Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you.

あしたキャンプか山に行こう!

29
2013  19:00:48

憧れの雲ノ平は山上の楽園だったよ〜

2013年のお盆休みは今年の夏山のメインイベント!
日本最後の秘境と呼ばれる雲ノ平に出かけてきました。



8月11日(日)
10時半、ついに雲ノ平に到着しましたよ〜。


当初の登山計画では前の日に雲ノ平に到着する予定だったmorpheus家。

11日は軽々アタックザックで早朝出発して雲ノ平から祖父岳、赤岳、水晶岳にピストンする予定でした。

余裕があれば水晶岳からの帰路にワリモ北分岐からワリモ岳、鷲羽岳にも足を伸ばして、、って考えていましたが甘かったですね。

無理をして苦しい思いをしなくても、山は逃げないよね!

また今度があるさ。

楽しみな宿題は残しておいて、今日は雲ノ平をじっくり楽しもうってことに!



昼食をして一段落した後、向かったのはあの可愛らしい山小屋!

20130811Kumonodaira085.jpg

おじ〜さ〜ん!ペータ〜! 

ってハイジがかけてきそうだ〜!




これまでの歩みはこちらから
其の1:入山前から初日8月9日前半、新穂高からシシウドヶ原
其の2:暑さにやられて初日から鏡平で小屋泊してしまった8月9日の午後
其の3:8月10日の鏡平から双六まで
其の4:8月10日 双六から巻道経由で三俣に到着 やっとテントの出番
其の5:8月11日 三俣山荘から黒部川源流を経由して、絶景に感激しながら雲ノ平に到着!



ポチッ ポチッ にほんブログ村 アウトドアブログへポチッ
 ブログランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします〜





雲ノ平(くものたいら)は、富山県富山市の黒部川源流部に位置するなだらかな溶岩台地。飛騨山脈の中部山岳国立公園内にある。別名は、奥ノ平。雲ノ平は祖父岳火山により形成された。
概要:黒部川の本流とその支流岩苔小谷に挟まれた標高2,500~2,700mの日本で最も高い位置にある溶岩台地である。面積は25万平方メートル。池塘と岩が点在する高山植物の宝庫であり、それぞれ○○庭園と名付けらた庭園がある。北アルプスの最深部に位置するため、どの登山口からでも当日中にたどり着くことが困難である。日本最後の秘境と呼ばれる。上部は森林限界のハイマツ帯で、祖母岳や庭園の登山の一部に木道やベンチが設定されている。雲ノ平には、祖父岳(2,825m)と祖母岳の二つの山がある。(wikipediaより)

20130811Kumonodaira081.jpg

13時50分 テン場を出発!

20130811Kumonodaira082.jpg20130811Kumonodaira083.jpg20130811Kumonodaira084.jpg

午前中に通った分岐を越えて山荘に進んでいきます。

ここでもコバイケイソウのお花畑がすごいインパクトで、その他のお花の印象が薄いくらいの勢い!



20130811Kumonodaira088.jpg

チングルマが岩の上のわずかな土で大きく成長しています。

厳しい条件なのに逞しい生命力!




20130811Kumonodaira086.jpg20130811Kumonodaira087.jpg20130811Kumonodaira089.jpg

木道が延々と続く整備された道はスキップできるほどの快適さで、思わず橋の上でバランス!(笑)


そして、、



20130811Kumonodaira092.jpg

14時10分 雲ノ平山荘に到着。



20130811Kumonodaira093.jpg20130811Kumonodaira094.jpg20130811Kumonodaira095.jpg

こんにちは〜。

外から見た雰囲気のまんま、内部もすべて木の美しい雲ノ平山荘。

ヒノキやヒバの香りが本当に心地よくて、素晴らしい!



雲ノ平を堪能するにはやっぱりこれ!

20130811Kumonodaira096.jpg

グラスで飲むビールは久々な気がします。

白濁ってベルギービール。

果実と花の香りで爽やかな味!

幸せ〜。



こちらは奥様が注文したよなよなエール

20130811Kumonodaira097.jpg

こちらは逆にコクと旨味のバランスが濃厚で、まさに夜な夜なゆっくり飲みたいお味。

どちらも最高!


20130811Kumonodaira098.jpg20130811Kumonodaira099.jpg20130811Kumonodaira100.jpg

子供たちはカルピス飲みながら山荘の書庫にあったブラックジャックを熱心に読んでいますね〜。

20130811Kumonodaira101.jpg

表しの曲がった梁は松かな。

趣きがあっていい食堂です。



20130811Kumonodaira103.jpg

2階の寝室(というのか?)もちょっと見学させてもらいました。


20130811Kumonodaira102.jpg

光がサンサンと入る大空間で、板の間の潔さが私好みな空間です。

いつか子供たちの独立後に夫婦二人で来るときには泊まってみたい山荘だな〜。



20130811Kumonodaira104.jpg バッジ売ってますが、後でね。




20130811Kumonodaira105.jpg

14時50分 山荘を後にして、雲ノ平の端っこに向かって行こう!



20130811Kumonodaira106.jpg

考えてみたら今回まだひとつもピークを踏んでいない我が家。

この先を左に折れてしばらく登れば、


20130811Kumonodaira107.jpg20130811Kumonodaira109.jpg20130811Kumonodaira112.jpg

祖母岳の山頂!

ピークゲットだ!やっとひとつ目! ♪祝v(^O^)v祝♪ドンドン!パフパフ〜!

標高2555mとテン場とほとんど同じ高さなんですけど、周囲からは小高い丘のようになっていてこれも立派な山頂ですよ〜。



20130811Kumonodaira108.jpg

祖母岳山頂からの景色はグルグルっと見渡せますが、


20130811Kumonodaira110.jpg

左の祖父岳と右の三俣蓮華岳の間に北アルプスのランドマーク


20130811Kumonodaira111.jpg

槍ヶ岳がここでも薄ーく見えました。

どこからみても槍ヶ岳ってかっこいいねえ。

見えるとエネルギーが復活するよね。



20130811Kumonodaira113.jpg

次回の宿題にまわした水晶岳をバックに家族写真を撮って祖母岳を後にしました。



20130811Kumonodaira114.jpg

祖母岳下山(というほどの標高差でもないけど)途中にあったキバナシャクナゲ。


20130811Kumonodaira116.jpg20130811Kumonodaira117.jpg20130811Kumonodaira118.jpg

15時30分 標高2530m奥日本庭園


20130811Kumonodaira115.jpg

この辺りで木道に慣れてきたので走ったりしながら進んでいきますが、、

ゴキ! 痛〜!

20130811Kumonodaira119.jpg

Redの手に木のトゲが刺さっちゃった。

Oh! No~!




20130811Kumonodaira121.jpg

標高を下げていくと徐々に針葉樹に木道を挟まれるような道になり、



20130811Kumonodaira122.jpg

15時56分 バンザーイ! 手が痛いRedは小さくバンザーイ!


20130811Kumonodaira123.jpg

標高2464mアラスカ庭園到着!



20130811Kumonodaira124.jpg

確かに針葉樹林の立ち並ぶ光景はアルプスとかスイスって感じじゃないですね。




20130811Kumonodaira125.jpg

ちょっと寒い光景!アラスカだ!



20130811Kumonodaira126.jpg

遠くに笠ヶ岳が見えますね。結構尖って見えますから槍ヶ岳と間違う人も、、、いないか?




20130811Kumonodaira127.jpg

その手前には赤い屋根。

黒部五郎小舎

あそこも行ってみたいねって話が出ました。

いいじゃんいいじゃん!



20130811Kumonodaira128.jpg

16時を過ぎました。さあ、テン場に戻ろう!


20130811Kumonodaira129.jpg

ナナカマドは白い花なんですね。

赤い実と紅葉しかイメージがなかったのですけど夏のナナカマドも爽やか。



20130811Kumonodaira130.jpg20130811Kumonodaira131.jpg20130811Kumonodaira132.jpg

16時40分 山荘まで到着


20130811Kumonodaira133.jpg

今帰ってきた木道が夕日にキラキラ輝いています。


20130811Kumonodaira134.jpg

山荘に戻って早速


20130811Kumonodaira135.jpg

雲ノ平オリジナルバッヂを!


20130811Kumonodaira136.jpg

そしてテン場に戻ります。


20130811Kumonodaira137.jpg20130811Kumonodaira138.jpg20130811Kumonodaira139.jpg

てくてく歩いて17時ちょうど。

おー!

20130811Kumonodaira140.jpg

テントが増えてるよ。

もしかして満席?

山荘の公式HPによると幕営数は約70張。

どう見ても100張り以上ありそうですね〜。




20130811Kumonodaira141.jpg

さて、夕食はバジルパスタとスープ!

トスカーナワインが欲しくなったけど歩荷してここまで来るのは、、う〜んキビシイ。


20130811Kumonodaira142.jpg20130811Kumonodaira143.jpg20130811Kumonodaira144.jpg

今日の山の話や明日の予定などいろいろ話をしながらゆっくりと夏の太陽が沈んでいきます。

Redの手に刺さった木のトゲは救急セットの針で無事抜去できましたよ。



さてさて夕食後のリラックスタイムですが、、。

20130811Kumonodaira145.jpg

あれ?後ろに張られたオレンジのテントのお嬢ちゃんたち、やっぱり間違いない。

なんどかヤマレコで交流させていただいたことのあるutaotoさんのところのuta&otoちゃんでした。

こんにちは!初めまして〜。

ハイジかと思った(笑)

しっかり者のお姉ちゃんとかわいい妹さんって感じでした。

utaotopapaさんともご挨拶。

またどこかで会えるといいですね!

20130811Kumonodaira146.jpg

19時過ぎて、黒部五郎岳の向こうに太陽は沈んで、

20130811Kumonodaira147.jpg20130811Kumonodaira148.jpg20130811Kumonodaira149.jpg

テン場はランタンタイム!



20130811Kumonodaira150.jpg

21時の天の川!

こんなに多くの星って見たことない!

なん個かの流星も見えました。



20130811Kumonodaira151.jpg

飛騨高山の明かりでシルエットになった黒部五郎岳と天の川。

ダウンを着込んでの撮影でした。

それでも寒くなってきたのでテントに潜り込んだらあっという間におやすみなさい!


8月11日(日)のサマリー
出発時刻/高度: 06:03 / 2541m
到着時刻/高度: 17:59 / 2554m
合計時間: 11時間55分
合計距離: 12.38km
最高点の標高: 2693m
最低点の標高: 2394m
累積標高(上り): 571m
累積標高(下り): 492m
上昇継続時間 2:51'53.0
下降継続時間 2:29'20.0
水平移動時間 3:18'08.4
手首付近の温度 (18 - 32 °C) 26 °C







やっとこの山行も折り返し地点。次回は12日に続きます。


関連記事

 登山・トレッキング 2013年8月 新穂高〜雲ノ平

 雲ノ平 祖母岳 アルプス庭園 奥日本庭園 アラスカ庭園

12 Comments

genzo  

こんばんは。(^^

ホント、ハイジの世界ですね。
花がきれい。(^^
雲ノ平山荘も凄くおしゃれ。
こんな作りの山荘って多いんですか?
そこで飲むビール。美味くないはずはないですね。(^^

星空。きれい!
流星も!?いいなぁ。
ずっと見ていても飽きないでしょうね~(^^

2013/08/29 (Thu) 22:31 | EDIT | REPLY |   

morpheus  

genzoさんおはようございます!

高山植物が満開で本当にきれいな楽園でした〜。

この山荘は数年前に立て替えてまだ本当に新しいのです。
そんなに沢山の山荘を見てきた訳ではないのでわからないけど素敵度は最も高い方じゃないかな。私的には大好き。
トイレもきれいで本当に快適でしたよ。

雲ノ平は少し上がったり下がったりで激しい坂はない台地なので、2600m程度まで登った後は気分も楽でしたよ〜。

genzoファミリーもいかが?

2013/08/30 (Fri) 06:22 | EDIT | REPLY |   

まぁかつ  

こんにちわ。

テン場のテントの数!
すごいですねー
いろんなテントの色があって
カラフルで綺麗ですね^^

Red君の手、大丈夫でした?
やっぱ、救急セットは必需品ですよねー
うちも買わないと^^

天の川!
めっちゃ綺麗じゃないですかー
写真も綺麗に撮られていますね。
楽しませてもらいました^^
つづきも待ってます(^^♪

2013/08/30 (Fri) 12:21 | EDIT | REPLY |   

もえここ  

苦労して日本最後の秘境までたどり着いたんだから
のんびり雲ノ平を堪能しなきゃもったいないですよね!!
ビー玉を散りばめたようなテン場もまたいい眺め♪
家族で満喫してる感がヒシヒシと(^皿^)
お子さん達もさすが、まだまだ元気だ~~!!

オシャレなビールがまた似合う景色ですね!!
星空の写真も素敵~~(*^-^*)
かわいいハイジちゃん、ホントにいたんですね~♪


2013/08/30 (Fri) 12:34 | EDIT | REPLY |   

morpheus  

まぁかつさんこんばんは!

たしかにテントのお花が満開〜って感じでしたね〜。

18時前にテン場に戻った後も何人かの登山者がテン場に入場されてましたよ。

張る場所が厳しくて大変だっただろうな。

ちゃんと眠れたのかな〜。

埋没したトゲの除去は、患部消毒の上、焼き針で掘るのが一番ですね〜。

取ってしまえばもう大丈夫でしたよ〜。

2013/08/30 (Fri) 23:09 | EDIT | REPLY |   

morpheus  

もえここさんこんばんは♪

ビー玉を散りばめたような、、
う〜んうまいねえその表現!まさにそんな感じでした。
いい文章をたくさん読んでイメージが膨らむようなブログを書きたいものです〜。

エビスよりもっとオシャレなビールがグラスと一緒に出てくるなんて予想もしなかったので、うれしかったですよ〜。
どっちを向いても何を撮っても絵になるような雲ノ平でした〜

Pinkでお揃い服の姉妹ハイジでしたね^^。
来年はうちの娘で自前ハイジ実現のために、そろそろトレーニング開始せねば〜(笑)

2013/08/30 (Fri) 23:18 | EDIT | REPLY |   

piyosuke‐papa  

おはようございます~

こちらも絵がみんな青いな~

まさにざ楽園♪

こんなお天気にまた行きたいな~♪

2013/08/31 (Sat) 10:02 | EDIT | REPLY |   

やす  

すごい天の川!!
感動的ですね~!
夏の山行でここまで美しい夜空を見たことないかも(^o^)
本当に天気にめぐまれて良かったですねぇ♪
10年前に行った時は、テントもまばらでこんなに整備されてなかったかも。
私もまた行きたくなっちゃいました(^o^)

2013/08/31 (Sat) 21:41 | EDIT | REPLY |   

morpheus  

piyosuke‐papaさんこんばんは〜

今年のお盆は最高の山日和でしたね〜。

あまりにも穏やかな空で、青くて青くて、ピカピカで、暑かった〜っていうのは贅沢ですよね。

まさにざ楽園♪でした。

今年のお盆入山組はそろってガスヲ返上できたでしょ〜。

2013/08/31 (Sat) 23:44 | EDIT | REPLY |   

morpheus  

やすさんこんばんは!

天の川、なかなかきれいに撮れなくて、絞りや感度、シャッタースピードを変えながら20枚程度撮ったうち、使えそうなのはこの2枚くらいでした〜。

山では雨が降るのが当然って思っていたけど、こんなに降らないなんてこともあるんですね〜。

やすさんの雲ノ平は10年前ですか。

今ほどテント泊がブレイクする前ですね〜。

2013/09/01 (Sun) 00:00 | EDIT | REPLY |   

koba*  

雲の平~

morpheusさん!(^o^)/

まさに日本庭園
行ってみたいな~って思っちゃいました

標高高いと空は青いし
星はきれいだし

苦労した甲斐がありましたね~
はじめて見聞きしたけど、凄く素敵な所ですね
富山ルートでいつか…いつか(゚m゚*)プッ
とりあえず言うだけ逝っときます

2013/09/17 (Tue) 11:00 | EDIT | REPLY |   

morpheus  

koba*さん〜

行きたくなってくださったなんて!
嬉しいですね〜。
立山室堂から南下してくるってルートありますよ〜。
室堂は私が独身時代に両親や弟と雄山に上ったのですが、登山者だけでなく、散策・ピクニックだけでもいいところですよ〜!ぜひ!

2013/09/17 (Tue) 15:46 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment