Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you.

あしたキャンプか山に行こう!

29
2013  04:16:20

吸い込まれるような青空の主峰久住山へ!

さて、九重連山は1700m級の火山が沢山。

主な頂だけでも、
久住山 (1,787m) - 主峰
中岳 (1,791m) - 九州本土最高峰
稲星山 (1,774m)
星生山 (1,762m)
三俣山 (1,745m)
大船山 (1,786m)
北大船山 (1,706m)
平治岳 (1,643m)
などたくさんあって、登山道もいくつもルートがありますね。


でも主峰と九州本土最高峰は登らなきゃね!

いつ登るの? 今でしょ!(笑)

てことで、

201305KujyuRenzanBougatsuruKujyuzan.jpg

坊ガツルー法華院温泉山荘ー北千里浜を経由するコースで久住山に向かうことに決定!


201305Bougatsuru061-.jpg

10時10分 標高1241m 坊ガツルのテン場から法華院温泉山荘に向かいます。

長者原から坊ガツルまではこちら

ポチッ ポチッ にほんブログ村 アウトドアブログへポチッ
 ブログランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします〜


201305Bougatsuru063-.jpg

玖珠川の源流、鳴子川を渡ります。

201305Bougatsuru062--.jpg

手を浸けてみると、まあ冷たい水!


201305Bougatsuru064-.jpg

爽やかなハルリンドウの青を楽しみながら進んでいきます。

201305Bougatsuru065__-.jpg

振り返ってテン場を見れば、木道の向こうに赤いMyテントが見えます。

ヒルバーグのソウロを買うとき赤か緑で少し迷いましたが、赤にしておいて正解でした。

遠くからも自然の中で浮き立っていて、場所を特定しやすいですね。



201305Bougatsuru066-.jpg

10時30分 法華院温泉山荘に到着

登山道は山荘の向こうに続いています。


201305Bougatsuru067-.jpg

10時40分 立派な砂防堤のところで振り返ると、

201305Bougatsuru068-.jpg

山荘の屋根が見えますね。

この辺りまでは舗装されているところもあります。


201305Bougatsuru070-.jpg

10時56分 標高1415m だんだん急坂になってきて、振り返ると坊ガツルが見下ろせます。


201305Bougatsuru069-.jpg

右手に三俣山を眺めながら登っていきます。


201305Bougatsuru071-.jpg

11時01分 標高1440m 大きくスガモリと書いてある岩が見えたら


201305Bougatsuru073-.jpg

11時05分 すぐに北千里浜に到着です。


201305Bougatsuru072-.jpg

この辺りまでの登りはこんな礫の道で歩きにくいのですが、


201305Bougatsuru074-.jpg

ここから先はフラットで白い砂の道!

201305Bougatsuru075-.jpg

ほら! すごく快適に見えるでしょ?

でも踏み固められることのない砂地は足が微妙に沈み込むので見た目ほど楽じゃないですね。

フラットだからって土の道のようには楽に進めません。

それから白い砂は照り返しがすごい!

実は紫外線にじわじわとやられちゃってることに気づくのはこの後で、太陽を甘く見ていてSPF50の日焼け止めを塗らずにテントに置いて来てしまったことを後悔するのです。



201305Bougatsuru076-.jpg

11時16分 諏蛾守越の分岐に到着。奥に見えるのは三俣山。

道標奥が坊ガツル、手前が久住山、左が諏蛾守越方向。

久住方向に進みます。


201305Bougatsuru077-.jpg

この辺り、黄色い矢印やケルンが沢山。

こんなに見通しがいいのに何で目印がたくさん必要?って思われるかもしれませんけど、ガスで見通しが悪いときはこんなに広い道は逆に危険です。

一旦あらぬ方向に進んでしまうと方向が分からなくなって、遭難事故で亡くなった方もたくさんおられたのだそうです。

ガスで視界が利かないときはコンパスと地図は命を守るために必携。
もちろん好天でも持っていなければいけませんけどね。


201305Bougatsuru078-.jpg

11時21分 硫黄山(1580m)に近づいてきました。

ここ北千里浜は周りの緑の山々とは別世界の趣ですね。

硫黄山からの煙や、白と焦げたような灰色、赤茶けた土と硫黄の匂い、左右の岩の斜面に囲まれた荒野が続くのです。

あっちこっちにケルンがあって、「賽の河原」って本当にこんな所かもしれない。


201305Bougatsuru079-.jpg

11時33分 久住⇔スガモリ 分レ で後ろを振り返ります。

硫黄山を右後方に通り過ぎ、徐々に高度を稼ぎます。



201305Bougatsuru080-.jpg

11時41分 久住分れの稜線が見えます。

しかし暑い、、風が吹かない、、口がカラカラ! 水飲まなきゃ。

ええと、前に勉強した登山時の望ましい水分補給は、、、体重(kg)×時間(h)×5(ml)

ってことは今日は6時間程度の予定だから、、1800mlか、、

しまったな。今日持ってきている水は700ml。半分以下じゃん。

プラティパスでもっと持って来れば良かった。

節約しながら飲まなきゃ。



上の写真の中央部分、黒い固まりが次の写真

201305Bougatsuru081-.jpg

11時52分 標高1580m 大きな岩の道。段差が大きくて、実はこの日一番しんどかった登りはここ。

それにしても天気良すぎ!なんでこんなに暑いんじゃ〜!って思いながら登ってましたが、わがままですねえ。

大きな岩の陰で休みたい衝動に駆られながら、、、大して距離を稼いだ訳でもないのにね。

人間は気を抜くとすぐに不平不満の生き物になってしまうんだな。

不幸も幸せも、良いも悪いもすべて人間の価値観が決めること。

同じ物事でもありがたいと思える認知の柔軟性が幸せへの近道。

そんな人間になるよう努力しますので、どうか賽の河原にはまだ連れて行かないでおくれ〜。


201305Bougatsuru082-.jpg

後ろを振り返るとそれなりに登ってきましたね。


そして

201305Bougatsuru083-.jpg

12時00分

201305Bougatsuru084-.jpg

標高1600m 稜線です。久住分れに到着!

予想通り、涼しい風がキタ〜 〇(≧▽≦)〇゛ ああ〜心地いい!

201305Bougatsuru085-.jpg

前方の岩のごつごつした頂が久住山!

いざ!


201305Bougatsuru086-.jpg


しばらく進んでいると、後ろから何やら明るい元気な声が、、、

お!子供たち!

どこかの学校の行事だね。

そういえば、私が初めて久住山に登ったのは中学校の修学旅行でした。

久住山に登ったということ以外あまり覚えていなかったのですが、今から考えてみると、この子供たちと同じルートの牧の戸峠からのピストンだったんだな〜と分かりました。

久住山登山の最短コースですね。



かわいらしい子供たちの声が近づいてきます。

ん? 待てよ。まずい!

あの中に入ってしまったら「こんにちは!」を何度繰り返さねばいけないんだろう!

逃げろ〜

201305Bougatsuru087-.jpg

ってことで、歩みを速めて、、


201305Bougatsuru088-.jpg

12時30分 久住山山頂に到着!!


201305Bougatsuru090-.jpg

標高は1786.5m 九重連山の主峰です!

青空バックに同化してますか?(笑)

201305Bougatsuru092-.jpg

山頂から登ってきた方向を見渡すと、右から三俣山(1744.7m)、硫黄山(1554m)をはさんで左側に星生山(1762m)が見えます。

三俣山が本当に三つ又に見えるんだね。



さて、お昼です。

行動食には初めてこれを用意してみました。

201305Bougatsuru093-.jpg

● C2MAX配合→消化吸収にやさしく、持続的なエネルギー補給が可能
● 低脂質:エナジャイズバー1本あたり2g
● 汗と共に失うナトリウムの摂取が可能
● 化学調味料不使用
● 保存料不使用
● 合成着色料不使用
● 運動前の30分から1時間前に摂って万全なスタートを



201305Bougatsuru094-.jpg

食感はでっかいフルーツキャラメル。要するに、甘い! そりゃあ携帯性優先かつ高カロリーで200kcalだもんね。

ゲルマン系のお味(?)で、繊細さは感じないけど高機能行動食にそれは期待できないかな。

日本のメーカーがこういう高機能食品を出してくれればいいのにな。

このタイプの行動食、サクッとドライな食感の方が好みなのですが、それは体に余裕のあるときの話。

登山中、特にこの時はごく軽い脱水になってたはずで、、口の中がカラカラ。

登山の指南書に書いてある通り、ウェットな食感の方が食べやすいのだと分かりました。

この辺はクリフバーと同じですねー



用意して持っていったけど今回は食べなかったベリーブラスト



他にもチョコレート、バナナ、バニラがあります。







食べ比べしてみたいけど、濃いーので、行動食としてじゃないと積極的には、、、ね。

でもこの後たまたま同じようなルートを歩いて登山道の分岐ポイントで何度かご一緒した男性が(私よりずいぶんスピードが早く、多くのピークを登頂されていたということもあるのでしょうけど)「下山後に足がけいれんする感じがしましたよ〜。」と下山後の坊ガツルで言われていたことを考えると、塩分補給やエネルギー補給に【Power Bar】ENERGIZEが役立ったんじゃないかな。疲労はあったけど特に支障はなかったですから。

次回も手元にあるベリーブラストにバニラも追加して持っていってみよう。


でも本当は時間と体力に予裕があれば、水やコッヘル、ストーブも歩荷して山頂でクッキングしてみたいなあ。



さて、糖質補給完了したので、吸収されてエネルギーが産生されるまでの間しばし休憩です。

山頂の一番奥で岩に腰掛け、フラットな岩に横になってお昼寝しました。

続きは次回!
関連記事

 登山・トレッキング 2013年5月 九重連山

 久住山 硫黄山 北千里浜 Power Bar ENERGIZE

14 Comments

りんpapa  

あれっ^^ 
偶然にも 僕も妄想計画してました 
ファミリーでバックパックキャンプ
坊ガツル→久住山 (いつになるかわかりませんが。。。)

モルペウスさんのおかげで
気分が上がってきましたよ(^^♪

来月初旬~中旬がミヤマキリシマ満開なんでしょうけどね
行きたい。。。^^

2013/05/29 (Wed) 07:34 | EDIT | REPLY |   

morpheus  

りんpapaさん、行って行って!

天気がよければ坊ガツルまで家族で!

子供が一緒だと倍の時間をみておいた場合、3時間から4時間くらいかな?

長者原から坊ガツルまででもミヤマキリシマのつぼみがワンサカあったもんね。

先日は、私「いつ咲くの?」 ミヤマキリシマ「まだでしょ!」(私ガクッ、、)
来月に備えてフライングしてるお花以外は開花待機してましたよ。

りんpapaさん家からは梅雨の晴れ間を狙ってアクセスできる距離!?

ベストシーズンレポしてくださーい!

2013/05/29 (Wed) 08:52 | EDIT | REPLY |   

genzo  

こんにちは(^.^)

晴れが必ず味方にならないんですねー
でも、晴れの方が良いですよね(^^ゞ

>不幸も幸せも、良いも悪いもすべて人間の価値観が決めること。
>同じ物事でもありがたいと思える認知の柔軟性が幸せへの近道。
いや~、グッときましたよ(^^
登山も柔軟性が必要な感じがしますね

学生を見たときmorpheusさんの対応が・・・(笑

続き楽しみです(^^

2013/05/29 (Wed) 10:19 | EDIT | REPLY |   

まぁかつ  

こんにちわ。

いい天気でいい景色最高ですね~
なんか、山に行ってみたいな~と思えました。

自分も学生を見たときのmorpheusさんの
対応がなんか笑えました~。
たぶん、自分もその場にいたら
にげろ~って感じですかね~^^;

自分もつづき楽しみにしてます~

2013/05/29 (Wed) 10:53 | EDIT | REPLY |   

NAO  

はじめまして☆

キャンプの様子・トレッキング読ませて頂きました。
仲良し家族のほのぼのした感じがこちらの気持ちも
ほんわかしてきました。

良い天気・良い景色に恵まれて良かったですね。
糖分・水分の大切さもよく解りました。
これからどんどん暑くなるので、より必須ですよね。

2013/05/29 (Wed) 11:03 | EDIT | REPLY |   

morpheus  

genzoさんへ

そうなのです。晴れが必ずしも味方とは限らないですねえ。
でもやっぱり晴れがいいです。
魂がやる気で満たされますものね。
糖質だけじゃあ魂は満たされません!はい!

かくあるべしって確固とした価値観は、人生において高いところを目指して進み、豊かになるかもしれないけど、自分を苦しめることになるかもしれない、、、。
すべてから自由になりたいな〜と考えながら登る。
すべてって何?って考え出す。
すると分からなくなる って繰り返しのエンドレスですね〜。

逃げろ〜受けました?
自分も逃げながら受けてました(笑)

2013/05/29 (Wed) 12:40 | EDIT | REPLY |   

morpheus  

まぁかつさんへ

いやあね。いつもなら逃げないと思うのですよ。
いつもなら「っちわ!」って50回でも言うでしょうね。

でもたぶんこのときは余裕がなかったんだな。
口の中はカラカラで、この日一番しんどい登りが終わったところで、、、。

頼む〜話しかけないで〜そっとしておいておくれ〜。って感じ(笑)

考えてることと行動のこのギャップに自分で苦笑しながら早歩きで登頂!
わーい追いつかれなかったぜ!ってサングラスで隠した控えめドヤ顔の登頂記念写真でした(笑)

2013/05/29 (Wed) 12:54 | EDIT | REPLY |   

morpheus  

NAOさん初めまして!

なんだか仲良し家族、、っていわれちゃうと照れますね^^
3人の子育てでバタバタしてますから結構戦いの日々なのですが、それも含めて仲良し家族ってことでOK?

NAOさんも登ってますね〜
関東は手頃な山と山登りの文化があるので羨ましいです。

これからもよろしくです〜 @(^ ^) /

2013/05/29 (Wed) 13:37 | EDIT | REPLY |   

ぴょんたん  

ほんとー^^
吸い込まれるような空だね♪

最高のお天気に素晴らしい景色。
羨ましい・・・(笑)

2013/05/30 (Thu) 00:20 | EDIT | REPLY |   

morpheus  

ぴょんたんさんへ

同じ5月でも雨風が吹くと遭難しうる立派なお山なんですよね〜。
これ、ぴょんたんさんのレポで予習していたのです。
でも登山予定日の天気予報が当初曇りでしょ、、って思っていたら曇りのち晴れ→晴れ?!って良くなっていったのでした。
こんなラッキーもあるんだな〜。

2013/05/30 (Thu) 07:01 | EDIT | REPLY |   

もえここ  

うわぁ〜凄い青〜
こんな空に眺望〜テンション上がりますね〜(^ω^)

水分の配分難しいですね〜^^;
トイレの問題もあり、なるべく控えますが…
遮るものがない太陽だと飲みたくなりますね〜(≧∇≦)

2013/05/30 (Thu) 08:47 | EDIT | REPLY |   

koba*  

お疲れ~ス

morpheusさん!(^o^)/

チッキショ~ヘロヘロ感まったくないレポだ~   ( ̄s ̄; チェッ

天気が良くて良かったね…         (((((¬_¬) フンッ

……

ここは久住キャンプ場の近く?名前は聞いたことあるな

よさげなキャンプ場のような

子ども達と挨拶のくだりは超うけたニャハハ(*^▽^*)

さあ下りだ、ヘロヘロ下山希望m(_ _)m

2013/05/30 (Thu) 14:04 | EDIT | REPLY |   

morpheus  

もえここさんへ

青い空に導かれるように歩いていましたが、、水、、たしかにトイレ問題もありますね〜。

ゴクゴク飲みたいですけど、本当悩ましいところですよね。

2013/05/30 (Thu) 21:32 | EDIT | REPLY |   

morpheus  

koba* さんへ

ヘロヘロ感ない?ない?

やったぜ隠し切ったぜ!えっへん (`⌒´)!!

晴天に文句言ってる久住分れの前、ハーハー・ドキドキ、息切れ・動悸とつき合いながら、、あ〜も〜やだ!って感じだったデスヨ!

ヘロヘロ下山はヤバいヨ〜。

転倒・滑落注意だからね! f(^_^;

2013/05/30 (Thu) 21:41 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment