Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you.

あしたキャンプか山に行こう!

14
2019  14:23:47

やっと雲ノ平へ


皆様こんにちは。

管弦楽団の演奏会が終わり、やっとパソコンに向かう時間ができましたので山記事の続きを、、、


気がついたら10月ももう半ばになってしまいました。

山記事はまだ半分手前という鈍行で進んでおります2019夏登山。

写真を見てもなんだったか忘れそうで焦り気味。


今回はやっと雲の平入りします。



2019年夏山記事一覧
1)下山報告:令和元年夏山は水晶岳に向かって はこちら
2)8月3日:新穂高からわさび平 はこちら
3)8月4日:小池新道からヤッホ〜 はこちら
4)8月4日:鏡平から双六へはこちら
5)8月5日:双六から黒部源流はこちら


2019年8月5日朝、黒部川源流を渡渉した我が家、つぎは登り返しですが、、

さて、登りますか、、、

只今9時30分。この登りが過ぎればあとはフラットな道だしね。

P8050630_th.jpg

この辺り、しばらく写真がないことに帰宅後気付きましたが、まあそういうときはいつも余裕がない時ですよね。

三俣から黒部川渡渉までの下りで、前日痛めた左膝外側の腱がやばい感じになっておりましたのでね。


P8050637__th.jpg

とはいえ、槍ヶ岳と三俣山荘の見える高さまでなんとか登ってきました。

微妙に雲が邪魔してますけど、ここまで雨にも降られず、行程としては順調です。



P8050639__th.jpg

余裕がないとはいえ、登りはさほど痛みもないからいいけど、

この段差の大きな坂道を下りで使うのは嫌だなあ。

帰りはどうしようか、、、と考えながら。


P8050641_th.jpg

娘たちは順調に進んでいるようなので、ここで一休み。

いよいよしんどいときは靴を入れて写真を撮る。

10時13分 ここがこの日の疲労のピークだったようです。


P8050645_th.jpg

10時20分、痛みを我慢しながら上り坂最後のハイマツのトンネルに突入。


トンネルを抜けると、

待っててくれた奥様と娘。

P8050648__th.jpg

遅いよー、大丈夫?

まあ、なんとか^^;;


P8050657_th.jpg

雪渓横でパーティとすれ違い、

P8050664_HDR_th.jpg

振り返ってみると、、、


P8050666__th.jpg

おお。。

西鎌もそのうち家族で歩きたいものだねえ。



P8050668__th.jpg

ハイマツの林を抜けると

P8050674_th.jpg

ケルンがあちこちに。


P8050678_th.jpg

11時 日本庭園



P8050680_th.jpg

祖父岳の中腹を回って進みます。

P8050684__th.jpg


P8050687_th.jpg

祖父岳の赤い溶岩や黒い溶岩が沢山。

雲の平は祖父岳の噴火できた溶岩台地。


P8050690_th.jpg

薬師岳の手前に雲ノ平山荘の赤い屋根が見えた!

けど見えてからが割と長いっていうお約束。


P8050697_th.jpg

こちらは2013年の雲ノ平山行では登れなかった水晶岳。

北アルプスでも登山口から最も遠いため、ちょっと気合を入れて計画しないと到達できない、
北アルプス最深部の百名山です。

6年越しの宿題に再チャレンジ。



P8050703_th.jpg

11時30分 祖父岳分岐



P8050706_th.jpg

昔はここを降りれば見えている雲の平のテント場到着って道。

今は通れませんから、画面右からぐるっと巻いて正面からアプローチします。


P8050708_th.jpg

一度岩苔小谷側を進んで、、

P8050713_th.jpg

木道に入ります。

山荘も見えているね。


P8050718_th.jpg

木道を暫く進むと、

P8050723_th.jpg

12時28分 キャンプ場分岐。



P8050732a_th.jpg

お、テント少なっ!


トイレと水場の間の、フラットなテン場に速攻で張りました。


P8050729_th.jpg

水場。

豊富な水量でキンキンに冷たいっていう贅沢。


P8050730_th.jpg

ここの水、本当に美味しいです。

ね!




さて、空身で出かけよう。

あの可愛らしい山荘に。

P8050747_th.jpg

テン場から山荘まで20分かかるってのがちょっと遠すぎ、、、、ってのはあるけど。


P8050757_th.jpg


道すがら、花や景色を楽しみながら進む20分は贅沢な時間でもある。

そういえば、双六では咲き誇ってたコバイケイソウが、雲の平ではほとんど見られず。

2013年はここらもコバイケイソウの白い花が絨毯のように広がっていたけどね。



P8050760_th.jpg

はい山荘到着。

P8050762_th.jpg

14時ジャストです。




P8050764_th.jpg

なんでこんなに遠くに山小屋を建てるの〜?キャンプ場の横に立てたら良かったのに〜!

って娘の無茶なリクエストに苦笑いされてました(笑)



P8050767_th.jpg

乾杯〜!


P8050772_th.jpg

私は台湾風チキンライスを頂きました。


P8050765_th.jpg

星の王子様を読んだり、、


P8050769_th.jpg

ホットカルピスでほっこりして過ごしました。






P8050775_th.jpg

さて、テン場に帰りましょう。


P8050776_th.jpg

雲が増えてきて、若干涼しくなってきました。

P8050781_th.jpg

高地の夕方は早いです。




P8050786_th.jpg

テントは少し増えたかも。

まだまだ余裕ですね。




16時から17時まで小雨のため、お昼寝。

P8050787_th.jpg

夕食にします。


P8050789_th.jpg P8050790_th.jpg

ベーコンブロックをステーキに。



P8050795_th.jpg

旨し。



P8050797_th.jpg

あとはなんだっけ?

パスタだったか、、、?

記録がなく、忘れちゃった(笑)



P8050802_th.jpg

夕暮れ。


P8050816_th.jpg

明日はどうしようかな。

計画では水晶岳を空身で往復なのですが。

女性チーム2人のコンディションは良いようですが、

私は膝の痛みが気になるところ。


P8050837_L_th.jpg

奥様と作戦会議しながら、20時前には床につきました。




出発時刻/高度: 04:50 / 2550m
到着時刻/高度: 12:37 / 2555m
合計時間: 7時間47分
合計距離: 10.26km
最高点の標高: 2759m
最低点の標高: 2394m
累積標高(上り): 655m
累積標高(下り): 638m
平均気温:28.9 °C
最低気温:21.0 °C
最高気温:35.0 °C
消費カロリー:2,208kcal

関連記事

 登山・トレッキング 2019年8月 雲ノ平〜水晶岳

 雲ノ平 日本庭園 祖父岳 雲ノ平山荘

4 Comments

しょもな  

たいへん、ごぶさたしてます。
雲ノ平行かれたんですか〜、いいですねぇ。
山記事読んで行った気になります。

2019/10/16 (Wed) 01:26 | EDIT | REPLY |   

mor  

しょもなさん

しょもなさん
お久しぶりです。
おげんきですか。
雲ノ平は広大な風景で、本当に気持ちの良いところでした。
日本最後の秘境って言いますもんね〜
コメントありがとうございます!

2019/10/16 (Wed) 08:10 | EDIT | REPLY |   

くるママ  

超お久しぶりです!
相変わらずの綺麗な写真のオンパレードですね。
ゆっくりでいいんでupしてくださ~い!
楽しみにしてます!

2020/01/23 (Thu) 20:59 | EDIT | REPLY |   

mor  

くるママさん

ご無沙汰してます。
そうなんですよね〜。
雲ノ平到着でどんだけ休憩してんのって、笑
ありがたいお言葉を受け、下山までかけるようがんばります。

2020/01/24 (Fri) 09:26 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment