Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you.

あしたキャンプか山に行こう!

02
2013  06:26:58

中岳から下山して坊ガツルへ

前回の続きで、はい!着地!

201305Bougatsuru107_-.jpg

おっとっとっ!


ポチッ ポチッ にほんブログ村 アウトドアブログへポチッ
 ブログランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします〜




中岳山頂の広角写真ものせておきましょうね。

201305Bougatsuru108_-.jpg

こんな感じで、切り立っている訳ではない、広い山頂です。



さて、九州本土最高地点に到達したので、後は下りなのですが、

14時10分 時間とコースとの相談の上、進むことにしました。


201305Bougatsuru109-.jpg

イワカガミが花盛りでしたね〜



201305Bougatsuru110-.jpg

中岳から稲星山方面に降りていくと、山頂直下にロープ場(というのかな?)があります。

雨で滑ると特に怖いですね。


201305Bougatsuru111-.jpg

短い梯子もありますが、写真奥の稲星山に向かって降りていきます。

そして写真では中央の登山道の交差点のところ、、


14時26分 中岳分岐に到着すると、こんな案内が、、

201305Bougatsuru112-.jpg

中岳分岐〜法華院(白口谷) 滑落・落石の危険大
2012年7月豪雨で土石流発生。
土石流多発地帯につき通行をご遠慮ください。

とのこと


201305Bougatsuru112_2-.jpg

迂回路
A.久住分れ・北千里浜経由(初心者向け)
B.稲星越・鉾立峠経由(中級以上)

うーん。
中級?
どうかな。かなりの急勾配とは聞いたけど、岩なのか、土なのか、足場によりますね。
でも登山道であることは違いない。


201305KujyuRenzanNakadakeShirokuchidake_.jpg

ということで、今回は稲星山はパスして白口岳に行ってみよう。
降りられそうになかったら戻ってくるということで!

稲星山をパスしたのは
1.この時点で水の残りが250mlほどと、心許なかったので、これ以上行程をのばしたくなかったこと、
2.もうなるべく汗をかきたくなかったので早く白口岳北斜面の日陰の下山ルートに入りたかったこと、
3.白口岳からの急坂の様子が分からなかったので、体力を温存しておきたかったこと
がその理由です。

次回は水を十分用意して稲星山にも行ってみたいな。


201305Bougatsuru113-.jpg

中岳分岐から稲星越に向かう巻道を進みます。



201305Bougatsuru115-.jpg

稲星越から白口岳に登っていくと、既に咲いている気の早いミヤマキリシマが増えてきましたよ。


201305Bougatsuru116-.jpg

14時57分 標高1720mの白口岳に到着


201305Bougatsuru117-.jpg

ここから下るのですが、、どうかな、、かなりの急坂、、、。

鉾立峠は写真右下の土が見えている所、写真では感じにくいと思いますが、標高差の割に近いのです。


ちょうど白口岳山頂で鉾立峠から登ってきた若者2人にルートの状況を聞きます。
下山で怖かったのは浮き石による捻挫だったのですが、そのような石はなかったとのこと。
じゃあ行ってみよう!

201305KujyuRenzanShirokuchidakeBougatsuru.jpg

このルートで下山!

後でGPSデータを見ると、白口岳〜鉾立峠の標高差は約350m、登山道の水平移動距離は約1kmでしたが、下山の最初は特に急勾配でしたよ〜。


201305Bougatsuru118_1-.jpg

真下に転げ落ちていきそうな登山道。



201305Bougatsuru118-.jpg

振り返って白口岳山頂を見上げます。


201305Bougatsuru119_1-.jpg

膝を痛めないようにダブルストックで、ゆっくり、確実に降りていきます。


201305Bougatsuru119-.jpg

登山道から南東方向

201305Bougatsuru120-.jpg

登山道から三俣山、法華院温泉山荘方面


201305Bougatsuru121-.jpg

下山ルートでちょっと困ったのは、こんな砂地の急斜面、、

これどうやって降りるんかいな????


201305Bougatsuru122-.jpg

さて、かなり下って山頂を振り返ります。


201305Bougatsuru122_1-.jpg

もうすぐ鉾立峠なのですが、この辺り踏み跡が少なめで、登山道に枝葉が伸びています。

薮こぎに近い!

またしても失敗。

ショートパンツとゲイターの間の日に焼けてヒリヒリしている膝に葉や枝がガシガシ当たって、痛い、、、、!!!


辛抱しながら降りていき、


201305Bougatsuru123-.jpg

15時45分 やっと峠に着きました。


201305Bougatsuru124-.jpg

こうやってミヤマキリシマの咲く峠から白口岳への登山道を眺めると、さっきまでの急で険しい道が想像できないような穏やかな樹林帯の整った緑で、、きれいですね、、。



201305Bougatsuru126-.jpg

以降は法華院温泉までなだらかに下っていきますが、ここらは溶岩の岩っころがたくさんみられました。



201305Bougatsuru127-.jpg

そのうち、木道が出現してズンズン進んでいきます。


201305Bougatsuru128-.jpg

法華院温泉手前で左手に白口谷の登山ルートの道標。閉鎖中ですがね。


201305Bougatsuru129-.jpg

立派なコテージもありますね。


201305Bougatsuru130-.jpg

そして法華院温泉山荘に到着。


201305Bougatsuru131-.jpg

16時18分 鉾立峠からの道は、法華院温泉山荘のテン場横に出てきました。


201305Bougatsuru132-.jpg

さあ、楽しみにしていた温泉を浴びて、、の前に、


ここでまず向かったのが、山荘受付横のソフトドリンク自販機!

コーラが無性に飲みたくなって、500ml一気飲み!あー生き返った!

あまりにも速攻で飲み干したので、写真ありません。

下山したらビール!って考えていたのですが、これだけのどが乾いていると、逆にビールは危険と感じましたよ。アルコールの利尿作用でさらに脱水が進んでしまうもんね。

まずは水分と糖質補給したわけです。



できれば温泉の写真も撮りたかったのですが、先客がたくさんいらして、遠慮しました。

0e9ac7822bfc8014e35211244cd598f8.jpg
こちらはくじゅう山麓ログハウスの宿 ポーランの笛よろず日記さんからお借りした写真ですが、硫黄の香りは(飛騨の平湯に比べて)さほど強くない濁り湯で、疲れもとれて、気持ちよかったです。




そして今度は本当に

201305Bougatsuru133-.jpg

山で飲める幸せ!(^○^)!



201305Bougatsuru134-.jpg

もちろんここはちょっと贅沢して。

16時55分 シルクYEBISUをお買い上げ!♪



201305Bougatsuru135-.jpg

山荘を後にして、坊ガツルのテン場に戻ります♪



201305Bougatsuru136-.jpg

さて、坊ガツルに向けて最後800mの一踏ん張り。



201305Bougatsuru137-.jpg

そうそう、これ、ナルゲンOFTボトル!

山荘の直前で最後の水を飲み干しましたが、680mlでは足りなかった!反省!

でも今まで使ってきた山水筒の中で最も便利なお気に入り。

飲み口の開け閉めが簡単で金属でできているロックも安心。

飲み口は単純な穴なので洗浄が簡単なのです。


今期モデルはこちら





201305Bougatsuru138-.jpg

坊ガツルのテン場に戻る途中、画面中央の白口岳からの下山勾配がよくわかります。

よく降りてきたもんだ!


201305Bougatsuru139-.jpg

テン場についたら早速夕食作り

17時30分 アボガドクリームソースのパスタ。


201305Bougatsuru140-.jpg

パスタの湯で汁でスープを作って飲み干し、お湯の廃棄はなし!



201305Bougatsuru142-.jpg

100円ショップのチーズ入り魚肉ソーセージでタンパク質も補充。



201305Bougatsuru141-.jpg

今日は1日よく歩いたね〜。ってまったりタイムです。


この日のデータ
<長者原から坊ガツル>
距離 5.04 km
速度 2.0 km/h (Max 7.6 km/h)
上昇 307 m
下降 124 m
上昇継続時間 1:18'00.0
下降継続時間 0:32'35.0
水平移動時間 0:36'50.6
最大高度 1344 m
最低高度 1052 m
温度 18 °C (Max 28 °C)
最低温度 12 °C

<坊ガツルから北千里浜経由、久住山、天狗ヶ岳、中岳、白口岳、鉾立峠経由、坊ガツル>
距離 10.91 km
速度 1.5 km/h (Max 10.1 km/h)
上昇 751 m
下降 751 m
上昇継続時間 2:26'07.0
下降継続時間 2:07'11.0
水平移動時間 2:12'06.4
最大高度 1791 m
最低高度 1236 m
温度 29 °C (Max 34 °C)
最低温度 25 °C

201305Bougatsuru144-.jpg

19時10分 夕暮れの写真タイムには少し時間があるから、ちょっとだけ横になろうとテントの中に入ると、いつの間にか寝てしまいました。

201305Bougatsuru145-.jpg

目が覚めると21時45分 あ〜日没が見れなかった、、残念。


201305Bougatsuru147-.jpg

しかしすごい満月で、明るいです。

月夜に照らされる九重連山と坊ガツル


201305Bougatsuru148-.jpg

さすがに冷えてきました。

もう寝ようっと。

おやすみなさい。

明日の夜明けに期待しながらシュラフに潜り込むのでした。
関連記事

 登山・トレッキング 2013年5月 九重連山

 中岳 白口岳 鉾立峠 坊ガツル ナルゲン OFTボトル

10 Comments

koba*  

お疲れで~す

morpheusさん!おはよ(^o^)/

クイズに答える前に解答が…m(_ _)m

しかし日焼けで痛くなるほどの日差し

かなり厳しい山行だったんですね

お疲れ様でした

寝過したのくだりは、やっぱね^^;

2013/06/02 (Sun) 07:51 | EDIT | REPLY |   

くっきー  

気持ちよさそー!

久住山っていいトレイルですねー!
青空につづくルートがすっごく気持ちよさそう。

でもそれで日焼けしちゃったんですね。。。

ワタシもまえに白馬にいったときに途中の鑓温泉でタイツを
脱ぐのがめんどくさくてナマ足でいったんですけど
しっかり日焼けしましたっけ。

あのパンツとゲイターのあいだだけっていう日焼けが
また間抜けで。。。

下山したとこに温泉があるなんて最高!
テン泊のまえにさっぱりできるなんていいですね。
うー。行きたい!!!

2013/06/02 (Sun) 19:13 | EDIT | REPLY |   

genzo  

こんばんは。(^^

満喫ですね。
読んでいてこちらが何故かウキウキしてきます。なぜかな?
まだまだ、分からない事ばかりですが勉強になります。

温泉があるなんて最高じゃないですか。
冷えたビールも。(^^

満月に照らされた山々、テントが凄く綺麗ですね。

2013/06/02 (Sun) 21:11 | EDIT | REPLY |   

morpheus  

koba*さんおはよう!

今後の反省点もありましたが、いい天気に恵まれて心地よい山行でしたよ〜

でも夕焼けを見られなかったのが残念でね〜^^

横になったら一瞬で撃沈でした(笑)

2013/06/03 (Mon) 05:30 | EDIT | REPLY |   

morpheus  

くっきーさんおはようございます

久住山、本当にいいトレイルでした。

クッキーさんの尾瀬トレイルは残雪の春って感じですけど、こっちは初夏の春でしたね。

膝だけ日焼け、、、間抜けですよね^^。
男性は仕事中は長ズボンで隠れるのでいいけど、女性はスカート履くときに困りますね〜。
私だけじゃなかったと分かって安心しました(笑)

日本有数の湿原でラムサール条約にも登録されたこの辺りの環境は本当に気持ちよいです。
限られたお休みで東日本が大荒れのお天気のときにはいらっしゃる価値があると思いますよ〜。

2013/06/03 (Mon) 05:37 | EDIT | REPLY |   

morpheus  

genzoさんおはようございます。

恐らくですが、私のウキウキウイルスがネットを介して感染したんですね。
済みません。今後はマスクと手洗いをお勧めします(笑)

でもね〜、そうなんですよ。最高〜!
温泉とビールがトレッキング後の体をいやしてくれるんです。
温泉がある山のテン場なんて日本全国でもそう沢山はないですよね。
それも掛け流しって贅沢〜。

水場とトイレがある。そして800m先に温泉がある。あとは山だけ。
なんて高規格のキャンプ場なんだ!
そしてこの最高の環境が利用料0円ですよ!!行くしかないでしょ?!

2013/06/03 (Mon) 05:48 | EDIT | REPLY |   

ぴょんたん  

お月さまとの写真がきれいねー^^

よく歩いた一日。
温泉とエビスに癒されますね~(笑)

おつかれさまですー^^

2013/06/03 (Mon) 07:20 | EDIT | REPLY |   

まぁかつ  

こんにちわ。

自販機で、アクエリーとかポカリーとかじゃなくて
コーラでしたかぁ~^^

コーラ美味しいすよねぇ~
自分もむしょ~に飲みたい時があります~

温泉も最高ですね~
疲れた体が回復しますよね。
そのあとのビールがもっと最高ですよね~(^^♪

2013/06/03 (Mon) 12:56 | EDIT | REPLY |   

morpheus  

ぴょんたんさんへ

日焼けとのどの渇きとの我慢大会でしたが、以前ぴょんたんさんにお勧めいただいた通りのすばらしい高原でした。

次回家族での再訪リスト入り決定です!

2013/06/03 (Mon) 19:03 | EDIT | REPLY |   

morpheus  

まぁかつさんへ

そう!コーラでした〜。
なぜかな、、炭酸のシュワ〜が欲しかったのでしょうね。

こういうときの体からの欲求は生理的に正しいことが多い(と信じている)ので、コーラが正解だったのだと今でも思ってます。

温泉も最高で、その後のほんとのシュワ〜〜は至福のひと時でした!

2013/06/03 (Mon) 19:06 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment