Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you.

あしたキャンプか山に行こう!

--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

30
2017  06:06:52

ついに槍の肩へ!


今週から急に仕事が忙しくなっております。

更新も滞り気味になっておりますが、書ける範囲で書いていかないと忘れてしまいそう。

少しずつでも進んで行こうと思いますのでお付き合いください。




我が家の夏山2017も3日目、8/10の朝になりました。

20170810Natsuyama2017 - 1_th

4時50分 殺生のテン場は心地の良い朝を迎えましたよ。



これまでの記事はこちらからどうぞ。
その1) 2017年 夏山 帰還報告
その2) 8月8日 夏山2017 槍ヶ岳に出発! <上高地から横尾編>
その3) 8月8日 台風の残り雨、5kmの登りがきつかった〜 (; ̄д ̄) <横尾からババ平編>
その4) 8月9日 青空に槍ヶ岳キタ~♪─O(≧∇≦)O─♪ <ババ平から殺生編>
その5) 8月9日 殺生の午後 シエスタで槍ヶ岳鑑賞〜♪ <殺生でまったり編>









20170810Natsuyama2017 - 2_th

先に起き出した私、朝焼けを1人眺めています。

期待を裏切らない、やさしい空のグラデーション。




20170810Natsuyama2017 - 3_th

南アルプスの向こうに富士山も!

これも年賀状に採用決定かな♪




5時を過ぎると朝日がさらに近づいて来ました。

20170810Natsuyama2017 - 4_th

おお〜


20170810Natsuyama2017 - 5_th

ついに、遠景には何度も眺めてきた槍ヶ岳のモルゲンロートに包まれる瞬間だよ。

至福の時間です。



20170810Natsuyama2017 - 6_th

さあ、今日はあの頂に向かいます。


20170810Natsuyama2017 - 7_th

槍の穂先で御来光を迎えている方もおられるよう。

明日の朝、晴れていれば我が家も、、!





20170810Natsuyama2017 - 8_th

朝食は梅わかめご飯で簡単に済ませて、、


20170810Natsuyama2017 - 9_th

6時30分に撤収完了。



20170810Natsuyama2017 - 10_th

さあ出発です。

朝日が眩しすぎ〜



20170810Natsuyama2017 - 11_th

殺生から槍ヶ岳まではたった1km



20170810Natsuyama2017 - 12_th

今日もテントやバーナーを息子達が担ぎ上げてくれました。

お天気で荷物が軽いって、素晴らしい♪




20170810Natsuyama2017 - 13_th

結構な急登ですが、気分はルンルン♪



20170810Natsuyama2017 - 14_th

だけど、槍の穂先は近づくほど、だんだんベチャッと見えるようになるし(笑)



20170810Natsuyama2017 - 15_th

やっぱ離れて眺めるものだなあとか思いつつ、一歩一歩。


20170810Natsuyama2017 - 16_th

7時14分 常念岳から蝶ヶ岳に続く稜線がよく見えました。


20170810Natsuyama2017 - 17_th

さあこの分岐を左折すれば目的地はもうすぐ。



20170810Natsuyama2017 - 18_th

槍の肩に到着です♪



20170810Natsuyama2017 - 19_th

道端のヨツバシオガマの向こう、穂高の峰々がよく見えました。

この辺りで標高3080mです。



20170810Natsuyama2017 - 20_th

7時20分 テン場受付! 

今までの山旅で最早記録達成 (๑˃̵ᴗ˂̵)و 

歩く距離の短い山登りが多い我が家でも、流石にこれは初めてです (笑)

今回最初に予定していた南岳から縦走するコースでは、到着は恐らく9時を過ぎていたでしょうね。


大人気山テン場のこちら、サイトは受付時に指定されます。

この時間は指定されるっていうより、テントのサイズを小屋番さんから聞かれ、テン場の広さと相談して決めるって感じでしたが。

流石にこれだけ早い時間だと、超人気のここのテン場も選び放題でして、、 (*≧∀≦*)

我が家的にベストなサイトをキープしました〜! ヽ(*゜∀゜*)ノ♪;;



20170810Natsuyama2017 - 21_th

そのサイトに移動中〜







さあ、今日のテン場はこちら!

槍ヶ岳山荘テン場、サイトA & B

数少ない、槍の穂先と山荘が見える側のテン場です!

20170810Natsuyama2017 - 22_th

ここに張りたかったんだ〜。

前回ここに来た5年前からの願いが結実。

C、Dなどはコンパクトサイズなテントには大丈夫なようでしたが、我が家の大きめ2人用サイズは入るか微妙。

微妙というより、ヤヌーは短辺は150cm程ですが、長辺が3m越えの340cmで設営困難は確実。

1から始まる数字のテン場は南岳方面の斜面で槍が見えず。

サイトBは目測で150×400cm程度のテントは設営可能でジャストサイズ!

この時点でかなり幸せです。



さあ、テン場キープでザックを下ろして、穂先に登るよ!

朝の天気が安定している時間が狙い目。

ザイルとカラビナ、スリングとヘルメットの用意はいいかな?




気合を入れて、空身で望む槍の穂先、なのですが、そろそろ出勤時刻でございます(笑)

穂先の頂上に向かうこの山旅のクライマックスは次回とさせていただきます!

ではみなさま今日も良い一日を!


関連記事

 登山・トレッキング 2017年8月 槍ヶ岳

 槍ヶ岳 殺生 槍の肩

- 8 Comments

アルペン猫  

こんにちは!

お写真が素晴らし過ぎて、こんな世界がこの世に存在するんだ~と、そんな感想でいっぱいです。
最高の場所にテントが張れて、初日に雨にやられてしまったのはそれなりに意味があったのかもとの印象を受けました。
槍ヶ岳登頂、どんな道なのか、どんな景色が待ち受けてるのか、こちらまでドキドキです!

2017/08/30 (Wed) 23:50 | EDIT | REPLY |   

しょもな  

こんばんは。
良い場所に張れて良かったですね。
それで、ついに穂先へ。最高の景色で良いコースですね。
いつかは僕も(笑

2017/08/31 (Thu) 01:06 | EDIT | REPLY |   

rara  

良い場所にテント場が確保できて良かったですね。、
近づくとベチャッとした槍ヶ岳も面白い。笑っちゃいました。
余裕の行動でニコニコ。😊(^^♪
これからの登頂も楽しみです。

2017/08/31 (Thu) 21:50 | EDIT | REPLY |   

mor  

アルペン猫さん

こんにちは。コメントありがとうございます!
今回のテン場は何処もタイミングよく晴れて良かったです。
土砂降りの初日でさえ、フラットだったので最悪ではなく(笑)
槍ヶ岳登頂記事も急いで書かなければ〜。

2017/09/01 (Fri) 07:25 | EDIT | REPLY |   

mor  

しょもなさん

しょもなさんおはようございます。
日本では富士山とともに別格の山ですよね。
でも、槍ヶ岳は子どもたちの友人にはあまり知られてないんだとか。
富士山の方が有名じゃんって(笑)
しょもなさんもぜひぜひ槍ヶ岳へ!

2017/09/01 (Fri) 07:27 | EDIT | REPLY |   

mor  

raraさん

槍ヶ岳を眺めるには少し離れた方が美しいですね。
前回5年前の槍ヶ岳でもそう思いました。
殺生に泊まったのは、そういう意味でもきっと良いなと思っての計画変更でした。
それにこの日のザックを担いでの登りが1時間で済みますしね。
同時に殺生で宿泊した登山者の多くは、殺生に張ったまま空身で穂先往復して下山されていました。
贅沢な行程で楽しめて良かったですよ。

2017/09/01 (Fri) 07:33 | EDIT | REPLY |   

みわりん  

うん、相当贅沢な行程ですね(笑)
殺生のテン場から槍のテン場へ移動する人はそうそういないでしょう(笑)

で、一番いい場所Get!
もうそれだけで全て完璧だわ(笑)

2017/09/01 (Fri) 16:15 | EDIT | REPLY |   

mor  

みわりんさん

ですよね〜。
こういう時間の使い方がうち流の登山でございます。
殺生から1km移動して、槍ヶ岳のテン場で張るってあんまりないよね〜。
だけど、山荘前にザックデポして穂先往復、そのまま西鎌を下って双六に張るって選択は、、、無いのだ(笑)
槍でゆっくりしたな〜って想い出は永遠なのです♪(笑)

2017/09/02 (Sat) 08:55 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。