Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you.

あしたキャンプか山に行こう!

--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

23
2017  18:44:07

青空に槍ヶ岳キタ~♪─O(≧∇≦)O─♪




さてさてお待たせしました。

これからがこの山旅のメインコースです。

台風が去ってお天気回復する予定の9日朝から再開ですよ。

20170809Natsuyama2017 - 1_th

8月9日 5時、テントから這い出した奥様


20170809Natsuyama2017 - 2_th

横尾尾根の稜線には強烈な朝日が差しています。

虹も見えるけど、、朝の虹は雨の予兆?
いやいや今日はそんなことはないはず。

台風一過のこの日だから、お天気回復に期待大です!


これまでの記事はこちらからどうぞ。
その1) 2017年 夏山 帰還報告
その2) 夏山2017 槍ヶ岳に出発! <上高地から横尾編>
その3)台風の残り雨、5kmの登りがきつかった〜 (; ̄д ̄) <横尾からババ平編>




20170809Natsuyama2017 - 3_th

7時に出発。


雨は降っていませんが、この先小雨も否定はできないガスの中。

レインウェアを着る派と着ない派の勢力は圧倒的に着る派が優勢。

まあ結果的には、少数派だった着ない派が正解でしたが。




20170809Natsuyama2017 - 4_th

7時25分 ここは五郎沢 地図上でみると、ヒュッテ西岳の西の沢水はここに下りてくるようです。

歩き初めから気づいてましたが、濡れて重量を増したテントが背中に食い込みます。

これが結構重いんです。

今年も筋トレは上半身中心で、下半身強化を怠ってました、、って昨年も同じことを書いた気がする。

相変わらず成長してません(笑)



20170809Natsuyama2017 - 5_th 20170809Natsuyama2017 - 6_th

7時30分 標高2,094m 槍沢大曲りで10分休憩

ガスがまだ多くて遠景は望めませんが、雨が降ってないってありがたい!

今日はカメラもデジタル一眼。

シャープな写真が撮れそう。




20170809Natsuyama2017 - 7_th

進行方向に望む槍沢上部は雪渓で冷やされて生じた空気が涼しそう。





どうやら雨はもう来なさそうだねってことで、ここで子供たちはレインウェアを脱ぎました。






そして、ゆ~っくり登りながら、だんだんと雪渓に近づくと、、







20170809Natsuyama2017 - 8_th

青空!!! 。°・(>O<)・°。キタ~




20170809Natsuyama2017 - 9_th

雪渓歩きに(^з^)-♪な娘〜



20170809Natsuyama2017 - 10_th

もちろんお約束の滑ってコロリンで、、それもまた楽し(笑)

雪渓下部まで滑り落ちていくようなところなら、ザイルで確保しますけどね。

さほどの傾斜ではないので笑っていられます。




20170809Natsuyama2017 - 11_th

この日は最初からザックなしの娘。

結構快調に歩いています。




20170809Natsuyama2017 - 12_th

9時 槍沢・天狗原分岐 標高2,350m に到着。


20170809Natsuyama2017 - 14_th 20170809Natsuyama2017 - 15_th

ドライフルーツももといちごでリチャージ完了。




さて、この分岐どうする?

20170809Natsuyama2017 - 13_th

ここから南岳に向かうには、矢印のように天狗原に向かう事になりますが、行程表ではここに8時に到着する予定がちょうど1時間遅れ。

20170808Natsuyama2017 - 5_th

まあ出発時間が1時間遅れたので当然といえば当然ですけど、この流れでは南岳山荘到着も13時を過ぎてしまいます。

南岳山荘食堂の昼食は14時半まで。

横尾尾根からの急登で遅れたら到着が14時を過ぎるかも知れないし、今日は早めのテン場到着でビシャビシャに濡れたままのテントや、少しウェットなシュラフを乾かさねばなりません。

我が家の選択、、ここは無理しないに決定。

昨日は、うちにしては結構過酷な登りを頑張ったので、今回は直接槍ヶ岳方向に向かうことになりました。

今日天狗原に行っても、天狗池は確かまだ雪の下のため、逆さ槍は見えないはず。

それに今回の山旅の最大の目的である槍ヶ岳登頂時、ピカーンと晴れたタイミングを優先したいもんね。

早朝に登頂できる可能性の高いコースを選択したことはたぶん間違ってないはず!って理由です。




20170809Natsuyama2017 - 16_th

9時15分 続いて登り再開です。

が、その前に、息子たちがこっちのテントを持つと申し出てくれました。

濡れて重量を増したヤヌーは長男のザックに。

男子部屋のアンディーJPは次男のザックに収まりました。

ここまで全然余裕だったらしい。

さすが、若者!頼りになる。



心もお天気も晴れてきたよ〜!





20170809Natsuyama2017 - 17_th

お〜緑が眩しい!* (๑˃̵ᴗ˂̵)و !

いよいよ良い予感〜。




20170809Natsuyama2017 - 18_th

お天気で足取りが軽くなった我が家のメンバーはいい感じで登って行きますよ。

私はといえば、遅れてるんじゃないですよ〜。

つづら折りの坂道を登る家族を横から写真を取りたかっただけ(笑)




20170809Natsuyama2017 - 20_th

おーいこっち向いて!って声かけにみんな珍しくカメラ目線(笑)

素晴らしい!




20170809Natsuyama2017 - 21_th

わ〜すごい。

登ってきたね〜。




20170809Natsuyama2017 - 22_th

雲より高いよ〜




20170809Natsuyama2017 - 23_th

流れる雲の日陰に入ったり、ピカピカの日向に出たりしながら、一歩一歩登っていきます。


必死だけどお盆前の静かな山道。

昨日頑張ってよかったなあ〜。



20170809Natsuyama2017 - 24_th 20170809Natsuyama2017 - 25_th 20170809Natsuyama2017 - 26_th

2540m付近の水沢で、冷たい水をごくごくと。

美味しい雪解け水。

生き返る〜





20170809Natsuyama2017 - 27_th

雪解けで夏道の出た最後の沢を横切ってグリーンバンドに登ると、



20170809Natsuyama2017 - 28_th

ついに!




20170809Natsuyama2017 - 29_th

10時30分 手乗り槍ヶ岳とご対面〜!

アイディアは娘から。

写真に写る時にもアイディアをカメラに申し出ることができるようになったようで、嬉しかったです。

そのうち注文が多くなるのかな(笑)




20170809Natsuyama2017 - 30_th

さて、もちろんここで休憩しますよ。

標高2,620m グリーンバンド



20170809Natsuyama2017 - 31_th

天狗原からの槍ヶ岳も良いだろうけど、この景色も最高だね。





20170809Natsuyama2017 - 32_th

手頃な岩の上において撮影した家族写真。

来年の年賀状の素材に採用決定♪



20170809Natsuyama2017 - 33_th

さて、20分休憩して10時50分

登りを再開します。


20170809Natsuyama2017 - 34_th 20170809Natsuyama2017 - 35_th 20170809Natsuyama2017 - 36_th

娘はるんるん♪らんらん♪の上機嫌

カメラを渡すと色々撮りながら登っています。

でも槍ヶ岳が見えてからが長いなあ。

景色も歩みもなかなか進みません。




20170809Natsuyama2017 - 37_th2

11時8分 坊主岩屋下の分岐(標高 2,665m)で先行する子供たちが待っていました。 

これはどっちに行くの〜?

もちろん左。殺生槍ヶ岳方面。


20170809Natsuyama2017 - 38_th 20170809Natsuyama2017 - 39_th 20170809Natsuyama2017 - 40_th

少しだけ進んで、播隆窟(標高2,692m)でまたまた数分の小休憩。

1828年(文政11年)7月28日に槍ヶ岳に初登頂した浄土宗の僧「播隆上人」がここを利用したんだって。




さあ、目的地はもう目の前。

20170809Natsuyama2017 - 41_th

迷いようがないので先行を許可したら、あっという間に3人で進んでいきました。




子供たちが望遠で撮影した夫婦の図。

20170809Natsuyama2017 - 42_th

かなり遅れてますね。

親をいたわる気持ちになってくれたか、、




20170809Natsuyama2017 - 43_th

次男がヘルプしに来てくれたよ〜



20170809Natsuyama2017 - 44_th

奥様のザックを担いで登ってく次男。

老後もよろしく(笑)




そして今日の宿泊地!

20170809Natsuyama2017 - 45_th

12時1分 殺生到着であります〜 * ∩(´∀`)∩♪

やっと来たね〜待ったよ〜って娘。

やれやれ、元気に登るようになったものだ。

そんな余裕あるならザック担いでよね〜(笑)







8月9日の登山データ
出発時刻/高度: 06:59 / 2000m
到着時刻/高度: 12:10 / 2870m
合計時間: 5時間11分
合計距離: 3.68km
最高点の標高: 2879m
最低点の標高: 1995m
累積標高(上り): 834m
累積標高(下り): 29m
気温: 15.7-31.0℃

ゆったりテン場編は次回でございます。




関連記事

 登山・トレッキング 2017年8月 槍ヶ岳

 槍ヶ岳 播隆窟 水沢 天狗原 殺生

- 8 Comments

rara  

わぁ~~!今日は素晴らしい眺めですね~。昨日雨の行軍があったので喜びもひとしおですね。よかった。よかった!

2017/08/24 (Thu) 01:29 | EDIT | REPLY |   

mor  

raraさん

ありがとうございます。
残雪と緑と青空、岩の灰色が本当に目に染みるような夏山の風景。
タイミングにも恵まれて、素敵な槍ヶ岳に出会えました!

2017/08/24 (Thu) 13:56 | EDIT | REPLY |   

くるママ  

綺麗な青空❗いいですね~✨
それにしてもお兄ちゃん達なんて頼もしいんでしょう😱若いって素晴らしい!今回もいい写真期待してます!

2017/08/24 (Thu) 21:30 | EDIT | REPLY |   

しょもな  

キタ〜!青空。
いい景色になってきましたね。
この先もっと期待してしまいます(笑
いやホント雨あがってよかったですね。

2017/08/25 (Fri) 00:54 | EDIT | REPLY |   

mor  

くるママさん

夏山の青い空、本当にラッキーな今年の山でした。
若いって素晴らしいです。
忍耐力はまだまだ自信ありますが、体力ではとうの昔に抜かれていますね〜

2017/08/25 (Fri) 16:47 | EDIT | REPLY |   

mor  

しょもなさん

雨が上がらなかったら、
気持ちも寝床もウェットなままでだったら、
本当にどうなってたんでしょうね(笑)
お天道さまに感謝するばっかりです!

2017/08/25 (Fri) 16:52 | EDIT | REPLY |   

アルペン猫  

こんばんは!
わあ、すごくいいお天気になりましたね!
やっぱり青い空の下でのお写真は映えますね!
息子さんたち、とても頼もしくてしっかりしてらして感心しました。
私や友人たちの間では、”夫婦で山に行くと喧嘩するよねぇ”という話が多いので、こういう家族歩きがとても羨ましく感じました^^
まだ二日目だというのにとっても読み応えありました。
続きも楽しみにしています!

2017/08/27 (Sun) 04:31 | EDIT | REPLY |   

mor  

アルペン猫さん

ありがとうございます!
青空の山は本当に気持ちが良くて、昨日ずぶ濡れになったことも忘れてしまいます(^^)
夫婦で山に行くと喧嘩、、、沢山やりましたとも!始めた頃に(笑)
初めてのオートキャンプで、子どもたちを車に載せたまま土砂降の中のタープ張り。
この時の喧嘩の想い出が夫婦共通の笑い話です〜


2017/08/27 (Sun) 08:04 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。