Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you.

あしたキャンプか山に行こう!

22
2015  22:45:30

四万十川ぶらり旅 佐田の沈下橋編

先週末仕事で訪れた四万十市。

夏に家族で遊びに行くときは、富山でも長野でも一気に運転していくことに慣れてきた私ですが、半日かけての仕事での移動って、そうそうは経験できません。

四万十市、なかなか遠かったです(笑)

でもここまで来たのだから、楽しまないと!

翌日は休みを取ってぶらーり♪

20150417佐田の沈下橋 - 1

まずは市街地から比較的近い、佐田の沈下橋にGo〜



続きの前に、ポチッと応援よろしくです!
にほんブログ村 ブログランキング
Many thanks!




20150417佐田の沈下橋 - 2

おはようモンタくん♪

前夜は仕事のあと、四万十の幸をいただいて部屋に戻ったのは23時頃だったかな。

すぐに寝てしまいましたが翌日の予定を決めてなかったので気になっていたようで、2時には目が覚めた。早!
睡眠時間が短くてもなんとかなってしまうところは、正常な老化現象か?(笑)

もちろんプランを検索して朝を迎えました。



新ロイヤルホテル四万十ロビーのmont-bellルーム、前日フロントにオープンの時間を確認すると、朝9時ころには開いてますとのお返事。

でもモンベル店舗情報で確認すると8時から営業でしたので、チェックアウトの朝は8時に開けていただきました。

早め出発はアウトドアの基本です(笑)



20150417佐田の沈下橋 - 3
注目は店頭にディスプレイしてあったウィックロンキッズT、モンベル四万十オリジナル!

可愛いくじらちゃんプリント発見!

四万十市の隣の大方町に、ホエールウォッチングしに来たことが20年ほど前にありますが、今は合併で黒潮町になったとか。
四万十市とか、黒潮町とか、魅力的な名前満載の地域です。

大人用の赤いモンベル四万十オリジナルくじらTはコットンでしたが、おみやげに娘と奥様に購入しました。

さて出発です。



20150417佐田の沈下橋 - 4

赤い鉄橋が旅心をくすぐります♪

が、渡りません(笑)

実は迷いました。

四万十川の本流と支流?を間違えて、河口方向へ(笑)

20150417佐田の沈下橋 - 5

なんとか現在位置を理解し直して四万十川上流方向へ20分少し車で走って、、



到着。

20150417佐田の沈下橋 - 6

河口から最も近い沈下橋、佐田の沈下橋

沈下橋(ちんかばし、ちんかきょう)とは河川を渡る橋の一種。地方により潜水橋、潜没橋、潜流橋、沈み橋、潜り橋、冠水橋、地獄橋などともいう。沈下橋は、低水路・低水敷と呼ばれる普段水が流れているところだけに架橋され、また床板も河川敷・高水敷の土地と同じ程度の高さとなっていて、低水位の状態では橋として使えるものの増水時には水面下に沈んでしまう橋のことをいう。(wikipedia:沈下橋より抜粋)


ん?このタイプの橋、うちの地元の芦田川にもあるじゃん。

広島県東部、福山市の芦田川にも3つ以上あるような気がするよ。

wikiを下の方まで読んでいくと、お〜確かに載ってました。

どうりで違和感なかったわけだ。



沈下橋の特徴として、橋の上に欄干がないか、あってもかなり低いもの・増水時に取り外し可能な簡易的なものしか付いていないことがあげられる。これは、増水時の橋が水面下に没した際に流木や土砂が橋桁に引っかかり橋が破壊されたり、川の水がせき止められ洪水になることを防ぐためである。また、壊れても再建が簡単で費用が安いという利点もあり、実際に流されることを前提としている例もあり、これらは「流れ橋」などと呼ぶ場合がある。増水時に流木などが橋脚・橋桁を直撃して損害を与えることを防ぐために、上流側に斜めに傾けた丸太・鉄骨などの流木避けが設置されているケースもある。
その構造から建設費が安く抑えられるため山間部や過疎地などの比較的交通量の少ない地域で生活道路として多く作られた。しかし現在では山間部でも広い道路や本格的な橋が造られること、また慣れているはずの地元住民といえども転落事故が絶えないことから、徐々に姿を消しつつある。(wikipedia:沈下橋より抜粋)

子供のころに、芦田川の沈下橋を渡って、端っこから落ちたらどうしよう〜って思った記憶があったあった(笑)




佐田沈下橋(今成橋)を早速渡ります。

新緑がめっちゃ綺麗!

20150417佐田の沈下橋 - 7

淵のエメラルドグリーンがキラキラです。



20150417佐田の沈下橋 - 820150417佐田の沈下橋 - 920150417佐田の沈下橋 - 10

パノラマで撮っておくのを忘れたので強引に並べただけパノラマでご勘弁を。

右手が上流。左手が下流です。



20150417佐田の沈下橋 - 11

地域の方々の生活道路として。

車や自転車で渡る様子も素敵な風景。

無人の屋形船も絵になります。

夏になれば賑わうのかな。





20150417佐田の沈下橋 - 13

中洲の方では漁?しかけを設置中?

うなぎ漁かな?




20150417佐田の沈下橋 - 14

対岸まで渡って満喫したので、戻りましょう。



20150417佐田の沈下橋 - 15

新緑のソフトシェルに身を包んだアウトドアカメラマン?、、、私です(笑)



20150417佐田の沈下橋 - 12

では、さらに上流へ行ってみましょう〜



次回に続きます♪
関連記事

 .カメラde散歩 2015年4月 四万十市

 四万十川 佐田 沈下橋

6 Comments

もなしょ  

こんばんは!
きれいな景色〜、そして写真も。
そのままポストカードになりそう・・・
四万十川下流の中村ってところに波を求めて海に行ったことがありますが
上流の方は行ったことがありません。次回も楽しみにしてますよ〜
この辺り、緑が『濃いっ』て、感じがしますね!

2015/04/23 (Thu) 00:30 | EDIT | REPLY |   

piyosuke-papa  

こんちわ~♪

新緑がめっさきれいですね~(^-^)

沈下橋、、こないだテレビでタクシーごすれ違えるか?
ってやってました(笑)

四国って地図で見るのと違い意外とデカイんですよね~



2015/04/23 (Thu) 12:33 | EDIT | REPLY |   

mor  

もなしょさん

緑が『濃いっ』て、感じ、その通りでした。

なんなのでしょうね。この感じ。

瀬戸内ではなかなか体験できない色です。

太平洋と風と太陽の恵みでしょうか。

サーファーさんは波を求めてここまで来るんですね。

春でこれだから、夏はすごいんでしょうね。

2015/04/23 (Thu) 22:52 | EDIT | REPLY |   

mor  

piyosuke-papaさん

面白い企画やってたんですね。

次回はその点についても少し触れましょうか〜

高知市まではすぐ着きましたが、そこから先、さらに高速を降りてからが長かったですよ〜。

高知県を横断なんてことになったらえらい時間がかかりそうです。

2015/04/23 (Thu) 22:56 | EDIT | REPLY |   

吉瀬 弥恵子  

こんばんは♪

素晴らしく美しい景色をありがとうございます!!

何回見ても感動する自然の色、行ってみたい憧れのところです(*´∇`*)

超うらやましいです!!

この橋、地元の教習所で使う所らしいですね~

柵も無いのに、対向車線からの車とすれ違う
しかも初心者の教習所の車・・・|゚□゚;

2015/04/23 (Thu) 23:15 | EDIT | REPLY |   

mor  

吉瀬さん♪

こんばんは。

青も緑も清々しくて、いいタイミングで行けました。
前後の日は雨でしたからラッキーでした。

ここ、教習車のルートなんですか〜
この地域で運転するには必須の経験でしょうね。
でもたしかに、すれ違いは勘弁〜です ヽ(´・`)ノ

2015/04/23 (Thu) 23:51 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment