Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you.

あしたキャンプか山に行こう!

20
2019  06:20:22

新穂高からわさび平



2019年夏山記事一覧
1)下山報告:令和元年夏山は水晶岳に向かってはこちら


皆様こんにちは。morです。

令和元年の夏、8月3日から1週間、今年も北アルプスの山々に登りました。

この1年めっきり投稿回数が減っておりますが、「今年の夏山はブログに書いてね」って娘からの依頼もあり、少しづつまとめて参ります。


P8030004_thb.jpg
とりあえず深山荘横登山者用駐車場からレッツゴー!


昨年は奥様のギックリ腰疑惑で本格登山は控え、ロープウェイを使って西穂山荘から西穂独標までとしました。

今年は、昨年諦めた雲ノ平と、我が家はまだ登っていなかった水晶岳(6年前にできた宿題)を目指します。

娘は6年前は4歳でお留守番でしたので、今回は娘と一緒に雲ノ平に行きたいという親の勝手な願望で雲ノ平は決定。

娘的には水晶岳?水晶??? 行きたい!☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆ってことでこちらも決定しました。

お兄さんたち?家族登山は「家族5人で槍ヶ岳」を最後にご卒業です。


雲ノ平へのアクセスですが、折立からのコースもしばしば利用されていますね。
でも我が家からは新穂高までより少し遠いことと、知らない登山口より慣れたところが心理的に楽だよねってことで今年も新穂高から入ることに決定。


次は初日にどこまで進むのかが問題。

map_shinho_wasaidairath_thb.jpg

6年前の新穂高から雲ノ平の山行(一覧はこちら)のときには、早朝3時に深山荘横の登山者用駐車場を発って一気に双六小屋のテン場まで進む計画でしたが、見事に鏡平で断念(断念記事はこちら)した我が家。

奥様と事前に作戦会議。

2013年の新穂高から双六までの反省点は下記3つだよね
1)8月の暑さ、特にあの日差しの厳しさ
2)ザックの重さに悲鳴を上げた私の脚の貧弱さ
3)登山経験の少なかった息子たちのテンションの低さ

そこで今年は
1)小池新道にもっと早く入って、涼しいうちに標高を稼ぐ
2)ザックの軽量化と足腰トレーニング
3)10歳の娘も含めて、親は6年前よりはレベルアップ(してるはず)



立てた計画は次のような行程です。
20190819221212779s_thb.jpg 2019081922121132es_thb.jpg

昨年夏に立てといた計画のまんまですけど。
初日はわさび平まで。翌朝は5時わさび平発としていますが、可能な限り早く出ようという計画。

昼食は基本的に小屋食。これはこの数年我が家のパターンですね。
移動中に料理を作る余裕はないし、クリフバーやPowerBarなど行動食は意外に重いので。
ご飯物はアルファ米、汁類はアマノフーズを大活用です。
テンションアップ食料は、真空パックロースト鴨肉(実際は3パック)と真空パックベーコンブロック(1パック)。
やっぱ肉大事。

カメラは結局OM-Dにレンズを1本持っていくだけで、GRは持って行かず。
その他あると便利系のグッズもかなり省略して、今回は6年前より大幅にコンパクトに。
ザックも私38L、奥様40Lに収めることができました。
重量も私15kg+カメラ+水750ml、奥様13kg+水750ml、娘4kg+水750ml。
6年前は私19kg+水1L、奥様15kg+水1Lだったようなので、これだけで随分軽量化実現です。

尚、トレーニングもちょっとやりましたよ。
6月ころから腰にウェイトを巻いて階段登り降りを、、、何回やったかな、、(笑)



ってことで8月3日

お昼に深山荘横登山者用駐車場に到着すれば、満車であっても下山者と入れ替わりで駐車できるはずって見込みはまさにそのとおりで、到着後程なく駐車できました。

P8030005_thb.jpg

12時18分駐車場発なのですが、


まずは、早速腹ごしらえ

P8030012_thb.jpg

新穂高ロープウェイ駅でざるぶっかけ。






P8030017_thb.jpg


13時23分登山口です。

予定は14時登山口。
6年前はこの時点で予定を40分遅れてたからね。

今日は気楽だわ。


P8030027_th.jpg

たらたらと登る林道。

運動不足の身には、初日としてはまあ適度な負荷で良いんではないかな。


P8030034_thb.jpg


13時47分 お助け風穴

天然のクーラーで涼みます。

P8030035_th.jpg

座ったら最後、なかなか動けない(笑)



P8030040_thb.jpg


14時18分 笠新道登山口


P8030047_thb.jpg


のどが渇いた人

わさび平はもうすぐそこなんだけどね。




P8030052_th.jpg

14時32分 わさび平着。



早速テント設営
P8030055_thb.jpg


今年の新人テントのダンロップVL‐36A(と言っても昨年購入していたので2018年モデルを初使用)

我が家の初代VL-44を最初に購入したのが8年前。
岩場での幕営で流石にボトムやフライに穴が増えましたので3人用に入れ替えました。

両側から出入りできて風通しも良いのでお気に入り。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

◇プロモンテ・VL-36A【2019年限定モデル】
価格:59400円(税込、送料無料) (2019/8/20時点)

VL-Series 2019年限定モデル
2019年モデルは、落ち着いたライトブラウンのフライシートにアイボリーの本体パネル、ブラウンのグランド部という自然に調和するシックな色調のテントです。





P8030059_thb.jpg


わさび平の光景といえば、野菜や果物の沢山浮かんだ丸太の桶。

もちろん下山時のお楽しみに。

P8030061_thb.jpg


夏休みの自由課題で水に浮かぶものと沈むものを調べるって言ってた娘。
浮かんでるトマトと沈んでるトマトは何が違うのかな?


P8030068_th.jpg

わさび平横を流れる美味しい湧き水。

水面に霧が立っていて、涼しいというか冷たくて脚がつけていられないのが夏の山の流れですね。


P8030076_th.jpg

ここでの水遊びが相当楽しかったようです。



っと、びっくりも一つ。

「釘が刺さった〜、足にチクッときたけど、、」

>なぬ?!!

「怪我はしなかったよ〜」

P8030071_thb.jpg P8030072_thb.jpg

娘のサンダルに刺さった鉄釘。

足底に怪我はなく、ギリギリセーフでしたが、ヤバかったね。

足底に怪我してたら今年の山行はここで終わりだったね〜。w( ̄o ̄)w




P8030080_thb.jpg

冷えたシュワシュワが誘惑しますが、明日に備えて今日は我慢です。


P8030083_thb.jpg P8030078_thb.jpg

皆さんゆったりくつろいでおられました。


P8030084_thb.jpg


ちなみにわさびも丸太桶で栽培中でした。



P8030091_th.jpg

夕食は豚汁を作ってコンビニおにぎりと一緒に簡単に済ませ、お友達になった兄弟くんとお別れして早めにお休みしました。

初日はあっさりこんなところで。




距離:4.17 km
タイム:1:17:57
平均速度:3.2 kph
高度上昇:327 m
高度下降:16 m
最低高度:1,108 m
最高高度:1,419 m

平均気温:32.3 °C
最低気温:31.0 °C
最高気温:34.0 °C

平均心拍数:156 bpm
最大心拍数:170 bpm


2日目(8月4日)に続きます。
関連記事

 登山・トレッキング 2019年8月 雲ノ平〜水晶岳

 新穂高 わさび平 深山荘

0 Comments

Leave a comment