Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you.

あしたキャンプか山に行こう!

31
2013  08:54:13

雲ノ平を後にして、今日もキラキラの登山道を歩くのだ!

2013年のお盆休みは今年の夏山のメインイベント!
日本最後の秘境と呼ばれる雲ノ平に出かけてきました。

今日は4日目の8月12日(月)

入山したのが9日、3日経過して日数的には今朝で折り返し。

今回の山旅の最奥予定地の1つであったアラスカ庭園に昨日到達できた我が家は、もう1つの目標であった水晶岳登頂ならず、後ろ髪を引かれながら復路に進みます。

前情報ではこちらこちらの登山ファミリーもこの日から出発・入山されるはず。

今日もいいお天気だといいけどな〜って朝を迎えましたが、

20130812Mitsumatarenge015.jpg

大丈夫! 朝日に輝くチングルマの果穂が今日もキラキラだから〜


これまでの牛歩の山行経過はこちらから
其の1:入山前から初日8月9日前半、新穂高からシシウドヶ原
其の2:暑さにやられて初日から鏡平で小屋泊してしまった8月9日の午後
其の3:8月10日の鏡平から双六まで
其の4:8月10日 双六から巻道経由で三俣に到着 やっとテントの出番
其の5:8月11日 三俣山荘から黒部川源流を経由して、絶景に感激しながら雲ノ平に到着!
其の6:地上の楽園を満喫した8月11日午後の雲ノ平散策


ポチッ ポチッ にほんブログ村 アウトドアブログへポチッ
 ブログランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします〜






どんどん朝方に変わっていくMorpheusの体内時計。

この日は3時半にはもう我慢できなくなって活動開始。

お年寄りは朝が早いといいますが、私は40歳をちょっと過ぎたまだまだ若者ですから年のせいじゃあないですよ。

雲ノ平のテン場が祖父岳に近いからですよきっと。

40過ぎたら初老って昔は言ったそうですから、睡眠リズムもじいだけ早くなる 

ん? やっぱり年のせい?(爆)




20130812Mitsumatarenge001.jpg

テントを出て、朝の冷たい空気を吸い込みます。


三俣と雲ノ平テン場満員御礼に危機感を覚えた牛歩・鈍行の我が家。

楽ちん早出を最優先にするために朝食は各自行動食をポリポリしましょうってことになりました。

朝用に用意していた食材はテン場についてから昼用として食べよう!


20130812Mitsumatarenge002.jpg20130812Mitsumatarenge003.jpg20130812Mitsumatarenge004.jpg

ブログを書きながら写真撮影の時刻を見てびっくり。

テント撤収完了の写真、5時12分に撮影していたよう。

へ〜家族たちも早く動けるようになってきたものだ。


20130812Mitsumatarenge005.jpg

テン場から見た黒部五郎岳の頂のモルゲンロート!

あの頂にも立ちたいな〜

20130812Mitsumatarenge006.jpg20130812Mitsumatarenge007.jpg20130812Mitsumatarenge010.jpg

各々出発の準備をしている間に黒部五郎岳の裾野まで強烈な朝日が差し込むようになりました。

冷たくて旨い雲ノ平の水場で今日午前中の水を確保して、


20130812Mitsumatarenge008.jpg

5時50分 雲ノ平のテン場を出発!




20130812Mitsumatarenge009.jpg20130812Mitsumatarenge011.jpg20130812Mitsumatarenge013.jpg

テン場から山荘と祖父岳方面の分岐に上がっていって、

20130812Mitsumatarenge012.jpg

水晶岳から顔を出した朝日に向かって快適な木道を進んでいきます。



20130812Mitsumatarenge014.jpg

朝の清々しい空気に満ちた、こんなきれいな景色の中を歩いて行けるなんて、今年はなんて幸運続き!

運を使い果たしてしまってそうで怖いのですが〜。


20130812Mitsumatarenge016.jpg

まずは祖父岳分岐に向かって

20130812Mitsumatarenge015.jpg20130812Mitsumatarenge017.jpg20130812Mitsumatarenge018.jpg

往路と同じ道でぐるっと迂回して進みます。


20130812Mitsumatarenge019.jpg

6時45分 現在使用できないテント場へのショートカット道分岐。

昨夜のテントは120張りだったとか。

最近のテント人気、すごいですね〜。



この辺りで雲ノ平にお別れをして、グングン進んでいきます!グングンね!

歩くこと、背負うこと、登ることに慣れてきた我が家はこの山旅でだんだんタフになって来たのだ〜

実は食料が減ってザックが軽くなっていたのでしょってツッコミは禁止ですよ!(笑)


20130812Mitsumatarenge020.jpg

祖父庭園の分岐を日本庭園に折れて進んでいきます。



20130812Mitsumatarenge021.jpg

お!右に笠ヶ岳も見えてるな^^。


20130812Mitsumatarenge022.jpg

7時10分 岩の上にカメラを置いて、2つのとんがりをバックに撮った家族写真。


20130812Mitsumatarenge023.jpg

雪渓が近づいてきて、槍ヶ岳から左に延びる北鎌尾根がよく見えます。

超ベテランでないと立ち向かえないバリエーションルートだそう。

超ギザギザだもんね。

山岳文学の舞台で憧れるけど、遭難も多いってことで我が家にはあり得ないのですが、北鎌や前穂の岩岩壁壁に登られている知り合いの女性は見かけ普通の華奢〜な50代の看護師さん。

登山って技術と経験が大切なのでしょうねえ。もち体力も絶対必要でしょうけど。




20130812Mitsumatarenge025.jpg

昨年10月にMorpheusの父と弟と一緒に登った西鎌尾根の登山ルートも眺めることができました。



20130812Mitsumatarenge026.jpg20130812Mitsumatarenge027.jpg20130812Mitsumatarenge029.jpg

さあ行こうぜあそこまで!

初日の股関節の痛みがなくなった私はだんだん上がり調子で子供たちに声をかけます。



20130812Mitsumatarenge028.jpg

でもその前にこの黒部の源流を越えて三俣山荘まで戻らねばね!

往路に苦労した登りでしたが、下りは心臓も楽チン。

膝を痛めないように気をつけて下っていきます。



しかしここでプぷちハプニング!

タオル落とした!ってBlue。

さっきの休憩ポイントに落としたことが間違いなさそうだったので、Blue1人で探しに戻ることに。

20130812Mitsumatarenge030.jpg20130812Mitsumatarenge031.jpg20130812Mitsumatarenge032.jpg

一緒にいこうか〜?って言いながら実はもう登れん〜(笑)って思っていたmorpheus。

大丈夫〜って走って登って行ったサッカー少年Blueが遠くから両手を頭上で丸。

見つかってよかったね〜。

でもさすがのBlueも息切れだ! だってここ酸素薄いもんね。




20130812Mitsumatarenge033.jpg20130812Mitsumatarenge034.jpg20130812Mitsumatarenge035.jpg

黒部川の徒渉ポイントを渡って、水源地標広場で休憩。


20130812Mitsumatarenge036.jpg20130812Mitsumatarenge037.jpg20130812Mitsumatarenge038.jpg

8時40分から50分まで休憩して三俣山荘への登りに備えます。

そしてまたまた出発!


20130812Mitsumatarenge039.jpg

沢を越えて!


20130812Mitsumatarenge040.jpg

梯子を登って!


20130812Mitsumatarenge041.jpg

9時半に三俣蓮華岳キャンプ場(三俣山荘のテン場)に到着!


20130812Mitsumatarenge043.jpg

今日もまた合成写真の空のような鷲羽岳がかっこ良すぎる〜!

まさに大空に鷲が羽を広げたようなシルエット!

息子は漢字の の字に見えてしょうがなかったようです。

確かにこれぞ The 山 って象形文字^^!



20130812Mitsumatarenge042.jpg

テントはテン場で最も印象的な小屋の横に張りました。

到着時間が10時前っていうのはベテラン登山者さんにはもったいないのかもしれませんね。

次のテン場まで楽勝で行けちゃう時間ですもんね。

でもゆっくり楽しむこんな山旅は我が家にちょうどよくて、お盆のテン場もさすがにこの時間なら水平の地面を選べるのでオススメです!




実は往路でここに泊まった10日、水場が分からなかった我が家は山荘の水場まで汲みに行っておりましたが、この日は水場も発見!

発見っていうほどのことでもないけど(笑)


20130812Mitsumatarenge044.jpg

この写真の右の茂みにある矢印が水場の看板

我が家がテントを張ったコンクリートで出来た小屋のあるテン場中央広場(って勝手に呼んでおきます。)の東側の脇にありました〜

なんてことはない要するにテン場の中央です。(笑)

20130812Mitsumatarenge045.jpg20130812Mitsumatarenge046.jpg20130812Mitsumatarenge047.jpg

なんで分からなかったんだろう。

でも発見できない登山者は我が家だけでないようで、他の登山者にも水場どこかご存知ですか〜って質問されましたから、ちょっと見落としやすい場所なんでしょうね。


時期による違いもあるのかもしれませんが、この日は水はチョロチョロで、雲ノ平の大放水とは別物。

2Lプラティパス満タンには数分の時間がかかりました。


20130812Mitsumatarenge048.jpg20130812Mitsumatarenge049.jpg20130812Mitsumatarenge050.jpg

そして今日初めての暖かい食事でお昼ご飯は11時30分スタートです。


20130812Mitsumatarenge051.jpg

心にゆとりがあるとコーヒーも旨いです。

ただし、山生活でどんどん道具の使い方がシンプルになって行ったこの日はごぼうのおみそ汁もコーヒーもエバニューのPPボール(笑)。

野生の感性が磨かれていく(面倒なことをしなくなってくる)ってことで。

道具って用途を限定しない使い回せるものが最後に残っていって、どんどんシンプルな生活になっていくのでしょうね〜。

エバニューのPPボールは私の印象ではチタンより軽くて、金属でない分冷めにくく、熱湯を入れて直接持っても熱くないので持ち手も不要と優れものです。

我が家、シェラカップは何種類もあるのに今回持ってきたのは結局これでしたから〜。

取っ手がないだけにコンパクトに収納できる点も、とっても便利でございます。(お後がよろしいようで〜笑)




冗談はさておき、午後のメニュー。

20130812Mitsumatarenge053.jpg

夕方の込み込みが予想できる状況になってきたテン場で出発準備、、


20130812Mitsumatarenge052.jpg

12時50分にアタックザックで準備完了。



20130812Mitsumatarenge054.jpg

さあ!もういっちょ行っとこ〜!!



続きます〜
関連記事

 登山・トレッキング 2013年8月 新穂高〜雲ノ平

 雲ノ平 祖父岳 三俣山荘 鷲羽岳

16 Comments

genzo  

こんにちは(^.^)

鷲羽岳。
確かに合成写真みたい(^^ゞ
美しすぎます!翼をひろげてる様に見える見える!(^^

どんどんシンプルに!
そこに行き着きますね
私も見習わなければ(^^ゞ

早起きでオヤジギャグ、、、危険だー(笑


2013/08/31 (Sat) 16:09 | EDIT | REPLY |   

sana-papa  

ついに鷲羽まで?!
この辺の美味しいポイント全制覇ですね♪
たしかに三俣の水場は見つけにくいかもしれませんね。
小屋は遠いし…でも眺めや雰囲気では私のテント場ベスト3に入ってます♪
シェラはザックの中では持ち手が邪魔で据わりが悪い…我が家でも悩みどころなのでPPボウルは次期候補にいただきます!

2013/09/01 (Sun) 00:21 | EDIT | REPLY |   

ぴょんたん  

のんびりコーヒーいいですねぇ。
うちは今回忘れてしまいました。
そうか!
三俣までもらいに行けばよかったんだ~(笑)

2013/09/01 (Sun) 08:42 | EDIT | REPLY |   

もえここ  

今回もテンションのあがる眺めばかりですね♪♪

確かに山っていう象形文字文字に見える!!!
子供って歩きながらも、こういった想像力働かせて
大人にない発想してくれるから、一緒に登ってて楽しいですよね(*^-^*)

我が家もコレって思って買ったハズなのに。。。
全く登場しない山道具たくさんです(笑)
実用性の高い物は
ずっとつかえますよね♪♪

2013/09/01 (Sun) 11:37 | EDIT | REPLY |   

morpheus  

genzoさんこんにちは

でしょ〜合成写真みたいな空!

こんな空が山にはあるんですね〜。

瀬戸内の夏の空は湿気が多くて、白っぽい空を見るのが定番だから、この青さは感激でしたよ。

オヤジギャグ?まあオヤジだからね。しょうがないさ(笑)

2013/09/01 (Sun) 16:42 | EDIT | REPLY |   

morpheus  

sana-papaさんこんにちは!

三俣テン場の水場、チョロチョロ水でしたね〜。

なんせ水が一番重いから水場があるだけありがたいけど、雲ノ平とのギャップでびっくり。

金属の方がなんだかかっこいい気がするのですけど、PPボールはワンゲル上がりの私の師匠(私の弟ですが)おススメのアイテムなのです。

sana-papaさんちのレポも楽しみにしてますよ〜。
槍の後どこにどう進んだのかまだ謎でしょ〜。

2013/09/01 (Sun) 16:47 | EDIT | REPLY |   

morpheus  

ぴょんたんさんこんにちは!

コーヒーは、、今から思えば持参のものではなく、三俣山荘で名物サイフォンコーヒーをいただけばよかったな〜。

うちの奥様はコーヒー好きなんですけど多分この名物コーヒーを知らないのね(今でも)。

往路で飲む?って誘ってみたんだけど、眠れなくなるからやめとくって返事だったのでそのままスルーしちゃいました。

水晶登頂や、水晶の結晶発見や、三俣山荘のコーヒーなど、、やり残したことがあるのでまた行かなきゃ!って遠いね〜

2013/09/01 (Sun) 16:52 | EDIT | REPLY |   

morpheus  

もえここさ〜ん!

テンションあがりっ放しで落としどころがない〜。

こんなにあがりっ放しの山も珍しいですよね。

次回の山はさがりっ放しってことになりそうで怖い〜。

山って漢字はここで出来たんだよ〜なんて小学校低学年に教えたら絶対納得するよね(笑)。

買っちゃうんだよね〜。そのときは絶対これが一番!って我が家も真剣に散在しちゃってます〜。わざとじゃないんだけどね〜。

2013/09/01 (Sun) 16:57 | EDIT | REPLY |   

rara  

槍ヶ岳の眺めがすばらしい!\(◎o◎)/!

鷲に見えます。見えます。

大きな鷲が羽を広げてこちらに向かって迫って来るような感じですね。

槍ヶ岳の穂先がそそり立ってすごい。

昨年親子三人で、よく登れたものですね。



2013/09/01 (Sun) 17:35 | EDIT | REPLY |   

morpheus  

raraさんこんにちは。

昨年10月の親孝行登山ですね〜。

確かに西鎌尾根から見た槍の記憶よりも、今回の三俣のテン場や黒部川源流のあたりから見た槍ヶ岳の方が険しく見えますね〜。

対比する穏やかな緑があるからかな。

鷲羽岳もかっこ良かったですよ!

2013/09/01 (Sun) 17:57 | EDIT | REPLY |   

まぁかつ  

こんにちわ。

えっ!朝3時30分から活動されているんですかー
すごい!
それは、勝手に目が覚めるんですかー?
テントの撤収が5時ってすご過ぎですねー
山登りをされる人って皆さん早起きなんですかねー

ほんと綺麗な景色!
山登りをしなくてもmorpheusさんのブログで
行ったような気分に、いつもなってます(笑
つづきも待ってます^^

2013/09/02 (Mon) 12:23 | EDIT | REPLY |   

morpheus  

まぁかつさんこんにちは!

山のテン場では2時頃からがそろそろ朝〜。
さすがに1時に行動開始する方はほとんどありませんが。
体内時計が山モードに入ると、2時を過ぎたら自然と目が覚めます。
今回の山行で目覚ましを使ったのは初日の夜だけでしたから。
テントで遮蔽されていても薄い幕1から2枚ですから周囲の登山者の気配で起きたり、起こされたり。
その分日没後に騒いでいる迷惑登山者さんにはキビシー目が向けられますよー。
早起きはより遠くまで、よりゆっくりと歩けるのでラッキースタートにつながるのです〜。
まあかつさんもいらっしゃいな〜!

2013/09/02 (Mon) 12:41 | EDIT | REPLY |   

koba*  

シンプル

morpheusさん!(^o^)/

きれいな山の緑ときれいな空の青
すげ~な~
これだけで満足しそうだ
実物はもっときれいなんでしょうね

カメラってなに使ってたんですか?

2013/09/25 (Wed) 15:18 | EDIT | REPLY |   

morpheus  

koba*さんへ

本当に綺麗なピカピカの山道でしたよ。
カメラはソニーNEX−6に10−18mm F4をつけています。
広大な風景は超広角の相性がいいですね!

2013/09/25 (Wed) 18:52 | EDIT | REPLY |   

koba*  

やっぱミラーレスか

morpheusさん!おはよ(^o^)/

でも広角ズームつけてるんですよね

じゃまじゃなかったですか?

2013/09/26 (Thu) 06:32 | EDIT | REPLY |   

morpheus  

koba*さんおはようございます

この超広角ズーム、35mm換算で15-26mmになりますが、銀塩一眼レフの頃に使っていたEosの17-35 F2.8なんかに比べてすごくコンパクトで、楽チンですよ。

防滴仕様じゃないのがNEXの弱いところですが、今年の夏の我が家は降られなかったので大丈夫でした!

2013/09/26 (Thu) 08:38 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment