Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you.

あしたキャンプか山に行こう!

03
2013  06:03:12

2013年度のオートキャンプ幕を考える

気が早いけど来期冬キャンプの構想から逆算して2013年度のオートキャンプを考えています、、。

というのが、冬キャンプでの暖房にうってつけのアラジン君が我が家にやってきたから。

思い返せば2008年2月の大鬼谷雪キャンプ、ランブリ5とちっちゃなデロンギヒーターだけ持って行って、テントの中はぬくぬくでしたが、ドーム型のリビングを持ってなかったのでくつろぎスペースはありませんでした。
次男が「僕、手が冷たすぎる〜(┳◇┳)って泣いてたよー。」って思い出を話す、初の雪キャンプでした。

その後リビングメッシュエッグを冬のリビングとして使用してきましたが、
06head.jpg

子供達も成長して3人目も3歳になり、小型犬2頭連れて行くようになった最近は手狭に、、、。
でもまー狭い方が暖かくていいよねって理由付けで頑張ってきましたが、、アラジン君がやってきたので、次期冬キャンプは少し広くしても暖かくできるかも。

手狭になったリビング、、どうしよう、、、、




ポチッ ポチッ にほんブログ村 アウトドアブログへポチッ
 ブログランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします〜



調べてみると、オートキャンプ道具に注目していなかった間にいろいろな幕が新しく出ていますね。

スノーピークなら、リビングメッシュエッグは廃盤になっていて、
16head-1.jpg
左右対称で広く使えそうなメッシュシェルターとか、


09head.jpg
あこがれのランドブリーズリビングシェルとか、


tp-670_head_1.jpg
オールインワンのランドロックとか出ています。



我が家のリビングメッシュエッグはほぼ全面メッシュにすることができるのがメリット。

06view.gif
でも壁の傾斜が割と強いので、設置面積の割には空間は広くないですね。
260cmの面とテントを接続するのですが、形が左右対称でないので、この点でもレイアウトの限界を感じます。


06structure.gif

反面、構造的には3本ポールの変形ジオテック構造?で風に強かったですよ。


大きなオールインワンテントは張るのに時間がかかるのかもしれないけど、あっという間に張れるランブリ5+メッシュエッグを張る時間を考えるとオールインワンもありだな〜。インナーテントは後でゆっくりつり下げればいいので、負担にならないだろうな。

ランブリ5から出るときは、腰を屈めて「よっこらしょっ」てリビングメッシュエッグに移動するのだけど、2つの接続部が今ひとつ頼りないのです。隙間がうまく埋められなかったりするのですよねー。
とすると、オールインワンなんだかいいじゃないですか。

今までのテント+タープのドッキングというあり方とは違って、テントを昼間はコンパクトにしておけばリビングが超広く使えるのもいいかも♪
買い足すならやっぱコンセプトが違う方がバリエーションがあって楽しいよね。

ぬ?買い足す?

あーしまった。

見てしまった。

頭の中でシュミレーションが勝手に進んでしまう。

困ったことになったー。

誰か止めてー!

たぶん次回に続く
関連記事

 テント・タープ・ツェルト

 リビングメッシュエッグ メッシュシェルター ランドブリーズリビングシェル ランドロック

0 Comments

Leave a comment