Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you.

あしたキャンプか山に行こう!

--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

09
2014  01:53:40

暴風雨+火山ガス!厳しい山をちょこっと体験した最終日でした(笑)

先週までの不安定なお天気はどこへやら。

台風14号は西に抜けてくれそうですし、今週はお天気安定しそうですよ。

どうしましょう。

今週末の予定、我が家はまだ決定していないのですが。


この前の雷鳥沢キャンプ場から雄山まで、Pinkの限界ギリギリを攻めたので、今回は少し緩やかな道を歩きたいと思っております。

どこか標高差が小さくて、森林限界以上の山岳地帯の、穏やかで気持ちのよいトレッキングコースないでしょうかね〜。ついでに混まなければ最高!

って、そんな都合の良いお山はないか(笑)




さて、我が家の夏山2014は本編でやっと最終話です。

20140815雷鳥平から室堂平35

最終日は下山編。

安全に下山・帰宅して、初めて登山完了ですね。

最後まで気を抜かずに歩きましょう〜

それでは続きへ



これまでのゆっくり登山もどうぞ!
その1:8/12 立山駅から室堂ターミナルはこちら
その2:8/12 室堂平から浄土山、一ノ越、室堂から雷鳥沢キャンプ場はこちら
その3:8/12 雷鳥沢キャンプ場は青空キラキラ〜の巻きはこちら
その4:8/13 神の道から雄山頂上へ、ポレポレ〜はこちら
その5:8/13 雄山山頂から大汝山、富士ノ折立を経て内蔵助山荘への山道はこちら
その6:8/14 内蔵助山荘から別山を経由してキャンプ場への下りはこちら
その7:8/14 ブロガー3家大集合@雷鳥沢キャンプ場の巻きはこちら


続き〜の前に、ポチッと応援よろしくです!
にほんブログ村 ブログランキング
Many thanks!



20140815雷鳥平から室堂平02
8月15日 朝です。写真は5時半過ぎ。

西の空は青空が少し。富山市街上空は晴れてるのかな。



今日の予定は撤収して下山するだけ。

下山って言っても最初は約100mの登り階段から始まる帰路が少し憂鬱です。

でも行程は1時間の予定ですから、心はゆったりで朝を迎えました。


が、東の空、立山連峰上空は?

20140815雷鳥平から室堂平01

ガスガスでございます。

それにキャンプ場でさえ風がすごいことになっています。

今日はこの後荒れてくる予報なので、早めの下山が正解なのですが、まあなんとなかるさ〜って高を括っておりました。

20140815雷鳥平から室堂平03 朝食は恒例棒ラーメンで体を温めます。



お隣さんは一足先に朝食と撤収を進めておられたようでしたので、撤収の風景を撮っておこうかなーと思っていたのですが、
20140815雷鳥平から室堂平04
6時45分頃にはもえここ家のテントはすでになかった〜(笑)

早立ちが基本のお山。

見習わねば。


20140815雷鳥平から室堂平05

もえここさんちがご挨拶に来てくださいました。

ありがとう〜^^ またどこかで〜!


20140815雷鳥平から室堂平06 20140815雷鳥平から室堂平07

7時前、もえここファミリーの出発をsana-papaファミリーと一緒に見送ってから、我が家も撤収を開始しました。

20140815雷鳥平から室堂平08

ここの風は強いと聞いていましたが、本当にびゅーびゅーでございます〜

20140815雷鳥平から室堂平10
張り綱をしっかり固定していたのはよかったのですが、ペグを抜くのも一苦労。

曲がるは、折れるは、、、、(− −;)我が家の経験上ペグ破損本数最大級の締まった地面でございました。



20140815雷鳥平から室堂平09 20140815雷鳥平から室堂平11 20140815雷鳥平から室堂平12
7時40分過ぎ、今日の山行に出発するsana-papa家をお見送り〜

ガスレポの合間の絶景、期待してますよ!!

風強いですから気をつけて〜!



フライが外れたり、横転しているテントも見かけた強風の雷鳥沢キャンプ場です。




さて、その後やっと我が家も出発します。
20140815雷鳥平から室堂平13

家族5人全員でのバックパック山岳キャンプは初回が2011年夏の小梨平、そして今回が2回目で雷鳥沢キャンプ場。

小梨平は山岳っていうには里に近いですから、Pinkも一緒の2000m級テント泊、3000m級登山は今回が初めてな訳です。

20140815雷鳥平から室堂平16

3年の間に、Pinkは2歳から5歳に、Blueは小学校3年生から6年生に、Redは小学校5年生から中学校2年生にそれぞれ成長して、3人とも逞しくなってきました。

20140815雷鳥平から室堂平15

雨が降ったらレインウェアを着て、風が吹いたら飛ばされないように、寒い日はミッドレイヤーを追加して、危険なときは停滞の判断をして、どんなときも状況判断をしながら安全に進んでいく。

20140815雷鳥平から室堂平14

山での体験を実生活にも応用して、逞しく生活する術を身につけてほしい。

そんなことを考えながら帰路につくmorでございました。


20140815雷鳥平から室堂平17

さて今日も、出発前にこの標高での各自の脈拍(兄ちゃんの自由研究ネタでございます)を記録して、、、


20140815雷鳥平から室堂平18
8時27分に出発〜


20140815雷鳥平から室堂平19 20140815雷鳥平から室堂平20

久々に重いザックを背負っての登り。

あっという間に脈拍が増えていくのがわかります。


めっちゃしんどいんですけど、夏休みの自由研究「登山と脈拍」のデータとしてはいいんだよね(笑)

坂をあがったら早速脈拍チェックをしなければ〜
20140815雷鳥平から室堂平21 20140815雷鳥平から室堂平22 20140815雷鳥平から室堂平23

Pinkはすれ違う方々からお褒めの声をかけていただき、しんどいながらも嬉しそうに進んでおりました。

子供にとって、親以外の方々からの声援は特別なもの。

大変ありがたいことです。


20140815雷鳥平から室堂平25

さあ、雷鳥荘まで上がったよ。脈拍チェックを・・・・ウッ

喉が痛い。目が痛い。ひょえ〜

強風で地獄谷から高濃度の火山ガスが上がってきております。

ここで休憩は危険(笑)

進めー



途中で登山指導員さんがパトロールしながらガス吸引防止のためのノウハウを指導して歩いておられました。

火山ガスは水溶性なので、タオルなどを水に浸して、口に当てて呼吸しましょう〜

なるほど!

教わったようにすると、少し喉の痛みが軽減しました。

目はどうしようもないけどね。




20140815雷鳥平から室堂平26 20140815雷鳥平から室堂平27
エンマ台でやっと小休憩。現在位置と時間、標高、5人分の脈拍を記録します。



20140815雷鳥平から室堂平28

「火山ガス注意!」途中の水場でタオルを洗い、軽く絞って口に当てます。そのための水場なんですね〜



20140815雷鳥平から室堂平29

みくりが池温泉

本当はここで少しのんびりしたかったのですが、どんどん風が強くなり、ご覧の通り雨も降り出して、暴風雨+火山ガスの波状攻撃にさらされておりましたので、通過でございます(笑)


風はさらに強くなって、時々私も風下に押される感じ。

Pinkは飛んでいくかも〜って強風。

ロープで確保こそしませんでしたが、私の横を歩かせたのはもえここさんの最終レポと同様でございます。



みくりが池。

真っ白でしたが、でも一応写真スポットですから、押さえておきましょう〜

20140815雷鳥平から室堂平30

どんな状況だったかはPinkの表情からお察しください(笑)



もうしばらく進むと、霧の向こうから大きな建物の影が。

20140815雷鳥平から室堂平31 20140815雷鳥平から室堂平32

9時30分 室堂ターミナルに到着です。





あーすごい風雨だった〜。
でもそのおかげで我が家にしては早歩き。
ほぼコースタイムで戻って来れたじゃん!!
やればできる??


もえここさんちは雨が降り出す前に到着したらしいですね〜。
この点ではやっぱり早い出発が大切でございました。


でも暴風雨の中を歩く経験もこの距離なら楽しかったかも(笑) 最終日だし。

これが初日の行動時間の長い場合だったらと思うと笑えませんが(っていいながら、苦笑)



20140815雷鳥平から室堂平33 20140815雷鳥平から室堂平34
さらば室堂! 今度はきっとガスの合間からでも間近で剱岳を見せておくれ〜。 またね〜。


我が家の夏が終わろうとしています。

バスの中ではみんな爆睡でした。


20140815雷鳥平から室堂平35 美女平で、また来たいね〜ってお話し。




20140815雷鳥平から室堂平36 20140815雷鳥平から室堂平37
ケーブルカーはガラガラです。
ザックも貨車でなく、車両内に持ち込めました。
最前列で進行方向を見下ろすと、すごい角度に笑いがこぼれます。




さて、車に戻って立山IC方向へ。

お蕎が食べたい!富山の海の幸が食べたい!ってリクエストで寄ったお食事どころ。

20140815雷鳥平から室堂平38 20140815雷鳥平から室堂平39
希望通りの海鮮蕎麦定食でございました。

美味しかった!



帰路の金沢から福井、土砂降りがすごいことになっていましたが、安全運転で通過。

お盆ラッシュで京都大阪方面に入っていく高速道路はすごい渋滞でしたが、舞鶴自動車道のおかげで早い早い。
敦賀→舞鶴→吉川JCT→中国道→佐用JCT→播磨JCT→山陽道ってコースで帰宅完了。


8月16日に日付が変わる前に帰宅して、mor家の夏山2014は終了しました。





Pinkにとっては700mの標高差、大変だったでしょう。

RedとBlueは体力面では余裕のようでしたが、妹を気遣ってお菓子を出してくれたり、背負ってくれたり、なかなか頼もしいところが垣間見えました。

日頃も、登山キャンプ中だって平常時は兄弟喧嘩沢山。

でもいざというときには助け合うことができる兄弟妹になってほしいな。

まだまだ安心できない親心ですが、これからも口を出し出し見守って参ります。

今度5人で山歩きできるのはいつになるかな。



我が家の長ーいレポにおつきあいいただきまして、ありがとうございました。




平成26年9月9日







最終日(15日)の行程

20140815雷鳥平から室堂平40
雷鳥沢キャンプ場8:27−8:53雷鳥荘8:53−9:17みくりが池温泉9:17−9:30室堂ターミナル

20140815雷鳥平から室堂平41

出発時刻/高度: 08:27 / 2282m
到着時刻/高度: 09:30 / 2433m
合計時間: 1時間3分
合計距離: 1.77km
最高点の標高: 2438m
最低点の標高: 2276m
累積標高(上り): 178m
累積標高(下り): 28m






8月12日~15日

20140812-15立山三山縦走
20140812-15立山三山縦走1
出発時刻/高度: 07:52 / 2450m
到着時刻/高度: 09:30 / 2433m
合計時間: 73時間38分 (休憩・停滞・宿泊含む)
合計距離: 18.74km
最高点の標高: 3003m
最低点の標高: 2267m
累積標高(上り): 1620m
累積標高(下り): 1624m
関連記事

 登山・トレッキング 2014年8月 立山三山縦走

 雷鳥沢キャンプ場 雷鳥荘 みくりが池温泉 室堂

- 12 Comments

ぴょんたん  

レポ、お疲れさまでした。

今年の天気はこんな感じでしたが・・・(笑)
次のお楽しみも出来たということですよね^^

今週末は山行予定ですか~^^?

2014/09/09 (Tue) 08:09 | EDIT | REPLY |   

もえここ  

長編レポお疲れ様でした♪

帰るのもったいなくなっちゃう雷鳥沢ですが。。。
あの日の風とガスと火山ガスは、夏山〆の最後にいい経験になりました(笑)

>いざというときには助け合うことができる兄弟妹
ホントその通りですね~♪
山での経験から、人間として本当に大切なことを学んでいてくれたら嬉しいですね(*^-^*)

楽しい時間をありがとうございました♪
我が家もまだ週末の行き先が決まっておりませんが。。。
またどこかでバッタリ期待しております♪♪
お疲れ様でした~~

2014/09/09 (Tue) 08:14 | EDIT | REPLY |   

mor  

ぴょんたんさん

こんばんは〜

朝夕涼しくなってきましたね。

3連休は、登るなら比較的楽チンできそうなコースで行こうかな〜と思っておりますが、どうなるでしょうね。

近場の青空でのんびりもいい季節ですしね〜

2014/09/09 (Tue) 21:59 | EDIT | REPLY |   

mor  

もえここさん

暴風きつかったですね〜
>あの日の風とガスと火山ガスは、夏山〆の最後にいい経験になりました(笑)
まったく同感です。
ぴょんたん家のレポによると翌日はもっとすごかったって。
そんな中歩くの登るの無理〜(笑)
15日の下山は正解だったなあと思い返します。

今年の夏山はもえここファミリーとのバッタリで始まって、ほぼ同時に下山。
本当に偶然だったんでしょうかってほどのタイミングで、楽しい時を過ごすことができました。
またどこかで〜ご一緒しましょう♪
ありがとうございました!

2014/09/09 (Tue) 22:26 | EDIT | REPLY |   

sana-papa  

レポお疲れでした〜♪
どんな写真や文章よりも、Pinkチャンの表情見てるだけで臨場感が伝わってきました。(笑)
荒れる予報だったとはいえ、こりゃあないよな〜!って程の嵐。その後の我が家は、おそらくご想像のとおり…。
みんな仲良しmor家が印象に残った雷鳥沢でした。次にお会いできるのは、今年もアソコでしょうか〜?

2014/09/09 (Tue) 22:28 | EDIT | REPLY |   

piyosuke-papa出張帰り  

こんばんは!(^^)!

長編レポお疲れ様でした~ ちょっとスタートが遅れて風雨になりましたが

おっしゃる通りでこういう体験も安全を前提にしていればいいですよね!(^^)!

pinkちゃんの風雨に耐えながらカメラにピース・・・めっさ伝わりました(笑)


さて・・秋はどこでしょうか♪

2014/09/09 (Tue) 23:08 | EDIT | REPLY |   

もなしょ  

morさん、こんばんは!
夏山レポ、楽しそう〜&いいなぁ〜って感じで
すごく良かったです。

それと、大変だったことも伝わってきました。
Pinkちゃん、すごいですね〜がんばりましたね。

わが家も見習わないと・・・・・
僕は、ますますヤル気出てきてるんですけど
ウチの娘たち、できるんやろうかって思ってしまいます(笑

2014/09/10 (Wed) 02:09 | EDIT | REPLY |   

mor  

sana-papaさん

別山中腹でお会いできたときは驚きましたね〜
ゆっくりしっかり書き上げてくださいね!
楽しみにしています。

次にお会いできるのはどこでしょうね〜。
やっぱあそこかな?

2014/09/10 (Wed) 17:06 | EDIT | REPLY |   

mor  

piyosuke-papa出張帰りさん〜

暴風雨の経験、我が家は初めてじゃないでしょうか。

山では雨風はつきものですもんね。

今まで恵まれていたようで。

こんな天気でも安全に進むか、やり過ごすかしないといけない訳ですから、いろいろな経験は必要なんでしょうね。

さすがにしばらくはいい天気の日を狙って行きますよ〜

さて・・秋はどこでしょうね♪

2014/09/10 (Wed) 17:10 | EDIT | REPLY |   

mor  

もなしょさん

大変で、楽しくて、思い出深い夏山でした。

まだまだ気分のムラが大きい子供たちですから、親が気を使う(笑)

でも兄ちゃんたちの経験が増えて、ブツクサ言わずに歩けるようになってきたのは大きいですね。

こんどは娘がネックですが、家族がみんなを思いやれるようになったら親の役割終わりかな〜と。

そう考えるとまだまだ親業、残ってる仕事ある訳で、がんばりますよ。

もなしょさんも娘さんたちとお山、楽しめるといいですね〜。

2014/09/10 (Wed) 17:27 | EDIT | REPLY |   

りんpapa  

そろそろ秋トレッキングの
山行計画の時期となりましたね
あ、モルさんはすでに計画済みでしょうね?

都合のいい近場のお山?ん・・・意外とないんですよね~

2014/09/10 (Wed) 19:48 | EDIT | REPLY |   

mor  

りんpapaさん

おはようございます。

それが計画が中途半端な状態のまま木曜日に突入。

今週末は出かけられるのかどうか不明〜

りんpapaさんは家族で自転車ですか〜?

2014/09/11 (Thu) 06:35 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。