秘境と呼ばれる雲ノ平に出かけてきました。

雲ノ平から三俣山荘のテン場にもどって、なんと午前10時前にはテント設営という早業(歩く距離が短いので〜)で寝床を確保したMorpheusと奥様とRed、Blue

安心してお出かけですよ。

20130812Mitsumatarenge058.jpg


いざ! 鷲羽岳に!


これまでの牛歩の山行経過はこちらから
其の1:入山前から初日8月9日前半、新穂高からシシウドヶ原
其の2:暑さにやられて初日から鏡平で小屋泊してしまった8月9日の午後
其の3:8月10日の鏡平から双六まで
其の4:8月10日 双六から巻道経由で三俣に到着 やっとテントの出番
其の5:8月11日 三俣山荘から黒部川源流を経由して、絶景に感激しながら雲ノ平に到着!
其の6:地上の楽園を満喫した8月11日午後の雲ノ平散策
其の7:8月12日やっと復路!雲ノ平から三俣山荘のテン場に戻りました


しかしレポも鈍行ですみません〜。
其のXまで続くのでしょうけど。
Xは2桁になるのだろうか、、長い長い夏のレポなのです。



ポチッ ポチッ にほんブログ村 アウトドアブログへポチッ
 ブログランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします〜





20130812Mitsumatarenge057.jpg

山荘前からの槍ヶ岳

樅沢岳から北に向かって湯俣川に延びて下っていく緑の尾根と、硫黄尾根の赤いコントラストがきれいです。

鷲羽岳の斜面に取り付く前に今回の山行で2回もお世話になった三俣山荘の雰囲気を短くレポ。

20130812Mitsumatarenge055.jpg

トイレ前のホールから玄関を望んでます。

13時ですから、この時間はさすがに空き空きですね。


20130812Mitsumatarenge056.jpg

大部屋はこんな感じで一部ロフト状。

やっぱり木の空間が私は大好きなんですね。

照明もいい雰囲気です。


さあ13時30分 標高2550mの山荘を出発して

20130812Mitsumatarenge059.jpg

まずは鷲羽乗越を進みます。


20130812Mitsumatarenge060.jpg20130812Mitsumatarenge061.jpg20130812Mitsumatarenge063.jpg

このあたりで14時。ゆっくり登っていきます。

山荘から鷲羽岳山頂までの標準歩行時間は山と高原の地図では1時間30分。

今までことごとく標準歩行時間の2倍ほどという牛歩鈍行で登ってきた我が家は、1回くらいスピーディーな登頂を果たそうじゃないか!ってことで、ここでは時計をみながらペース配分!

だって軽ーいアタックザックの水とドライフルーツ&レインウェアのみの歩荷ですからね〜。





20130812Mitsumatarenge062.jpg

かな〜り風が強くって、お花が揺れていますが、かろうじて被写体ブレが少ない写真がこちら。

クモマミミナグサ??


20130812Mitsumatarenge063_.jpg

Smile!ってカメラを向けたら超無理矢理Smileで返してくれたRedです。




20130812Mitsumatarenge064.jpg20130812Mitsumatarenge065.jpg

急斜面ですが、砂利の道なので足上げの高さや足を置く場所は限定されることもなく、浮き石に気をつけて歩けば危険はない印象。


20130812Mitsumatarenge066.jpg

またまた景色が素晴らしくなってきて、右から三俣蓮華岳と丸山の間の鞍部、丸山、丸山と双六岳の鞍部の向こうに笠ヶ岳、双六岳、双六小屋、樅沢岳、西鎌尾根と硫黄尾根、槍ヶ岳と大喰岳、中岳から穂高連峰へ続く稜線などもう出し惜しみも何もなく丸見えでございます!


20130812Mitsumatarenge067.jpg

子供たちのリクエストで撮った積乱雲の写真。

横に広がってますからかなり高いところまで成長しているのでしょうね。

奥のとんがりは常念岳でいいのかな?

まだ行ったことがない表銀座とそこから上高地に縦走する山々の同定は自信がありません〜。




20130812Mitsumatarenge068.jpg

鷲羽岳中腹からのパノラマ写真です。

中心が三俣蓮華岳で、右に黒部五郎岳、その裾野を流れて遠ざかる黒部川も見えていますが、、ブログだと横幅が限定されているので小さすぎますね〜。

ってことでパノラマ写真をスクロール動画にしてみました。





そしてもう、表現に困ってしまうほどの景色がさらに続きます。

20130812Mitsumatarenge070.jpg

鷲羽池に空の青が深い色で映っています。



20130812Mitsumatarenge071.jpg

今まで見てきた遠景と異なり、黒い北鎌尾根と赤い硫黄尾根がさらに険しい表情を見せていますね。



20130812Mitsumatarenge072.jpg

待ってろよ〜、いつか登りに行くぞ〜!

それまでしっかりとんがったまままってろよ〜!



20130812Mitsumatarenge073.jpg

さあ、山頂までもう一息!


20130812Mitsumatarenge074.jpg

14時50分 標高2924.19mの三角点タッチ!

かろうじてコースタイムより10分早い到着、、でもアタックザックでギリギリセーフですから、、

この分では我が家はザック背負ってコースタイムで歩けるようになるのは無理だなあ。



20130812Mitsumatarenge075.jpg

祝!百名山!今回の山行でのピーク2つ目!!(*≧∇≦)/-----ドンドンパフパフ〜!---((祝))≧□≦)~☆



山頂から北を望みます。

20130812Mitsumatarenge078.jpg

水晶岳は別名黒岳というだけあって、黒々とした山頂が目を引きますね。

2986mというこの辺りでは最も高い標高も魅力的!

次回は絶対登りたい百名山です。

手前は赤いその名も赤岳で、山頂の向こうに水晶小屋があるのだと。

この期間中水晶小屋は混雑って案内が出ていました〜。

その水晶小屋があるのが手前の赤岳。

地図では赤岳ピークの向こう側に小屋があるようで、鷲羽岳山頂から小屋は見えませんね。




20130812Mitsumatarenge079.jpg

赤岳から右(東)を見ると、こちらは真砂岳とその奥の野口五郎岳。

野口五郎岳は標高2924.3mで300名山だそうです。

白いですね〜。

黒、赤、白と3色そろって、こんなに近い山頂なのにカラフルな色の違いが興味深い山々ですね。




山頂からの大パノラマで北方向の水晶岳から南西方向の槍ヶ岳を見渡します。

20130812Mitsumatarenge076.jpg



こちらはさらに南の樅沢岳から東の黒部五郎岳を経て北東方向の薬師岳と水晶岳の端っこまでの合計360度の大パノラマ!

20130812Mitsumatarenge077.jpg


こちらもスクロール動画を作ってみました。







Blueは背中を見せて奥様にこんな感じで撮って〜って

20130812Mitsumatarenge085.jpg

一本角〜。



20130812Mitsumatarenge086.jpg

奥様も!

夫としてはこっちが怖いよ(笑)



20130812Mitsumatarenge082.jpg

さらにBlueのリクエストはこちら。

子供ってイマジネーションがすごいね〜。

アイディア満載。



我々夫婦も負けられません。

20130812Mitsumatarenge087.jpg

何がしたかったのか忘れましたが、夫婦円満をアピールしておきましょう。


20130812Mitsumatarenge081.jpg

家族みんなが100名山を思い思いに満喫しています。


20130812Mitsumatarenge083.jpg

槍様Get!



その間CoolなRedが登場していないですね、、、、






20130812Mitsumatarenge085_.jpg

100名山山頂のお昼寝を満喫していました^^

これはこれでWildだ。



20130812Mitsumatarenge084.jpg

鷲羽池は山頂からおりることもできるようですが、今日は山頂だけで十分楽しめました。

昔は池のほとりに幕が張れたってことですが、その時代なら行きたかったな〜。





20130812Mitsumatarenge090.jpg

山頂ってけっこうアゲハ蝶が飛んでますね。

強風に揉まれて羽がボロボロなのですが、なぜにこんなところにいるんだろう?

柑橘系の植物があるって感じでもないのにね。




20130812Mitsumatarenge092.jpg

Blueはこの山行中、ずっと日に焼けたくて意識して日に当たっておりましたが、ここらあたりで日焼けの大変さが身に染みてきたらしく、今更のように日焼け止めぬりぬり!

このあと唇が大変なことになっていくのですが、顔に模様を書いて変な日焼けマークを作ろうかって遊んでいます。

いたずらしているときの子供の表情が一番だな〜。



20130812Mitsumatarenge091.jpg

最後に4人でポーズをとって記念写真。

何してるって?

鷲のポーズ!ちょっと違う?




20130812Mitsumatarenge093.jpg

15時30分 さあ、下山!


20130812Mitsumatarenge094.jpg

山荘まで結構な急斜面。

登るときより下る方が迫力があるね〜。


20130812Mitsumatarenge095.jpg20130812Mitsumatarenge096.jpg

今回の山行でレインウェアが活躍したのはRedのこのときだけ。

ウインドブレーカーとしての使用でした。



20130812Mitsumatarenge097.jpg

午前中に登ってきた黒部川源流をここから見下ろすと、黒部川がキラキラ光って見えます。



20130812Mitsumatarenge098.jpg20130812Mitsumatarenge099.jpg

16時30分には山荘に到着。



20130812Mitsumatarenge100.jpg

16時50分 テン場で鷲羽岳登頂成功と今日の安全に乾杯!



20130812Mitsumatarenge101.jpg20130812Mitsumatarenge107.jpg20130812Mitsumatarenge102.jpg

登ったね〜って地図を確かめるRed、オニオンスープ、夕食を作るBlue

20130812Mitsumatarenge103.jpg

17時20分 夕食

20130812Mitsumatarenge105.jpg20130812Mitsumatarenge104.jpg20130812Mitsumatarenge106.jpg

今日はトマトソースのペンネです。


20130812Mitsumatarenge109.jpg

夕食は続いていますが、


20130812Mitsumatarenge110.jpg

寝るのが大好きRedはシュラフに包まってご機嫌でございます。



20130812Mitsumatarenge108.jpg20130812Mitsumatarenge111.jpg20130812Mitsumatarenge113.jpg

鷲羽岳の頂上が夕日に輝いたのを見た後、徐々に日は暮れていきます。山荘で明日の天気を確認。


20130812Mitsumatarenge114.jpg

夕暮れの残照でほのかに赤く照らされた槍を眺めていますが、、




20130812Mitsumatarenge115.jpg

鷲羽岳中腹から眺めた常念岳の向こうの積乱雲のあたりで、ピカピカ光っています。

こっちはこれだけ晴れているものだから最初は松本で花火???って話をしていましたけど、、

いや、雷だね〜ほら光った!

雷雨ですごいことになっていたらしいですね。


20130812Mitsumatarenge112.jpg

晴天の三俣では西のニョキニョキ雲ときれいに焼ける空を眺めながら19時半には今日もお休みタイムとなりました。



8月12日(月)のサマリー
出発時刻/高度: 05:57 / 2574m
到着時刻/高度: 16:28 / 2556m
合計時間: 10時間31分
合計距離: 9.36km
最高点の標高: 2924m
最低点の標高: 2397m
累積標高(上り): 720m
累積標高(下り): 741m
上昇継続時間 2:26'30.0
下降継続時間 2:12'25.0
水平移動時間 2:08'43.7
手首付近の温度 (15 - 31 °C) 25.8 °C







明日は5日目、三俣にお別れだ〜。
関連記事

 登山・トレッキング 2013年8月 新穂高〜雲ノ平

 鷲羽岳 鷲羽池

14 Comments

sana-papa  

やっぱり鷲羽の急登はアタックザックですよね〜。
あの青空、あの景色…何度でも行きたくなります。槍遊びの写真がgood!我が家は思いつかなかったなぁ。
鷲羽のポーズはやはりコレでしょう!何人も見かけましたョ。
山頂でお昼寝のRed君は将来大物の予感が…?!

2013/09/03 (Tue) 14:14 | EDIT | REPLY |   

genzo  

こんにちは(^.^)

ど、どこの国っすか!?
スミマセン、スゲーとしか言えなくて(^^ゞ
なんという景色!
そこにいつもみえかくれしているであろう
奥様の角!!
確かに恐い(爆
あ、スミマセン槍でした(笑



2013/09/03 (Tue) 16:57 | EDIT | REPLY |   

もえここ  

絵葉書のような写真の数々♪♪
いい眺めに想像力をかきたてられるテンション
すごく伝わってきますよ~~(*^-^*)

下るとき。。。
よくこんなとこ登ってきたな~~って思いますよね(^-^;;

お子さん達のいい笑顔♪♪

2013/09/03 (Tue) 22:07 | EDIT | REPLY |   

morpheus  

sana-papaさんこんばんは!

ですです。重たいザックで登るのは私たちには無理っす。
でも私たちの登った14時台でも大きなザックを背負った山ガールさんのペアがこの急坂を登っておられましたよ。
ワリモ岳、祖父岳を経由して雲ノ平にテントを張るのだと言われていました。
すごいですね〜と感心しながらテン場厳しそうって老婆心。
まあテン場張るところがなくても遭難する訳ではないのですが、、。

槍ヶ岳の前では皆童心にかえってしまいますね。
おじさんもおばさんも子供たちも山頂では素直に喜びを表現してる人が多くて、我が家も遊んじゃいました!

Redは思春期ですね〜(笑)


2013/09/04 (Wed) 03:01 | EDIT | REPLY |   

morpheus  

genzoさんこんばんは!

本当別世界ですよね。
我が家もつい最近までこんな体験ができるなんて思ってもいなかったのです。
でもむしろこんな3000m級の登山ができるのが日本の特徴みたいですよ。
例えば3000m級の山のない韓国の登山愛好家は日本の山岳地帯に登り来るのがブームの様で、たくさんの外国人に会いました。
山小屋やテン場も登山道も整備されていて、こんな素晴らしい光景に出会えるのが火山列島日本の特徴なのでしょうね。

奥様の角、ニコッと笑ってニョキッて生やすのはやめておくれ〜怖いからって感じでしょ(笑)

2013/09/04 (Wed) 03:09 | EDIT | REPLY |   

morpheus  

もえここさんこんばんは!

鷲羽岳は今回の山行の最高峰だったので、テンション上がりまくりでした〜。
アタックザックで身軽だったし、快適でしたね〜。
帰ったら気持ちよいテン場でフラットな寝床が待っているので、山頂でのんびりできました。
山ではアクセスのよいポイントでテント張りっぱなしにして各方面にピストンってパターンもいいですね。
どんどん移動していく楽しさはないけど安心感があって体が楽。
でも山域によっては担がないって選択もいいですね。
もえここさんちの白馬ロングコースは参考にさせてもらいます^^。
皆さんのレポを真似しながらいろんな山登りを体験していきたい我が家です。

2013/09/04 (Wed) 03:17 | EDIT | REPLY |   

ぴょんたん  

むっちゃきれい~~~♪

鷲羽は鷲ポーズなのね。

お昼寝レッドくん(笑)
この風格をうちの娘にも分けてほしいわ・・・。

2013/09/04 (Wed) 07:36 | EDIT | REPLY |   

まぁかつ  

こんにちわ。

天気がいいですね。
それに空とお山が綺麗!
感動的な光景ですよねー^^

なるほど~(笑
その!個性的なポーズは
鷲のポーズだったんですねー(笑
楽しそー^^
家族が仲良しな感じでいいですねー^^

つづきも待ってます(^^♪

2013/09/04 (Wed) 13:01 | EDIT | REPLY |   

morpheus  

ぴょんたんさんこんばんは!

風格って、、(笑)それはないっしょ〜。
思春期成長期の眠ーいお年頃じゃないかな。
でものんのんちゃんのピカピカ笑顔との交換はもちOKさ〜。
Pinkが会いたいって言ってるし〜。
ということで今度交換留学?
たくさん食べるからよろしく!

2013/09/04 (Wed) 21:58 | EDIT | REPLY |   

morpheus  

まぁかつさんこんばんは!

来てよかった!って何度思ったことか〜。
本当に感激の日々でしたよ。
このポーズ、先に写真撮っていた山ガールさんのマネマネでしたが、最初にコメントくださったsana-papaさんも見かけたってことですから、ここで皆さんやってる定番のポーズなのかもしれませんね〜。
我が家は一人、なんだか盆踊り状態のポーズも見えますけど、、おっと角が怖いのでこれ以上は触れられません!

2013/09/04 (Wed) 22:05 | EDIT | REPLY |   

koba*  

鷲羽池って神秘的な色

morpheusさん!(^o^)/

今まではハラハラドキドキだったけど(ボクガ)
今回は絶景を満喫

動画のビューすんごくいい
最初は鷲羽岳か~なんて読んでたけど
すごくいい所だね

RED君の地図見てる写真がいいな~
うちの子にもこんな経験させたかった

いい日だね(^^)ニコ

2013/09/25 (Wed) 15:31 | EDIT | REPLY |   

morpheus  

koba* さんへ

絶景でしょ〜
我が家にとっても忘れられない思い出の鷲羽岳です。
地図見てるRed!親としては結構うれしいスナップですよ!
目の付け所がツボを得てます〜^^

2013/09/25 (Wed) 19:02 | EDIT | REPLY |   

素敵だ  

すごい素敵な家族ですね!

2014/10/01 (Wed) 00:02 | EDIT | REPLY |   

mor  

素敵ださん〜

初めまして!

コメントありがとうございます。

もう1年前、昨年のお盆ですね。

お天気もピカピカで、本当に素敵な夏でしたよ。

懐かしい!

2014/10/01 (Wed) 06:35 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment