Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you.

あしたキャンプか山に行こう!

29
2013  07:13:39

大切に受け継がれていくもの

去る3月14日、この丸い窓を備えたホウロウ製の白い煙突君は、

BF3902_5.jpg

奥様の実家からうちに引き取られてきました。

奥様のお父さんが使っていたこの道具、お父さんは書斎で使用していたのですが、

我が家は屋内でも屋外でも使いますよ。

その前にメンテナンス。


ポチッ ポチッ にほんブログ村 アウトドアブログへポチッ
 ブログランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします〜


BF3902_2.jpg

BF3902って型番が確認できます。


BF3902_3.jpg

Aladdinって魔法のランプの?


BF3902_6.jpg

油はまだ入っているようです。
つい数ヶ月前まで使用しておられたのだと思います。




BF3902_1.jpg

そう、80余年もの間、少しずつ改良を加えながらも、基本的なモデルチェンジのない完成されたフォルムと性能。愛され続ける永遠のスタンダード「Aladdin Blue Flame Heater 」です。


故障なんかはないかな?



BF3902_4.jpg

まずは汚れを落としてみました。


BF3902_7.jpg

完璧じゃないけど、まずまずきれいになりました。



BF3902_9.jpg

上枠クリップを引き上げ、本体上部を倒します。



BF3902_13.jpg

内炎板をはずして、


BF3902_14.jpg

芯外筒を外して、

BF3902_15.jpg

芯押さえを上げてみましたが、結構芯も古そうですので、交換することにしました。


BF3902_10.jpg

そこでポチッとamazon.co.jp


替芯が配達される間にブログをサーチしていると、お!
ぴょんたんさんもAladdinをメンテナンスしている!
この記事そういえば見せていただいたことがあったな!そのときはスルーでしたよ。
まさかうちにこの子がくるとは思わなかったもの。

それから、え? うちの子がやってきた3月14日にsana-papaさんAladdinメンテをUP? なんて偶然!
私にメンテの方法を教えてくださろうとわざわざUPしてくださったのかしら?ないない、それを偶然という。
しかもその技はプロですか?

てな具合にアウトドアブロガーさん達のメンテ情報を読ませていただいていると、、


BF3902_11.jpg

あっという間に届きましたよ。

今からこれに交換です。



BF3902_16.jpg

新しい芯を開梱します。


BF3902_17.jpg

ピカピカの真っ白な芯、きれいですねー。


BF3902_18.jpg

タンクから芯と芯押えを抜き取り、新しい芯に交換しました。

BF3902_19.jpg

タンクにセッティング完了

BF3902_20.jpg

ギアを左に回して芯を下げて、


BF3902_21.jpg

内炎板と芯外筒も戻してセッティング完了


BF3902_22.jpg

芯を着火位置まで下げて、

BF3902_24.jpg

初着火!



BF3902_25.jpg

炎が回っていきます。



BF3902_26.jpg

本体上部を戻して窓から炎を確認


BF3902_27.jpg

お!


BF3902_28.jpg

おー!


BF3902_30.jpg

これがBlue Flameですね。


BF3902_29.jpg



電気を使わないストーブですから、アウトドアにうってつけ。

来シーズンの冬のアウトドアに必携のアイテムが我が家の仲間に加わりました。

なんといってもこの愛らしいフォルム! 大事に使っていきますよー。
関連記事

 ストーブ・バーナー・ランタン

 アラジン ストーブ メンテナンス

7 Comments

ぴょんたん  

こんばんは~。

きれいなブルー炎ですねー^^
うちのと同じ型なのかな。

メンテ次第で何十年と使えるので大切に使っていきたいですよね^^!

リンクありがとうございます~。
あまりに懐かしくて自分の記事を思わず読み返しちゃいまいた~(笑)

来冬はアラジンを並べてキャンプですねっ♪

2013/03/29 (Fri) 21:49 | EDIT | REPLY |   

sana-papa  

リンクありがとうございます♪
BF3902ですか~メーカーのHPで見てきました。ぴょんたん家も同じモデルみたいですね。
1995年発売で、「PL法の施工に伴いチムニーガードが付く「BF3902」を発売」って書いてました。耐震消火装置や芯繰り出し機構も付いてる上にガード付き…安心安全なモデルで良いですね~。
我が家のモノと同じ芯=初代シリーズ16は1967年発売ですから、35年以上も基本設計変わらず。こういう製品だからこそ愛着を感じます♪
まさにタイトルの通り!
…来シーズンはぜひアラジングルキャンやりましょう!

2013/03/30 (Sat) 00:07 | EDIT | REPLY |   

sana-papa  

↑「35年以上前~」って書きましたが、計算し直してみたら今年46年目ですね~訂正します。m(__)m

2013/03/30 (Sat) 00:11 | EDIT | REPLY |   

morpheus  

ぴょんたんさんへ

こんばんは!

sana-papaさんのリサーチによればぴょんたん家も我が家と同じBF3902だとのこと。
お仲間よろしくです!

ぴょんたんさんのアラジンの記事、うちの娘が生まれた年、2009年のものなのですね〜。
長ーくブログされていると懐かしい記事ができてくるのですね。

アラジングルキャン是非是非!

2013/03/30 (Sat) 01:09 | EDIT | REPLY |   

morpheus  

sana-papaさんへ

いやいや、sana-papaさんのmade in EnglandのAladdinメンテレポを発見したときは驚きましたよー。

日頃参考にさせてもらっていたsana-papaさんのブログに、うちがアラジン君を譲り受けた日に芯交換レポがアップされたもので、、。
「これは運命」とコメントさせていただいたのでした。

sana-papaさんの「できるかなシリーズ」なんて最高ですよねー。
本当勉強させてもらってます。

アラジングルキャン、新顔ですがよろしくお願いします!

2013/03/30 (Sat) 01:20 | EDIT | REPLY |   

tanaka  

うちの実家のは錆びてたり、窓がすすけてたりで、メンテナンスなどした形跡が無いです… 綺麗で新品みたいです!

2013/03/31 (Sun) 22:17 | EDIT | REPLY |   

morpheus  

tanakaさんへ

遠景で眺めれば、まあ、きれい。

クローズアップすると、ちょっと、、って所もありますよ。

見せたいところだけ見せる。

見せたくないところ、そこは明るい単焦点レンズでぼかしてあるのですよー。

2013/03/31 (Sun) 23:53 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment