Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you.

あしたキャンプか山に行こう!

09
2013  09:35:16

子供2人と北穂高岳 2日目 横尾から涸沢

昨年のことですが、
2012年07月21日(土) ~ 2012年07月25日(水)

息子2人と北アルプスで初の本格登山。

私が初めて涸沢に行ったのは大学生の頃。
「なんて素敵なところだろう、日本にいるとは思えない。」と思ったことを覚えています。

2日目は横尾から出発です。
今日も写真を撮りながら、ゆっくり歩きます。

1日目 上高地から横尾 はこちら

File_032.jpg


ポチッ ポチッ にほんブログ村 アウトドアブログへポチッ
 ブログランキングに参加しました。ポチッと応援よろしくお願いします〜


7月22日(日) 2日目

横尾テント場の朝です。

File_219.jpg

5時起床。ホットレモネードでおはよう!

6時には歩き出したいところですが、今日は涸沢までと決めているのでのんびり撤収。


File_221.jpg
7:50 横尾大橋を渡って出発! 約700mの登りです。


8:50 しばらく進むとまた雨が降り出しました。

山は必ず雨が降るのだ!と言い聞かせながらも、あーまた今日もテンション下がりまくりか?

File_021.jpg
レッドは「レインウェアで滑ってザックのウエストベルトがうまく止まらん!」とご機嫌斜め。
ブツブツ文句いいながら、それでも歩きます。


File_024.jpg

ブルー「本谷橋まだかなー」

   「もう着くかなあー」

   「雨止まんかなー」

File_023.jpg


お!これは!
File_215.jpg
File_213.jpg
9:40 本谷橋到着です。

標高1,780m 涸沢途中の休憩ポイントです。

File_222.jpg

雨も降ってるし、人影まばらですが、ポイント通過はうれしいものだ。

大声でも会話がしにくいほどの激流の川音!

File_216.jpg

機嫌が直ったレッドと快調に歩いてきたブルーは揺れる橋にはしゃいでおりました。




小休憩後、登山再開。

File_224.jpg
屏風岩の下の落石に注意して進むレッドとブルー。



File_227.jpg
涸沢ヒュッテが見えます。


そして、ジャーン。
File_226.jpg
子供たち初めての雪渓!

レッド「おー!雪渓だー!」
ブルー「えー!夏なのに?雪?降ったん?」
いえいえ、冬の雪が解け残っているのだよ。
「ふーん、寒いもんね。すごいなー。滑ったらどこまで落ちるんかなー」という感想。

いや本当に滑らないよう気をつけて。

ここは短い距離だけでまたダケカンバの林に入りますが、、



File_022a.jpg

一面雪渓!!

最初は恐る恐る歩いていましたが、さすが子供、慣れるのも早いのです。

サクサク歩くようになってきました。

変化があった方がいいのでしょうね。
2人とも楽しんで歩いています。

冒険いいだろ?PSPより絶対いいって。
転んだら痛いもんね。リアルだからこれは。
だから滑落するなよ。
「大丈夫!」
らしい。


そして
ヒュッテと小屋への道を分ける標識

File_032.jpg

File_027.jpg
13:10 涸沢着 標高2,309m

我が家の登山のお手本「ゆら~りキャンプと日々のこと:憧れの涸沢で雪上キャンプ」では前年の一週間早い時期に雪上キャンプだったため、我が家も雪渓上に張ることも覚悟していましたが、ラッキーなことにいい場所を確保できました。


File_035.jpg
さっそく腹ごしらえして
File_029.jpg



さて、約束していたので涸沢小屋に行こう!





涸沢小屋で注文したのですが、、

小屋番のお兄さん「ええと、すぐには出来ないのですが、、15分ほどお待ちいただいてよろしいでしょうか?」
はい待ちます。
「ソフトクリームならすぐできるのですが、、」
いえいえ待ちます。時間は沢山ありますから。


済みません手間のかかる注文でした?
混雑はしてなかったのでいいですよね。


そして出てきました。超豪華マムートジョッキのパフェ。3人前。
File_031.jpg
子供たちにPEAKSの山小屋特集に出ていたこのパフェを見せ、涸沢到着時のご褒美に約束していたのです。

野口英世さんを2枚×3人分お支払いしているのを見た息子たち。
「えー、そんなに(するん)?」
山の上だしね。
「でも平地じゃあぼったくりじゃろう。」
それだけの価値があると思うけどなあ。
「デュエマがなんぼ買えるん? PSPのソフトが買えるじゃん!」
PSPのソフトすぐに飽きるじゃん。デュエマのカード100枚より思い出に残るでー。
「まあそうだな〜。絶対忘れんわー。でも今度来た時はパフェはいいわ。」

私自身確かにパフェを食べたのは、20年前までさかのぼらないと思い出せません。

まあぴょんたんさんのレポの時よりは値上がりしていましたが、それでも大人の感覚で子供と今しかできない体験の価値を考えると、このパフェは高くないのですけどね。

最初はパフェを目当てに登った山であっても、今回の山行でそれ自体に楽しみを見いだせるようになってくれればいいなと思います。

これからも涸沢小屋さんには山の楽しさをわかる直前の子供たちと、二人でパフェを食べるラブラブカップル、低血糖発作を起こした登山者のためにパフェを提供し続けていただきたいですねー。って結局老若男女じゃん。

2日目はこの後夕食して早めの就寝でした。

明日はさらにお天気回復の見込み。
北穂高岳を目指します。

3日目に続きます。
関連記事

 登山・トレッキング 2012年7月 北穂高岳

 横尾 本谷橋 涸沢ヒュッテ 涸沢小屋 パフェ

2 Comments

ぴょんたん  

こんにちは~^^

リンクありがとうございます♪

涸沢の雪渓。
あれは感動しますよね^^

パフェを楽しみで登る登山。
確かにそれもいいです^^
大人になってもビールを楽しみに登ってますし(笑)

続きも楽しみにしていますー^^

2013/02/09 (Sat) 15:43 | EDIT | REPLY |   

morpheus  

ぴょんたんさんへ

コメントありがとうございます♪
夏に雪渓はいいですよねー。
雪上テントは結露がすごいと覚悟していたのですけどおかげさまで大丈夫でした。

確かに大人はビールで登ってますよね。
運動後の補充燃料みたいなものですなー。

次回は3日目、北穂登頂です。いやーすばらしかったです。
うちのようなゆっくり登山も北アルプスデビューの子連れ登山パパママには参考にしてもらえればいいなと思っています。

2013/02/09 (Sat) 16:28 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment