Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you.

あしたキャンプか山に行こう!

--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

27
2013  11:03:09

久住山から、本場で九州名物のあれを食べに下りましょ〜

2013年7月13日から15日の海の日3連休

今季最初のファミリーバックパックキャンプは九州は阿蘇くじゅう国立公園に行ってきました!


其の1:13日AM 長者原の駐車場から坊ガツルまではこちら
其の2:13日PM 坊ガツルでのんびりはこちら
其の3:14日AM 坊ガツルから久住山山頂まではこちら


20130714Kujyu4.jpg

久住山山頂では行動食で空腹を満たしましたが、風とガスガスで、まったく清々しくない〜

よって滞在時間は約30分でした〜。

よし!降りよう!山荘にたしかあれがあったよね!食べにいこう!



ポチッ ポチッ にほんブログ村 アウトドアブログへポチッ
 ブログランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします〜





20130714MtKujyu054.jpg

当初は笑顔で写真に納まっていたPinkも


20130714MtKujyu053.jpg

徐々に寒い〜。風嫌い〜。と涙目

ダウンも着込んでいるけれど、体が小さいと寒さに弱いものね。



20130714MtKujyu055.jpg

大人にとってはたいしたことのない岩っころも4歳児にとっては大きな障害物です。


20130714MtKujyu056.jpg

少し休憩して、降りることにしました。



20130714MtKujyu057.jpg

本当はここから九州本土最高峰の中岳に向かいたかったんですけどこの天気じゃあね〜

11時50分

山は逃げないからまた今度!ってことで、娘を背負って降りる降りる。

タッタカタッタカ。


20130714Kujyu3.jpg
足元はゴロゴロ岩ですが、今日は登山靴ではないので足趾でバランスをとりながら、足首の捻りに気をつけて降りていきます。

これが結構スリリング!次に足を置く場所を選びながら、そこに足をのせた瞬間に岩が動かないかを足裏で感じてバランスを修正することの繰り返し。

なんだかゲーム感覚でこれも楽しんで降ります。




20130714MtKujyu058.jpg20130714MtKujyu059.jpg20130714MtKujyu060.jpg20130714MtKujyu061.jpg
来た道を戻ります。久住分かれから北千里浜へ降りていきます。

稜線から谷に入ると風も弱まりました。


20130714MtKujyu062.jpg

13時 北千里浜に下ると、頂上や稜線ではほとんど動きのなかったPinkが走り出しました。

危険を察知して甲羅に手足を引っ込めてじーっとしていた亀が、急に動き出したときみたいな唐突さ。



20130714MtKujyu063.jpg

兄妹3人で



20130714MtKujyu064.jpg

歌いながら歩くよ〜。



20130714MtKujyu065.jpg

何の話をしていたのか、、急にBlueがPinkを背負って歩き出しました。


20130714MtKujyu066.jpg

嬉しそうに笑うねえ。




20130714MtKujyu067.jpg20130714MtKujyu068.jpg20130714MtKujyu069.jpg20130714MtKujyu070.jpg
北千里浜の不思議な光景を楽しみながら歩いていきます。




20130714MtKujyu071.jpg

Blueが持ってきた、乾燥してひび割れた地面の土。

細かい粒子です。断面は層になっていて、水の作用で出来たのかな。



この先から法華院温泉山荘への下りが始まるところ、、

20130714MtKujyu072.jpg

あの岩!

ゴリラが座ってるよ!(笑)

確かに、山だけにマウンテンゴリラだ〜!



20130714MtKujyu073.jpg

13時40分 北千里浜終点から下っていきます。


20130714Kujyu5.jpg

結構な段差もあるのでPinkには簡単ではないはずの道。

すごい全身運動だろうね。



20130714MtKujyu074.jpg

手をつなぐと自由な動きと個々のバランスが悪くなるので、Pinkは簡易ハーネスとロープで確保しました。


20130714MtKujyu075.jpg

これでおりられる限界まで降りてみよう。



20130714MtKujyu076.jpg

おちびちゃんも弱音を吐かずに降りていきます。



20130714MtKujyu077.jpg

もうすぐ到着なので、笑顔もこぼれるRed



20130714MtKujyu078.jpg

今音を上げるかと、待っていましたが、意外や意外。

なかなかお得意の もう無理、あるけ〜ん を発しません。


20130714MtKujyu079.jpg

林の中の、小さな沢の岩も上手におりて超えて行き、、



20130714MtKujyu080.jpg

ありゃりゃ。

自分で降りちゃったね。



20130714MtKujyu081.jpg

私がんばったでしょ〜。



20130714MtKujyu082.jpg

14時30分 法華院温泉山荘到着!


20130714MtKujyu083.jpg

ここは九州名物 白くまアイスで祝杯でしょ〜って思ったけど、、

20130714MtKujyu084.jpg

売り切れ!残念!

かわりにバニラを頬張っております。


この後昨日同様温泉入浴後、テント場に戻ります。




20130714MtKujyu085.jpg

で、帰路にある岩にやっぱり登りたがるのね。


20130714MtKujyu086.jpg

大人の目線ほどの高さの岩ですが、子供にとってはみている世界が変わって見えるんだろうね!





20130714MtKujyu088.jpg

夕方はシュワ〜を片手にゆったり過ごして、、


20130714MtKujyu089.jpg

夕食はレトルト中華丼と

わが町に本社を置くアマノフーズの なすのおみそ汁






20130714MtKujyu093.jpg

ゆっくり食べるPinkだけまだ食べ終わっていませんね〜。



20130714MtKujyu094.jpg

昨夜の夜を体験して、Blueはシュラフいらん〜って

振り回して乾かして、、、


20130714MtKujyu095.jpg

これから冷えてくるというのに袋にしまってしまいました。

やあ、寒くなかったから、、って言うのですが、翌朝はちゃっかりルームメイトのシュラフの端っこをかぶっていたらしい。



20130714MtKujyu097.jpg

夕暮れ

この日は空全体ではなく、一部の雲が色づいていきます。






20130714MtKujyu098.jpg

こんな絶景の配色の中で、Redは宿題タイム!



20130714MtKujyu099.jpg

完全に日が落ちるとブルーな世界にだんだん近づいていきますが、、、



20130714MtKujyu100.jpg

やっぱり宿題に追われているようで、、、、




20130714MtKujyu101.jpg

私は今日もひとりゆったりツエルト泊となりました。

寝る前に足の調子を確認しましたが、ふくらはぎがいつもより少し頑張った感じがするくらいで特に問題ないみたい。

しばらくマッサージして、、おやすみなさい!





この日のMove
距離:11.09 km
速度:1.6 km/h (最大 15.8 km/h)
上昇:617 m
下降:617 m
上昇継続時間:2:31'50.0
下降継続時間:2:08'52.0
水平移動時間:2:26'46.7
最大高度:1786 m
最低高度:1232 m
温度:23 °C (19 - 28 °C)


明日は下山です!
関連記事

 登山・トレッキング 2013年7月 坊ガツル・久住山

 久住山 硫黄山 北千里浜 坊ガツル

- 8 Comments

piyo-papa  

こんちは(#^.^#)

pinkちゃん・・一人であの大岩帯を下ったんですね~
よく頑張りました~(#^.^#)

夕方の空がめっさいい雰囲気です~この空なら翌日は快晴だったかな?

2013/07/27 (Sat) 12:01 | EDIT | REPLY |   

まぁかつ  

こんばんわ。

ご兄妹で歌った曲はやっぱり、あの曲ですか~
トトロの歌←違ったかなぁ(笑
ぴったり合いそうな感じなので^^

宿題タイムのRed君、えらいですねー
疲れているのに。
かわいそうな感じですけど、宿題なら
終わらさなければいけないしねー^^;

2013/07/27 (Sat) 19:46 | EDIT | REPLY |   

ぴょんたん  

こんばんは。

ピンクちゃんを背負ってるブルーくんの表情がとっても素敵です^^!

宿題のレッドくんはホントに御苦労さま^^

白クマアイスって知らなかった~。
期間限定なのかな。
また今度行けるときはチェックしてみますー♪

2013/07/27 (Sat) 21:58 | EDIT | REPLY |   

genzo  

こんばんは(^ー^)

ピンクちゃん、頑張りましたねー(^^
やっぱり笑顔が似合うね

山は朝と夕暮れが最高って最近、教えてもらいましたが
ホント、その通りですね
メチャ綺麗で幻想的(*^^*)
ツエルト泊、癖になりそうですね(^^

2013/07/27 (Sat) 22:09 | EDIT | REPLY |   

morpheus  

piyo-papaさんへ!

一人であの大岩帯をね〜

意外と下りは平気らしく、、。

身が軽いのでしょうか。体重も軽いのでトントン降りていって、こっちが怖いです。

夕空はドラマティックでしたね〜。

翌日は、そう!ピカピカに期待です。

2013/07/27 (Sat) 23:11 | EDIT | REPLY |   

morpheus  

まぁかつさんこんばんは

このときはですね、Blueのトレッキングポールを貸して〜とPinkがねだり、一本じゃなく2本貸してーって所からなぜか手遊びの「一本橋こちょこちょ、叩いてつーねって、階段登って、、こちょこちょちょ〜」のところでPinkがBlueのこそばせる手から走って逃げる〜って遊びをしていたような、、。

夜の宿題タイムね。本当宿題が多い中学校のようで、、、

盆の遠征に行ける余裕があるのかどうか不安だ〜。

2013/07/27 (Sat) 23:16 | EDIT | REPLY |   

morpheus  

ぴょんたんさんこんばんは!

Blueね。面倒見がよいのです。
確かに優しい顔してるよね。

ぴょんたんさん しろくまアイス 知らないの〜??
広島県には売ってるよ〜。
鳥取よりはわずかに九州に近いから?
中国山地をしろくまは越えてないのかな(笑)
ちょっと驚いた!

2013/07/27 (Sat) 23:21 | EDIT | REPLY |   

morpheus  

genzoさんこんばんは

なんであんなに山の朝夕の空は幻想的に焼けるんだろう。
屋外での生活で、いつも空を見上げているからそれに気付くのかな。
平地の街でも意外と焼けているけど注目しないのかもしれないな〜。

ツェルト泊、今回は心地よかったですけど、水はけの悪いところで夜間雨が降ると、、それこそ水中にチーン(沈)てことになるので、気をつけまーす!

2013/07/27 (Sat) 23:27 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。