Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you.

あしたキャンプか山に行こう!

24
2013  07:30:28

雲ノ平に向かって行くぞ〜

2013年8月10日(土)鏡平を6時過ぎに出発したmorpheusと奥様、RedとBlueの4人は、双六のテン場に10時前に到着しました。

今日からお盆ウィークの週末の始まり。

きっと登山口は登山者が押し寄せて、大変なことになってるだろうな。

いまならこの広いテン場でテント張って、のんびり缶ビール持って樅沢岳をピストンもいいかもって思いながら、、、いやいやそれでなくとも歩みの遅い我が家はわさび平から登ってこられる多くの登山者に追い抜かれる前に先に進んでおかないとテント場が無くなって大変だ〜って我に返ります。


20130810Mitsumatarenge53.jpg

双六小屋近くまでテン場を通り過ぎて、今来た道と双六池を振り返って眺めます。


其の1:入山前から初日8月9日前半、新穂高からシシウドヶ原はこちら
其の2:暑さにやられて初日から鏡平で小屋泊してしまった8月9日の午後はこちら!
其の3:8月10日の鏡平から双六まではこちら!

ポチッ ポチッ にほんブログ村 アウトドアブログへポチッ
 ブログランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします〜




20130810Mitsumatarenge52.jpg

双六の小屋はテン場のすぐ隣。


20130810Mitsumatarenge54.jpg

9時50分 小屋の表で大休憩。

トイレと水の補給タイムです。


さてさて、双六小屋は槍ヶ岳から続く西鎌尾根と新穂高からの小池新道、三俣蓮華岳に向かういくつかのルートの交差点。

昨年10月の紅葉槍ヶ岳ではここを東に右折して西鎌尾根を進んだんですね〜。

でも我が家は今回、北アルプスの奥の奥!を目指す山旅でありますので、西に左折して三俣蓮華の方向に進む計画です。

そして憧れの雲ノ平にテントを張ってマッタリするのだ〜。

昨日鏡平で停滞してしまったので、既に行動予定からは遅れています。

予定では本日昼過ぎに雲ノ平着なのですが、昨日の遅れを取り戻せるのだろうか、、、????



20130810Mitsumatarenge55.jpg

10時20分 双六小屋から双六岳方向にまずは進みますが、最初はかなりの登り坂!



20130810Mitsumatarenge56.jpg

あっという間に小屋の屋根を眼下に望むようになります。


20130810Mitsumatarenge57.jpg

イワギキョウのほとりの岩で休憩するBlue


20130810Mitsumatarenge58.jpg

ほどなく標高2660m双六岳巻道分岐に10時48分到着


20130810Mitsumatarenge59.jpg

ここから双六岳に登っていくコースもありますが、我が家はもちろん主目的の雲ノ平への道を急いで巻き道を選択しましたよ。


20130810Mitsumatarenge60.jpg

巻き道もコバイケイソウがきれいに咲いていました。

巻き道からの槍ヶ岳眺望を期待したのですが、まだガスが晴れてなくて西鎌尾根の槍ヶ岳付近や槍の穂先までは見えていません。



20130810Mitsumatarenge61.jpg

ハクサンイチゲかな?


20130810Mitsumatarenge62.jpg

鷲羽岳が右前方に見えてきました〜♪

今回鷲羽岳はぜひ登ろうって計画ですが、三俣山荘からはかなりの急坂のようです。

我が家は雲ノ平に連泊してアタックザックで祖父岳側からピストンを計画していますが、どうなるかな〜。



20130810Mitsumatarenge63.jpg

ヨツバシオガマは去年北穂でも見た記憶がありました。

今は図鑑を見ながら覚えているところですけど、徐々にお花の名前も覚えられたらいいな。

我が家が参考にしている高山植物の図鑑は基本種が収録されているこちら。

まだこれに載っていない種とは出会っていないので、分厚い図鑑じゃなくても十分役に立ちます。

高山植物の基本 (OUTDOOR POCKET MANUAL)高山植物の基本 (OUTDOOR POCKET MANUAL)
(2012/06/25)
新井 和也

商品詳細を見る




20130810Mitsumatarenge64.jpg

巻き道分岐からほとんど平坦な標高2650m程度で1.2kmほど進んできましたが、ここで急な下りの岩場を50mほど降りて行きます。

怖いという感じではないのだけど、、、この道を帰ってくるの嫌だなあ。

こんな岩の急坂は登りたくないよって考えてしまうのでした。


20130810Mitsumatarenge65.jpg

でも下ってすぐには沢水があって、各自でザックに付けているチタンマグで水をゴクゴクと体に流し込みます。


20130810Mitsumatarenge66.jpg

さらに2600mほどの標高で進んでいくと、


20130810Mitsumatarenge67.jpg

12時35分 道が広がって大きな岩のある休憩ポイントに到着。


20130810Mitsumatarenge68.jpg

澄んだ雪解け水が穏やかな流れを作っています。



20130810Mitsumatarenge69.jpg

我が家はもちろん休憩しましたよ。

少し目を閉じただけのつもりが、Zzzzzzzzzzz!







20130810Mitsumatarenge70.jpgこちらでもZzzzzzzzzzzzzz!




morpheusもただ今お昼寝中につき、、、




20130810Mitsumatarenge75.jpg


三俣蓮華岳山頂を眺めながら

しばらくお待ちください、、、、、




その間この日、じいじばあばと遊んでいるPinkの様子をどうぞ!

2013ObonPink02.jpg


2013ObonPink03.jpg


2013ObonPink01.jpg

よーく遊んでもらって良かったねえ。

じいじばあばに感謝です。






はい!

あっという間に30分程度も経過していたようです。



20130810Mitsumatarenge74.jpg

起きなきゃね〜


20130810Mitsumatarenge73.jpg

ちょっと寝ると疲れも取れてすっきりしました。



20130810Mitsumatarenge71.jpg

いい笑顔で起きたね!



20130810Mitsumatarenge74_.jpg

さあ出発!


20130810Mitsumatarenge76.jpg

13時45分、標高2750m 三俣峠





20130810Mitsumatarenge78.jpg

14時 三俣山荘の西側、三俣蓮華岳の裾野にあるキャンプ場に到着。


どうしようか、、、本当は今日雲ノ平入りするはずだったんだけど、

今からでは17時着になるかな、、、焦って進んでも楽しくないよね。

ってことで三俣のテン場で張ることにしました。

やっぱり遅れた行程取り返せなかったねえ。




14時到着はそれほど遅いとは思わなかったのですが、フラットなテン場でテントを2張りできるスペースはほぼなくなっていました。

やはりお盆ですね〜

20130810Mitsumatarenge79.jpg

それでも斜度の緩やかなスペースにテントを張ることができました。

今回も7月の坊ガツルと同じNemoのAndi JPとRipen Domadome Light 2


20130810Mitsumatarenge80.jpg

15時40分 三俣山荘訪問

このテン場にはトイレがないので山荘のトイレを使わせていただきます。


20130810Mitsumatarenge81.jpg

売店で気になるのはやっぱり山バッジ


20130810Mitsumatarenge82.jpg

これがかっこいいね。

三俣蓮華岳の山バッジだね。

我が家のこのたびの山行予定では帰りに登る予定。

お天気で余裕があれば登ろうね、、、買っとく?

お買い上げしておきました。

これで帰りに登ってかえらねば!ってモチベーション維持。


20130810Mitsumatarenge83.jpg


飲み物も手に入れて鷲羽岳をバックに家族写真です。




20130810Mitsumatarenge85.jpg

テン場に戻ってお約束の乾杯!

お山ではちょっと贅沢な本物のビールやプレミアムビールが置いてあることが多いですねえ。

日頃ビール風で我慢することも多い我が家もやっぱりここはプレミアムビールをセレクトしちゃいます。

日頃とは比べ物にならないほど頑張って歩いたんだもの!



20130810Mitsumatarenge86.jpg

16時20分 夕食です。


20130810Mitsumatarege87.jpg

今日は早ゆでパスタ!

ゆで時間、なんと2分!

時間にもガス消費にもやさしいハイテクパスタなのだ。


20130810Mitsumatarenge87_.jpg

なんと断面が風車!

火の通りが早い早い!

我が家の山の必須パスタです。





20130810Mitsumatarenge88.jpg

このパスタの茹で汁で天野フーズのクリームシチューを作ってそこに茹で上がったパスタを投入すれば、

2分と30秒でクリームシチュースパゲティーの出来上がり!

2分30秒ですよ!この組み合わせ!

カップヌードルより早いスピードで本格パスタなのです。

それも茹で汁も残らず、ガスも1回の使用で出来上がり!

ささっと食べたいときにはこれ!

我が家の最速山食です。



20130810Mitsumatarenge89.jpg

この日はパスタだけでは物足りないので、魚肉ハンバーグを焼いて焼いて。



20130810Mitsumatarenge90.jpg

最後に紅茶タイムで疲れを癒します。


20130810Mitsumatarenge91.jpg

19時を過ぎて、日没は空が焼ける感じもなく、、明日に期待。


20130810Mitsumatarenge92.jpg

明日の予定を組み直さないとね、、。

お休み。



8月10日(土)のサマリー
出発時刻/高度: 06:14 / 2300m
到着時刻/高度: 14:18 / 2558m
合計時間: 8時間3分
合計距離: 10.4km
最高点の標高: 2757m
最低点の標高: 2300m
累積標高(上り): 738m
累積標高(下り): 487m
速度 1.3 km/h(最大 10.1 km/h)
上昇継続時間 3:25'40.0
下降継続時間 2:00'05.0
水平移動時間 2:38'59.8
手首付近の温度 25 °C (20 - 33 °C)





次回3日目はいよいよ雲ノ平編に突入です〜



関連記事

 登山・トレッキング 2013年8月 新穂高〜雲ノ平

 三俣山荘 双六岳

16 Comments

genzo  

こんにちは (^^

モルペウスさんのブログは
あたかも経験しているように感じさせてくれますね。(^^
最高の景色に綺麗な花。
そして、最高のビール!奥様はサッポロだと思いました!!(笑

山メシ、すごく参考になります。
早ゆでにクリームシチュー。なるほど!!

2013/08/24 (Sat) 14:06 | EDIT | REPLY |   

piyo-papa  

こんちは(#^.^#)

ゆっくり楽しみながら余裕をもってテント場でまったりするスタイルがやっぱりいいな~(#^.^#)

ここはスルーせずに泊まっておくべきテント場ではないでしょうか(#^.^#)

そういえばアマノの新製品のシチュー・・買ってからどこに直したのか見当たらない~(笑)

2013/08/24 (Sat) 15:35 | EDIT | REPLY |   

まぁかつ  

こんばんわ。

山にはいろんな花が咲いているんですねー
morpheusさんのお花の名前紹介!
勉強になります^^

パスタもいいけど魚肉ハンバーグも
美味しいですよねー
自分も大好きです!
ビールにあうあう^^

つづきも楽しみにしてますねー(^^♪

2013/08/25 (Sun) 00:14 | EDIT | REPLY |   

morpheus  

genzoさんこんにちは!

日記を続けることがどうしてもできないmorpheusですが、写真を撮る習慣はあるので初めて見たブログ。

写真を並べてその時の気持ちや状況をコメントするというスタイルは無理がなくて今のところ続いておりまする〜。


ばれてましたか、、男前な奥様の好み(笑)!

鋭いですね〜。

2013/08/25 (Sun) 16:58 | EDIT | REPLY |   

morpheus  

piyo-papaさんへ!

ゆっくり楽しみながら余裕をもってテント場でまったりするスタイル!

なんてかっちょいい表現をありがたや〜。

実際はタラタラ歩いて、次のテン場まで行けないので、自然と早め到着してテン場争奪戦に巻き込まれずってスタイルだったのかも〜(笑)ですけど。

翌日の元気はなるべくフラットなテント場地面の確保からってことで、このスタイルはまだまだ続きますよ!

2013/08/25 (Sun) 17:03 | EDIT | REPLY |   

morpheus  

まぁかつさんこんにちは!

魚肉ソーセージは我が家の必須アイテム。

常温保存で腹持ちもよくて、焼いて食べれば超ウマウマですね。

ネックは重量。5個ほどまとめると結構な重さです。

でも毎日減っていくので帰りは楽々になるはず〜

ってことでガンバります!

2013/08/25 (Sun) 17:07 | EDIT | REPLY |   

もえここ  

こんばんは(^0^)w

お昼寝から目覚めた眺めも
テン場からの鷲羽岳の眺めも素敵です♪♪
これは泊まらないともったいなお化けでちゃいますよ!!

コース上にテン場があると
選べていいですね~♪
のんびりゆったりとした山旅ができるって
幸せですね~~(*^-^*)

2013/08/25 (Sun) 21:34 | EDIT | REPLY |   

sana-papa  

我が家と同じような道を辿っておられるので、自分がレポ終わったような錯覚に捉われてしまいます…まだなんですけど。(笑)
巻道とはいっても結構アップダウンがあって大変でしたね。沢の手前の下りには我が家も難儀して沢で休憩しましたよ。
今年は双六も三俣も記録更新のテント場人気だったそうです。秋の涸沢か?って何度も思いました。
アマノのシチュー美味しいですね!でもパスタとの組み合わせは思いつきませんでした〜今度真似っこさせていただきます♪
あ、三俣名物のサイフォンコーヒーは召し上がりましたか?

2013/08/26 (Mon) 00:24 | EDIT | REPLY |   

morpheus  

もえここさんおはようございます

コースの上にテン場があって、選べるなんてありがたかったです。

まあ泊まっちゃうか、、って甘いのかもしれないけどね。

もえここ家の白馬は途中にテン場なし、水場なしって厳しいコース、すごかったね〜。

我が家はまだまだ!(笑)

歩いている時間より休憩時間の方が長いんじゃないかってちんたら歩きなので〜。

今のところ鈍行各駅停車を楽しみますよ〜。

2013/08/27 (Tue) 06:22 | EDIT | REPLY |   

morpheus  

sana-papaさんおはようございます

巻き道、たしかにそうなんだけど、、それなりにアップダウンあってね〜。
激坂下の水場でもちろん数名の登山者に抜いてもらいましたよ。

それに、そう。
この後のテン場も夕刻にはそれぞれ満員御礼状態に、、。
やっぱ山ブームですね^^。

天野のシチューにパスタは、最初は別のパスタソースを用意していたのですけど、面倒になって省エネで試したらおいしかったので。
おすすめです。

2013/08/27 (Tue) 06:27 | EDIT | REPLY |   

koba*  

なかなか

morpheuさん!(^o^)/

ボクの新穂高から北アルプスを読むのも遅れてます

はじめて聞く名前やどんなふうに行くのか

確認しながらだと時間がかかるんですよ

すごく面白いですね

ゆっくり読んでいきますんで、突拍子もない時にコメいれるんで

ご容赦くださいm(_ _)m

2013/09/01 (Sun) 16:59 | EDIT | REPLY |   

morpheus  

koba* さんこんにちは!

どうぞどうぞ!
ゆっくり全然OKですよ〜。
忘れないうちに書いていますけど、コメントもらえると振り返って思い出せるのでむしろ少し前の記事にコメントもらえるのもうれしいものですね。

新潟からなら北アルプスも近いでしょ〜。
我が家的にはうらやましいお住まい地域!

新日本海フェリーで小樽も近いでしょ〜
私1回学生時代の夏休みに車でこっちから新潟までほとんど下道で行って、小樽から北海道一周したときに新潟に立ち寄ったって20年近くまえのことですが、、。
貧乏だけど時間だけはあって、楽しかった思い出の途中の新潟(笑)でした〜。

2013/09/01 (Sun) 17:53 | EDIT | REPLY |   

koba*  

おらぁ!ワクワクしてきたど~!

morpheusさん!(^o^)/
鏡平から双六小屋までに戻っておりました

やっと順調に読破しております
やっぱ難コースですか

判ると、超楽しいです、前編でも書いたけど、行った気になります
morpheus隊長!明日はどうするんでありますか

って感じです

2013/09/09 (Mon) 16:35 | EDIT | REPLY |   

morpheus  

koba* さん!それいいっすね!

のらくろ風(笑)
一回そんな感じで書いてみましょうか!
吹き出しも付けてみたりして。
コミック風に?
いいねそれ。
いただき!

2013/09/09 (Mon) 18:47 | EDIT | REPLY |   

koba*  

違うよ~

morpheusさん!(^o^)/

ボク的にはケロロ軍曹です…(^^ゞ

2013/09/09 (Mon) 20:45 | EDIT | REPLY |   

morpheus  

koba* さんゴメン!

確かに!
のらくろって!私何歳だ〜!?
軍曹!自分、実は戦中派なのであります(笑)!って(爆)

2013/09/10 (Tue) 17:24 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment