Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you.

あしたキャンプか山に行こう!

20
2016  20:09:23

教会と海

11月初旬、五島に行きました。

こんな遠くに行く機会があるなんて思ってもなかったので、仕事の翌日は思い切って休みを取りましたよ。


五島の旅 - 1_th

猛烈な風雨だったこの日の九州地方、福岡空港からのプロペラ機はそれなりに揺れましたが、まだ許容範囲内でした。


今回は五島観光備忘録記事です。

ご興味のある方はどうぞ。





続きの前に、ポチッと応援よろしくです!
にほんブログ村 ブログランキング
Many thanks!







五島の旅 - 2_th

福江空港到着時は小雨で、西の空は明るく、なかなかドラマチックな空。


五島の旅 - 3_th

昼過ぎに職場を立って、夕刻に福江空港到着って、東京行くのと変わんない。

実は五島は遠くなかった(笑)





五島の旅 - 4_th

さて、早速翌朝です。

ホテルの窓からの夜明け。

お天気回復。良かった〜


早起きしてネットで予習。



観光ビデオもネット上に沢山あって、便利な時代です。


さあ出発。7時半

五島の旅 - 5_th

まずは時間の関係で外から見るだけでしたが、日本の城で最も新しい、福江城。

福江城(石田城)
城壁の三方が海に面していたわが国ただ一つの海城として有名です。一万二千六百石、五島藩主の居城で、第30代藩主盛成公の時、黒船の来航に備えて造られました。これはわが国で最も新しい城だといわれ、嘉永二年(1849年)8月から15年の歳月と延べ5万人の人夫、二万両の工費を使って文久三年(1863年)に完成しました。当時は城壁の三方が海に面しているわが国ただ一つの海城として有名。現在は、本丸跡に五島高校、三の丸に資料館、文化会館、図書館が建ち、五島市の文化ゾーンになっています。

<五島の島たび【公式HP】 ©五島市観光交流課・五島市観光協会より>
以下濃紺の文字は<五島の島たび【公式HP】>からの引用です


8時20分頃 到着したのは井持浦教会

五島の旅 - 6_th

井持浦教会とルルド
五島の信徒に呼びかけて各地の石を集め、1899年日本で最初のルルドを作った。大村藩からの移住キリシタンが潜伏してきた。五島藩が塩造りの竈場で働せたという地区。1897年建立のレンガ造教会が台風で倒壊し、翌年1988年に、コンクリート造の現教会となる。1865年の大浦天主堂での信徒発見の7年前、フランスのルルドで聖母出現があった。当時の五島列島司牧の責任者ペルー神父は、1891年、バチカンにこのルルドの洞窟が再現されたと聞き、五島の信徒に呼びかけて各地の石を集め、1899年、日本で最初のルルドを作った。


五島の旅 - 7_th

幼稚園か小学校低学年時代に日曜日は教会学校に行ってたのを思い出しました。

五島の旅 - 8_th

こちらが日本で最初のルルドだそうです。

五島の旅 - 10_th 五島の旅 - 9_th

当時の石積みがそのまま大事に保存されています。




続いて大瀬崎灯台 8時40分頃

五島の旅 - 11_th

そそり立つ断崖の上に建てられた白亜の灯台。それより先は、東シナ海の大パノラマが広がる。日本の灯台50選の1つ。


五島の旅 - 12_th

灯台が立つ大瀬崎断崖は西海国立公園の特別地域に指定されている。

五島の旅 - 13_th

明治12年12月15日に初点灯。英国人R・プラトンの設計と言われる。現在のものは昭和46年に改築したもので、光力は3,700カンデラ光達距離は約22kmにもおよぶ日本屈指の灯台である。初代灯台の一部は東京・お台場の船の科学館に展示されている。また、展望台から望む白亜の灯台と東シナ海に沈む夕陽は言葉に表せない美しさがある。近くには故北村西望(人間国宝)作の祷りの女神像がある。(長崎海上保安部HPより引用)

あの灯台まで行きたかったのですが、時間が無くて断念しました。


最近知ったgoogle photoで自動的に作ってくれるgifアニメーションだと、こんな感じになります。

DSC08197-ANIMATION.gif
クリックすると別ウインドウで動くかも。

爽やかな日本海の青でした。






次、高浜海水浴場 9時半過ぎ

五島の旅 - 14_th

天然の海水浴場としては、日本一の美しさを誇る白砂の海浜。遠浅で澄みきった海で知られる五島を代表する海水浴場です。西の海上に嵯峨島を望み、緑に囲まれた白銀色の砂浜と、澄みきった海で知られる新観光百選・日本の渚百選・日本の道百選・日本の水浴場88選の地です。海水浴場としての環境やビーチハウス等も整備され、島内はもとより、県内外からの行楽客で賑わいます。魚藍観音展望所からの海の色も素晴らしく、水色、青色、藍色と深まりゆく色の変化には目を見はるものがあります。


五島の旅 - 15_th

真っ白な砂浜がなんとも南国風ですが、長崎市沖100kmの五島の砂浜です。


五島の旅 - 16_th

かなり潮が引いていたので、遠浅の砂の海底が沖まで続いていることがわかりました。
何と言ってもこのエメラルドグリーンが素敵ですね。


五島の旅 - 17_th

海の青は青空と白い砂浜、透明で澄んだ海水によってできるのですね。
サンゴ礁だけの色じゃあないことを今回知りました。




水ノ浦教会 10時半頃

五島の旅 - 19_th

水ノ浦の信徒は、五島と大村の藩の政策による1797年の外海(大野・牧野・神ノ浦)5人の男性とその妻子の移住にはじまると伝えられる。1880年には最初の教会が現在地に建ち、老朽化にともない、奥の土手を削って広げ、1938年、鉄川与助設計施工の木造の優美な現教会が建つ。

五島の旅 - 18_th

幼児達が遠足?記念撮影していました。

過疎化の進む離島では、他の地域以上に子は地域の宝。希望の象徴だなあと。


五島の旅 - 20_th

子どもたちがすくすくと成長して行きますように。





楠原牢屋跡 10時40分

五島の旅 - 21_th

1868(明治元)年末久賀島からはじまった五島崩れはクリスマスの日に水ノ浦におよび、まもなく楠原のキリシタンも取り調べをうけて、仮牢となった帳方・狩浦喜代助宅に投獄された後、水ノ浦の牢に移された。牢屋となった屋敷の材木は、1954(昭和29)年、水ノ浦修道院楠原分院の1階に使用され、1995(平成7)年に解体され、翌年、牢屋跡横に、残された材木で牢屋が縮小復元された。

五島の旅 - 22_th

敷地内には、1971(昭和46)年、「信仰の自由100周年記念祭」の時に立てられた「祈りの像」がある。


五島の旅 - 23_th

最も厳しい迫害が明治時代だったとは知りませんでした。




楠原教会 10時50分

五島の旅 - 24_th

楠原は、1797年の五島藩要請で移住し、六方の浜から上陸した第1陣の外海キリシタンが開墾した土地の一つ。五島崩れは、楠原にもおよび、1912年、ようやく現在のレンガ造の教会が建った。

五島の旅 - 25_th

横から見ると蔵のような和風建築。

正面から見るとレンガ造りの教会でした。

「堂内は原則撮影禁止(心のフィルムに残して下さい)」とのことです。

正面のステンドグラスが美しい教会でした。



道中出会った五島牛さんです。

五島の旅 - 26_th

フレンドリーに近寄ってきました。

美味しく育って下さい(笑)



五島のシンボルの鬼岳に来ました。11時半です

五島の旅 - 27_th

ええと、自分撮りいわゆるセルフィーというやつです。

まあ一度は登場しておこうかということで(笑)


五島のシンボル「鬼岳」。標高315m、全面が芝生に覆われ、その名とは裏腹に美しい流線形を描く火山です。尾根伝いのトレッキングでは眼下に福江の市街地や遠くは上五島などが望めます。また晩夏にはコオニユリ、秋にはリンドウなどの植物にも出会えます。



五島の旅 - 28_th

ススキがキラキラと風になびいていました。

気持ち良いですね〜





12時 お昼です。

五島の旅 - 29_th

椿茶屋

五島の旅 - 30_th

古民家を改築した御食事処

五島の旅 - 31_th

囲炉裏を囲んで網焼きなど。

五島の旅 - 32_th 五島の旅 - 33_th 五島の旅 - 34_th 五島の旅 - 35_th 五島の旅 - 36_th

お昼からビール&美味しいものを少しずつって贅沢(笑)


五島の旅 - 37_th 五島の旅 - 38_th

板の間の広い空間。ここからもきれいな海が眺められます。




さて、最後は堂崎教会 14時

五島の旅 - 39_th

禁教令の高札が撤去されて4年後の1877年に五島を任されたフレノ神父とマルマン神父は当初は慎重にかまえたが、1879年、下五島担当のマルマン神父が奥浦村大泊に常駐して、仮小聖堂を建て、堂崎に1880年に初代教会を建てた。現教会は1908年にペルー神父が新築し、宣教の拠点とした。1977年にキリシタン資料館となった。


五島の旅 - 40_th

福江市の中心から近いし、資料館になっているので教会巡りをする場合はここから始めると情報がもっとよく分かって良いでしょうね。

でも早朝はまだ開いてないとのことで、最後に訪れる行程になりました。


教会をこれだけ沢山見る機会は今回が初めてだったのですが、見ているうちにだんだん興味が深くなってきて、色々考えさせられました。






そして16時台の飛行機で五島を後にしました。

五島の旅 - 41_th

いつか奥さんと一緒にゆっくり再訪してみたい五島です。

美しい海と教会の島。

皆様も是非どうぞ。



文字情報は下記サイトから転載させていただきました。
<五島の島たび【公式HP】 ©五島市観光交流課・五島市観光協会より>


 .カメラde散歩 2016年11月 五島市

 五島市 五島 教会

4 Comments

ぴょんたん  

私も小学校時代はカトリックの教会学校に通っていました。
そして、最近になりまた日曜ミサに参加したり、週1で神父様と勉強会もしています。
そうそう。余談ですが、神父様が今年のクリスマスは土曜日だから神父にとっては体が楽なんだよ!なんておっしゃっていました。
確かに!笑

2016/11/21 (Mon) 12:30 | EDIT | REPLY |   

mor  

ぴょんたんさん

教会学校のクリスマスの劇、なぜかヨゼフ役だった記憶があります。
小学校上がる前でしたからおままごとみたいな感じだったのかな。
でもセリフも覚えて、頑張ったよ〜。
マリア様は誰だったんだろう(笑)
もうすぐクリスマスですね〜。

2016/11/21 (Mon) 23:40 | EDIT | REPLY |   

吉瀬 弥恵子  

こんにちは♪

人生で一度は行ってみたい五島、
海が最高に美しいですね!!

緑もいっぱいで、なんていいところ、
本で読んだとおりの素敵な島を
写真で見ることができて、うれしいです(*´∇`*)

2016/11/29 (Tue) 13:18 | EDIT | REPLY |   

mor  

吉瀬さん

五島列島はなかなか絶対通過点にはならないし、なかなか行く機会がないですよね。
私も五島で仕事があるとは思っても見ませんでした。
もう一日自由時間があれば、灯台の先とか、ビーチの波打ち際とか、鬼岳の山頂とかまで行けて、もっと楽しめたでしょうけど。
ビジネスシューズではきついかもしれませんね(笑)
吉瀬さんはぜひウォーキングシューズ持参でどうぞ!

2016/11/29 (Tue) 15:25 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment