Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you.

あしたキャンプか山に行こう!

--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

14
2013  05:59:16

3歳最後にclimb on!

6月9日(日)烏帽子山、比婆山登山に行ってきました。その後半です。

烏帽子山山頂に着いてまだまだ踊ってるピンクの図

20130609Hibayama052.jpg

さあ、お昼にしよう!


広島県民の森公園センターから烏帽子山山頂まではこちら



ポチッ ポチッ にほんブログ村 アウトドアブログへポチッ
 ブログランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします〜





グランドシートを敷いてリビングを設営

20130609Hibayama053.jpg

あの〜、頭側と足側が逆なのはまあいいとして、
下半身の長さ重さが全く足りないため、全然安定しませんな〜。

ひっくり返る不安定さを喜んでいるってのは本来の使い方と全然違うんですけど(笑)


CrazyCreekChair.jpg

CRAZY CREEK HEXALITE ORIGINAL CHAIR
重量:419g
娘はネイビー×ピンク
息子たちはパープル×イエロー
私たち夫婦はオレンジ×ターコイズを使っています。

morpheusは先日の坊ガツルにも持っていきました。
201305Bougatsuru141-.jpg
テント場でリラックスする時にはあるのとないのでは全然違いますね。


しかし座面はメッシュのハニカム構造なので娘が飲み物をこぼしたりすると結構大変。

このHEXALITE ORIGINAL CHAIRは既に廃盤で、座面も生地で覆われたこちらが現行品。



重量は少し重くなっちゃってるけど、、座面が濡れても水は間に入らないので、これも便利かも。
好みでしょうけどね。




20130609Hibayama055.jpg

今日のストーブはヒートエクスチェンジャー付きのプリムス イータエクスプレス(Primus Eta Express)

これ奥様専用ストーブというポジションです。

最近はamazon.co.jpでも並行輸入品が手に入りやすくなりましたが、一昨年は販売していなかったため、amazon.comから購入したものです。


私が主に使っているPRIMUS イータ・パック・ライトとくらべて便利・良い点が何点かあります。
1.炊飯に適している。イータ・パック・ライトはふたがプラスチックだし、パスタ茹で汁を捨てるための穴があいていますから炊飯はちょっとね〜
2.軽い。わずか150gの差ではあるけど軽いっていいことですね。
3.フタがフライパンになっている。ソーセージも焼き焼きしやすいですよ。

ジェットボイルとの違いとしては、
1.プラスチックパーツが多用されているジェットボイルに対してイータエクスプレスは金属製である。これは好みでしょうけど、奥様的には好みのようです。
2.バーナーとコッヘルが分離するので、汎用性が高い。
3.見た目が渋くてかっこいい。これも好みの問題ですけどね。

プリムス イータエクスプレス Primus Eta Express [並行輸入品]プリムス イータエクスプレス Primus Eta Express [並行輸入品]
()
Primus

商品詳細を見る


20130609Hibayama056.jpg

とにかく、ヒートエクスチェンジャー付きのプリムスのバーナーは本当に沸騰までの時間が早いです。

どのくらい早いかは検証していないのですけど確かにガスの消費量が少ないので、予備のOD缶は使わずに持ち帰ることが多くなりました。



20130609Hibayama057.jpg

沸騰したらガスを驚くほどしぼっても沸騰を続けます。




20130609Hibayama054.jpg

さてさて奥様が歩荷してきたマルタイの棒ラーメンをいただきました。




昼食後は少しゆっくりして

20130609Hibayama058.jpg

山頂散策に出発!




山頂には大きな岩が各所に転がっているのですけどこれが面白いのです。

20130609Hibayama060.jpg

ピンクがクライミングしているこの大岩、、、



20130609Hibayama061.jpg

ほら、形が烏帽子そのものでしょ〜

その名も烏帽子岩。はい!そのまんま。



20130609Hibayama062.jpg

お!果敢にもそのトップにクライミング!



20130609Hibayama063.jpg

バランスをとってそのまま立ち上がって、、、



20130609Hibayama064.jpg

あ〜ん!おりれ〜ん!

はい!これも想定内(笑)


20130609Hibayama065.jpg

でも私、ひとりで岩に登ったからね。どう!?

って挑戦的まなざしだ〜。



別の岩ですが、

20130609Hibayama066.jpg

亀裂がいい感じで手がかりになっているので、クライミングシューズではないのですけど



20130609Hibayama067.jpg

登ってみました。



20130609Hibayama068.jpg

ピンクもよじ登ってついてきます。

20130609Hibayama069.jpg

岩の上でピース。

青空じゃないのが残念ですが、雨が降らなかっただけでもよかったね。



ちなみに烏帽子岩には昨年神の使いがたくさんいらっしゃいましたが、、、

20130609Hibayama070.jpg

今年も会えました。岩の割れ目の間でお休み中でしたか。



20130609Hibayama071.jpg

え〜! へびはいや〜!(笑)




20130609Hibayama072.jpg

ほかにもまるで何らかの意図があって人工的に刻んだのかと思わせるような幾何学的模様の溝がついた条溝岩など、いろいろな名前のついた岩があります。



20130609Hibayama073.jpg

私こっちの岩の方がいいな〜


20130609Hibayama074.jpg

ここならヘビもこわくないし〜!



20130609Hibayama075.jpg

さてさて、散策が済んだしそろそろ進もう。

荷物を回収しに向かいます。



20130609Hibayama076.jpg

13時55分 さらに進んで比婆山に行きますよ。


20130609Hibayama077.jpg

あっち〜



20130609Hibayama078.jpg

比婆山には一旦下って登り返します。


20130609Hibayama079.jpg

貫禄を感じさせるブナの大木がみごとな森ですね。



20130609Hibayama080.jpg

ピンクはお昼寝の時間になりました。

この頃には徐々に冷えてきて、ピンクも防寒着を着用。



20130609Hibayama081.jpg

14時28分 標高1264mの御陵に到着

祠の奥に伊邪那美命の御陵と伝えられる苔むした巨石が横たわっています。



20130609Hibayama082.jpg

さらに数分進むと登山道の真ん中にどっしりと立つ比婆山御陵の門栂(もんとが)。

幹回り 3m 樹高 8m 樹齢 千年のイチイの大木だそうです。

すごい歴史ですね〜。



20130609Hibayama083.jpg

比婆山を下って降りていきます。



20130609Hibayama084.jpg

途中水場もありました。





途中から、森の中の登山道より距離が短かいスキーゲレンデを降りるコースを選択しました。

20130609Hibayama085.jpg

あ、、沢山飛んでる!



20130609Hibayama086.jpg

草むらにも!


20130609Hibayama087.jpg

ほら!


20130609Hibayama088.jpg

この蝶見たことあります。


20130609Hibayama089.jpg

アサギマダラだったよね。

アサギマダラ(浅葱斑、学名:Parantica sita)は、チョウ目タテハチョウ科マダラチョウ亜科に分類されるチョウの1種。翅の模様が鮮やかな大型のチョウで、長距離を移動する。(wikipediaより)



20130609Hibayama090.jpg

警戒心はあまり高くないみたいで、ゆっくり近づくと逃げませんね。



20130609Hibayama091.jpg

それでもそろそろ飛びますか。



20130609Hibayama092.jpg

しっかり羽ばたいて、、、



20130609Hibayama093.jpg

とんでけ〜


20130609Hibayama094.jpg

秋になったらどこまで行くの〜

東南アジアかな〜



20130609Hibayama095.jpg

キノコを横目に



20130609Hibayama096.jpg

森を通過して、



20130609Hibayama097.jpg

ゲレンデに出てさらに降りていきました。


20130609Hibayama098.jpg

昼寝から起きたピンクも歩いています。



20130609Hibayama099.jpg

ゲレンデ歩きは結構しんどかったな。



20130609Hibayama100.jpg

この辺りからはフラットな道。



20130609Hibayama101.jpg

広島県民の森公園センター手前にはキャンプ場もありました。



20130609Hibayama102.jpg

きれいな芝生の広場を超えて、、、



20130609Hibayama103.jpg

15時54分 ゴール!



距離 8.43 km
速度 1.4 km/h (最大 6.8 km/h)
上昇 480 m
下降 483 m
上昇継続時間 2:09'10.0
下降継続時間 1:32'00.0
水平移動時間 2:09'52.1
最大高度 1264 m
最低高度 804 m
温度 25 °C (21 - 28 °C)

20130609Hibayama104.jpg

今回は娘3歳最後の登山でしたが、今までで一番歩いたね〜。

ゆるやかな登山道でお花も咲いてて、幼児でも楽しめる烏帽子山・比婆山のレポでした。

私たちが思っていた以上に頑張ることができた娘の姿をみることができてよかったな〜。

今年はまだ独歩で涸沢は無理だろうけど、来年の夏は5歳だね。

いよいよかな?
関連記事

 登山・トレッキング 2013年6月 比婆山・烏帽子山

 比婆山 烏帽子山

- 10 Comments

koba*  

お昼寝っていつまでするんだっけ?

morpheusさん!おはよ(^o^)/

パネルチェアはボクも欲しいです

CRAZY CREEKは色がきれいですね



結構な行程でしたね、おぶって行く!体力あるね

親にも素敵な思い出だ~(^^)ニコ

2013/06/14 (Fri) 07:17 | EDIT | REPLY |   

りんpapa  

ダンサーの次はクライマーですか^^ 
表情が豊かなかわゆい娘さんですね。

去年だったかな 嫁用にとクレクリのパープルイエローが欲しくって探してたけど
人気過ぎて無いんですよ~(>_<) 
結局HEX2.0のブラックロイヤルブルーにしたけど 
やっぱ地に近いって良いですよね^^ 僕も好きです。
最近発売?「クレクリのビーチチェア オリーブ」
キャンプでは座り心地最高でした 
僕の中ではNO,1超おススメなんですが、色が一色のみ。。
他色が出たら即決予定です^^

あぁ~プリムスかジェットボイルで悩んでた頃を思い出しました
って止まらなくなるのでこの辺で^^;

話は変わりますが 写真がいつもいい雰囲気ですね
カメラは奥様と2台ですよね
レンズは別物にしてますか?

2013/06/14 (Fri) 08:51 | EDIT | REPLY |   

genzo  

こんにちは(^.^)

ピンクちゃんのクライムがスゴくないですか?
3才でよじ登れるものですか ?
スゴい山ガールになりますねー(^^

アサギマダラ見たことないなぁ
愛知県でも確認されているので一度は見てみたいです

私もクレクリ欲しい~(^^ゞ

2013/06/14 (Fri) 16:38 | EDIT | REPLY |   

まぁかつ  

こんにちわ。

写真、いつも綺麗ですね。
写真を見ていると、なんか自分も行った気持ちになり
楽しい気分になりました~

いろいろな花や木に出会い、生き物に出会い
山登りっていいもんですね~(^^♪

2013/06/14 (Fri) 18:06 | EDIT | REPLY |   

もえここ  

お疲れ様でした~♪
morpheusさんの写真も素敵ですが。。。
ピンクちゃんの表情の変化も魅力的です~~♪♪
五感を使って、その時その時を楽しんでる感じがします(*^-^*)
果敢に岩に登る姿かっこいい!!

来年の夏~?!
いつ登るの?
今年でしょ~~~♪♪(笑)
ピンクちゃんが楽しめるコース選択になりますように(*^-^*)

2013/06/14 (Fri) 22:46 | EDIT | REPLY |   

morpheus  

koba* さんこんばんは

CRAZY CREEKうんうん。きれいな色で、使っていても楽しくなります。

体力ですか?いやいや今回は、意外と歩いてくれたので、、、

のぼりは6割ほど歩いたかな。

下りはほとんど寝ていたので2割程度歩いた印象で、、

いつもよりは歩いてくれた娘でしたよ。

2013/06/14 (Fri) 23:39 | EDIT | REPLY |   

morpheus  

りんpapaさんへ

クレクリのビーチチェアですか〜
こんどショップで座ってみようっと。

りんpapaさんもプリムスかジェットボイルで悩んでたんですね〜

カメラですか?
奥様と私はマウントが違うカメラなので、レンズの共用はできないのですよ。
今から考えれば同じ規格にしておけば良かったとも思いますがね〜。

2013/06/15 (Sat) 06:52 | EDIT | REPLY |   

morpheus  

genzoさんおはようございます。

3歳なりによじ上れる岩があったので、決して娘がすごいクライマ〜なわけないんですけど。
一緒に登った岩は傾斜が割とあって滑り台をさかのぼるイメージでね、だから子供でも登れたんですよ。
垂直とかだったら、私も無理、無理(笑)
子供はジャングルジムで鍛えているようですね〜。

我が家がアサギマダラに遭遇したのは2回目です。
今回、広島県民の森スキー場のゲレンデには10から20頭って感じで、たくさんいましたよ。
えさがあるんじゃないかな?

2013/06/15 (Sat) 07:12 | EDIT | REPLY |   

morpheus  

まぁかつさんおはようございます

>写真、いつも綺麗ですね。
ありがとうございます〜

思いもしなかった風景や生き物に出会えて、アウトドアしていると驚きと楽しみがいっぱいです^^

飛んでる蝶も頑張って撮ったんですけど、、ピント合わないし、ぶれてるし、小さすぎて何撮ってるかわかんないし、使った写真が限界。
でも草にとまっているアサギマダラは意外と警戒心が強くなく、寄って撮れたのでよかったです。

こんな小さい蝶が数千kmの渡りをするなんてすごいですね〜

2013/06/15 (Sat) 07:21 | EDIT | REPLY |   

morpheus  

もえここさんへ

上の兄ちゃんたちより、確かに娘は表情豊かですね〜

兄ちゃんたちも小さい頃はいろいろな表情してくれてたけど、、
最近は出し惜しみだ〜。思春期だもんねしょうがないや。

とりあえずやってみるってところが娘の面白いところ、岩に取り付いて一歩登って動けなくなってました(笑)。

そういえば次男が同時期相当な無鉄砲でしたね。
泳げないのにプールに飛び込むなんて朝飯前で、目が離せなかったな〜。

今年の夏?
無理無理それこそ無鉄砲!(笑)

2013/06/15 (Sat) 07:28 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。