Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you.

あしたキャンプか山に行こう!

05
2014  07:19:20

内蔵助山荘から、立山三山の最後は別山へ!

9月になってうだるような暑さがぱたりと影を潜めました。

この数日、雷雲と夕立が時々やってくる不純な天候ではありますが、秋の空気も感じるこの頃。

帰宅後に食事しながら家族と話をするのにも、皆さんの夏山レポを見せていただきながら我が家のレポを書き進めるにも、ベッドで虫の音を聞きながら音楽を聴くにもいい季節ですね〜。


でも8月に減らしていた業務が沢山入ってきていて、帰宅が遅くなる日が多くって、、、、

レポがなかなか進まないんですよね。

夏山2014レポも完結まであと数本。

賞味期限が切れる前に書き進めて参ります。





8月14日 お盆真っ最中の内蔵助山荘。

4時40分 風がきつくて、寒い!!

20140814内蔵助山荘別山雷鳥沢002

ダウンの上にウィンドブレーカーを着込んでも耳がちぎれそうな寒さ〜。

奥様とほかの数名の登山者さんとご来光を待ってみましたが、、、、、

朝焼けはほとんどなし、ご来光もなしでした。残念!



これまでのゆっくり登山もどうぞ!
その1:8/12 立山駅から室堂ターミナルはこちら
その2:8/12 室堂平から浄土山、一ノ越、室堂から雷鳥沢キャンプ場はこちら
その3:8/12 雷鳥沢キャンプ場は青空キラキラ〜の巻きはこちら
その4:8/13 神の道から雄山頂上へ、ポレポレ〜はこちら
その5:8/13 雄山山頂から大汝山、富士ノ折立を経て内蔵助山荘への山道はこちら

続き〜の前に、ポチッと応援よろしくです!
にほんブログ村 ブログランキング
Many thanks!


20140814内蔵助山荘別山雷鳥沢003

青ーい静かな、実際にはびゅーびゅー強風の世界に、唐松岳頂上山荘の明かりが見えます。

右の五竜岳との間、遠くに見えるのは、学生時代にスキーに行った妙高高原。

あの頃は山登りする日が来るなんて、全く思いもしなかったけど、人生先のことは予測できないものですね。



今日は雷鳥沢キャンプ場に張りっぱなしにしているテントに下るだけの予定ですが、

お天気を気にしながら室内に戻ります。

20140814内蔵助山荘別山雷鳥沢001 20140814内蔵助山荘別山雷鳥沢004 20140814内蔵助山荘別山雷鳥沢005 20140814内蔵助山荘別山雷鳥沢006

昨夕朝食の時間の希望を聞かれて、迷わず2回目のグループでの朝食を希望した我が家。

今回の登山は日数が短くて、子供たちは昨年のような早起きモードにチェンジできていませんから。

眠いと機嫌も悪いしってことで、ゆっくり遅め、6時過ぎからの食事タイムです。

用意をして山荘を出発したのが7時18分。ほとんどの宿泊者が出発した後でした。

ご主人に見送ってもらって山荘を出ます。

お世話になりました。気をつけて下ります〜!


20140814内蔵助山荘別山雷鳥沢007

少し明かるくなってきた?

今日風雨がものすごければ距離的に近くて稜線から早めに降りられる大走りから雷鳥平に降りようかとも思いましたが、この分だと別山、行けそうだね。



20140814内蔵助山荘別山雷鳥沢008 20140814内蔵助山荘別山雷鳥沢009 20140814内蔵助山荘別山雷鳥沢012

真砂岳山頂手前で北に向きを変えて別山へのルートへ。

今日も雷鳥沢キャンプ場が見えますが、大日岳は雲の中ですね。



20140814内蔵助山荘別山雷鳥沢010

幸い今日はPinkもご機嫌。

この辺り、歩きやすいなだらかな道が続きます。



20140814内蔵助山荘別山雷鳥沢013 20140814内蔵助山荘別山雷鳥沢016

でも別山が近づくにつれて、、、また登りが、、。

昨日の上りに比べればなんてことはないじゃない。

すぐね。ほら!祠が見えたら、、、、

20140814内蔵助山荘別山雷鳥沢017

8時32分 別山南峰山頂〜!!

登り直後でPinkは冴えない顔ですね~(笑)

でもやったね!今回の目的だった、立山三山登山達成です!



20140814内蔵助山荘別山雷鳥沢018 20140814内蔵助山荘別山雷鳥沢019
別山の山頂近くで、奥様たちが、あっ!あれ?雷鳥???????

うーん。

現場ではわかりませんでしたが、、。


20140814内蔵助山荘別山雷鳥沢020

帰宅してゆっくり画像拡大してみると、、、、今度こそ、雷鳥でしょうか(笑)

雷鳥さんのよく出没する、ガスガスワールドだし。



20140814内蔵助山荘別山雷鳥沢021

別山では、南峰から北峰に進んで、剱岳の威容を眺めるのも今回の大きなテーマでしたが、

御覧の通りの白い世界のため、あっさり北峰はスルーしました。

まあ雷鳥らしきものも見たし、バンザーイ!



20140814内蔵助山荘別山雷鳥沢022

別山乗越に向けて下って参ります。


しばらく進むと、、、

なにやら奥様たちが登山者さんとお話しして、、、って


20140814内蔵助山荘別山雷鳥沢023_ 20140814内蔵助山荘別山雷鳥沢024

ここでバッタリその2!!来ました。

西を代表するガスヲさん(笑)とファミリーです。

西を代表するガスヲさんのこの時のレポはこちら〜

ガスガススモークの中から登場するとは、流石でございます(笑)

年末年始の大鬼谷雪中年越しキャンプでも大変お世話になりました。

このガスの中、別山に登ってくるよ〜ってことで、お疲れさまでございます。

我が家、今降りてきたけど、、眺望は全然なかったよ〜って報告したのですが、あきらめずに登っていくsana-papaさんはガッツポーズ!

すぐスルーしちゃう我が家と違ってチャレンジャーですねえ〜。

頑張って来てね。

後で報告よろしくですよ!



20140814内蔵助山荘別山雷鳥沢026
もうしばらく下っていくと、ガスの中から突如現れた劔御前小舎。

幸いここまで雨には降られず、9時21分に到着です。


20140814内蔵助山荘別山雷鳥沢027
劔御前小舎は2760mの別山乗越に立つ山荘。

室堂平から剱岳に向かう登山者さん達が通る、雷鳥坂を登りきった休憩ポイントにございます。

我が家もここでトイレ休憩を。



ガスで立地がわからないので、トイレの外壁にあるパネルでこの先の下りルートを確認。
20140814内蔵助山荘別山雷鳥沢028 20140814内蔵助山荘別山雷鳥沢030

ここから雷鳥沢キャンプ場までは、急坂の雷鳥坂(雷鳥沢)を下るコース(パネルでは←)と、少し距離はあるけど傾斜の緩やかな新室堂乗越コース(パネルでは↑)があります。

当初は稜線の下りで劔岳もよく見える新室堂乗越から雷鳥沢キャンプ場に戻るコースを考えていましたが、この日は風がきついので、すぐに沢に入って風を避けられる雷鳥沢コースを選択しました。



20140814内蔵助山荘別山雷鳥沢029
9時半、さあ下り開始!テントに戻ろう!




20140814内蔵助山荘別山雷鳥沢031

下って、、


20140814内蔵助山荘別山雷鳥沢032

さらに下って、、、


20140814内蔵助山荘別山雷鳥沢033

まだまだ下って、、。


一気に500mの下り坂。

なかなか下りがいがありますが、テン泊ザックでの登り下りは大変だろうねえ。






20140814内蔵助山荘別山雷鳥沢034

下り途中、Pinkの琴線にふれるハートの雪渓を発見しました。

ハートの雪渓に近づきたくてしょうがないのですが、近づくと大きすぎてハートかどうかわからなくなって(笑)


20140814内蔵助山荘別山雷鳥沢035

坂の下部のある雪渓を降りていきます。



20140814内蔵助山荘別山雷鳥沢037
転んでも大笑い。



20140814内蔵助山荘別山雷鳥沢038

茂みを抜けたら


20140814内蔵助山荘別山雷鳥沢039

浄土川に到着。


戻ってきたね。



20140814内蔵助山荘別山雷鳥沢040
20140814内蔵助山荘別山雷鳥沢042 20140814内蔵助山荘別山雷鳥沢043 20140814内蔵助山荘別山雷鳥沢041
川に到着したら恒例水切りを満喫。

飽きませんねえ。


20140814内蔵助山荘別山雷鳥沢044

その後浄土橋をわたって、キャンプ場に戻りました。


20140814内蔵助山荘別山雷鳥沢045
おつかれちゃんは安心したのか大あくび。


20140814内蔵助山荘別山雷鳥沢046 20140814内蔵助山荘別山雷鳥沢047

11時16分 テン場到着。

テントが増えております。

四角いブロックを集めて椅子に。

20140814内蔵助山荘別山雷鳥沢048 20140814内蔵助山荘別山雷鳥沢049 20140814内蔵助山荘別山雷鳥沢050

お昼ご飯は内蔵助山荘のお弁当。

雨が降ったら今日の行程の途中でお昼になるかもしれないと考えておりましたので、山荘でお願いしておいたものですが、意外にもスムーズに降りてくることができましたのでテントの前で頂きます。




20140814内蔵助山荘別山雷鳥沢051

テン場についたら、ココアを飲んだり、まったり休憩時間だよね〜。



しばらくゴロゴロしていると、テン場の向こうから手を振るお方が!

20140814内蔵助山荘別山雷鳥沢053

あれは!?


sana−papaファミリー到着です〜

20140814内蔵助山荘別山雷鳥沢056

お疲れ〜

おー。家族そろってレインウェアが青。

なんか統一感ある〜



20140814内蔵助山荘別山雷鳥沢057 20140814内蔵助山荘別山雷鳥沢058 20140814内蔵助山荘別山雷鳥沢059

別山はどうでしたか〜?ガスガスで何も見えなかったんでしょ〜? ってmor

○×△で!◎が●◯でしたよ〜 ってsana-papaさん

エ〜ッ!!!!何と!!しまった〜。あの後ついて行けばよかった(笑)



この訳わかんない会話の内容は"とりあえずフィールドへ"、8/14のレポで明かしてね。sana-papaさんよろしく。



20140814内蔵助山荘別山雷鳥沢060

奥様と兄ちゃんたちがお昼寝Timeになってしまって退屈しているPinkのリクエストで、遊びに参ります。


20140814内蔵助山荘別山雷鳥沢061 20140814内蔵助山荘別山雷鳥沢062
お花畑を抜けて向かった先は、


20140814内蔵助山荘別山雷鳥沢063 20140814内蔵助山荘別山雷鳥沢064
管理棟の奥にある残雪というか、雪渓っていうか。


20140814内蔵助山荘別山雷鳥沢065

当分の間、ここで雪遊びタイムしてました。

最初はやっぱり転んでおりましたが、雪の上を歩き回って、徐々に慣れてきました。



20140814内蔵助山荘別山雷鳥沢066

年間を通して雪が積もることなどほとんどない山陽地方の沿岸部に住むPinkですから、雪の上の歩き方なんて知らない訳ですが、こうやって遊んでいるとできるようになるもんですね。

20140814内蔵助山荘別山雷鳥沢067

Pink行きまーす。

見ててよ〜



ただ雪の上を走り降りる♪

それだけで何度も楽しめてしまうのが5歳児なんですね〜(笑)



20140814内蔵助山荘別山雷鳥沢068

楽しー!!

雪おもしろーい!



20140814内蔵助山荘別山雷鳥沢069 20140814内蔵助山荘別山雷鳥沢070
ところで、今回デビューだったPinkの登山靴。

アルバートル ジュニア・トレッキングシューズ

モンベルやキャラバンなど、アウトドア専門メーカーのジュニアシューズではありませんが、この色使いにPinkは釘付けでしたので、購入した防水・透湿山シューズです。

現在Pinkの足サイズは17cm。
このシューズは18cmからなのですが、-0.5cm調節用のインソールが付属しています。
インソールを入れても大きめなのですが、今回はお天気が悪かったので防水性能を重視して早めの実践投入となりました。

靴が大きいとつまずく可能性があるなーと慎重に見守りましたが、意外と大丈夫だったみたい。
でもつま先部分が早速痛んでますね〜。

耐久性の検証は現在進行形です。




今回の登山中、足が冷たいということはなく、雪の上も自由に、雨の中の登山もつらいなりに歩けておりましたので、防水・透湿は大事だなーと思いました。

普通の子供用シューズで来なくてよかったー。





20140814内蔵助山荘別山雷鳥沢071

さて雪渓で遊びまくったので、そろそろ帰ろうよ。


エーまだ遊ぶ〜!それーっ!

冷たい!やったなー!ってもうしばらく遊んで、お土産を作ったのですが、、




そろそろ出勤時間にて、今朝はここまで。

次回はブロガー大集結〜^^! 大集結っていうのかな(笑)?




本日の行程

20140814内蔵助山荘別山雷鳥沢087

内蔵助山荘8:18-8:32別山南峰8:41-9:21劔御前小舎9:25−11:06浄土橋11:13-11:16雷鳥沢キャンプ場

20140814内蔵助山荘別山雷鳥沢086

出発時刻/高度: 07:18 / 2800m
到着時刻/高度: 11:16 / 2280m
合計時間: 3時間58分
合計距離: 4.08km
最高点の標高: 2874m / 08:36(別山南峰)
最低点の標高: 2277m / 11:06(浄土橋)
累積標高(上り): 183m
累積標高(下り): 708m
関連記事

 登山・トレッキング 2014年8月 立山三山縦走

 内蔵助山荘 別山 劔御前小舎 雷鳥沢 雷鳥沢キャンプ場

10 Comments

ピョンニー  

おはようございます。
空と同じようなpinkちゃんの曇り顏でのスタート
でしたが最後にはいつもの笑顔(*^^*)
見ているこちらも嬉しくなりますね♪

次回の大集結楽しみですね☆

2014/09/05 (Fri) 08:00 | EDIT | REPLY |   

sana-papa  

あらあら~、すっかりガスヲさんにされてしまいましたね~。
しかし、本物のガスオさんなら「○×△で!◎が●◯でしたよ〜」って報告はありえない訳です、ハイ。
ってことは… ホンモノはmorさん?!(笑)
別山のガスガスワールドはすごかったですね~。
あのガッツポーズは自らを奮い立たせるカラ元気でした。
あ、リンクありがとうございます!
そろそろレポのペース上げないと…。

2014/09/05 (Fri) 14:30 | EDIT | REPLY |   

もえここ  

おぉ~見事なガスガスですね~♪
ガスヲって伝染するらしいですよ(笑)

Pinkちゃん、雪の上で嬉しそうですね~~♪
いつも以上にバリエーション豊かなポーズで可愛らしい(*^-^*)
楽しさ伝わってきますね~♪♪
おNewの登山靴もお似合いです(^-^)b

ついにみんな揃ってご対面の場面ですね~♪
我が家も最終章追い込みかけないと~(笑)

2014/09/05 (Fri) 22:16 | EDIT | REPLY |   

ぴょんたん  

ピンクちゃん、雪遊び楽しかったのね^^
夏に雪だもんね~♪

冬になったらぴょんたんおねーさん♪ちに遊びにおいで(^^)
雪山氷ノ山に連れてってあげるー!

2014/09/05 (Fri) 23:20 | EDIT | REPLY |   

mor  

ピョンニーさんおはようございます

本当ですね〜
曇り顔や晴れの笑顔、コロコロ変わって面白いですよ(笑)
アウトドアで上位に入る楽しいことの一つがばったり再会!ですね。
次回笑顔たくさん。期待してください!

2014/09/06 (Sat) 08:16 | EDIT | REPLY |   

mor  

sana-papaさん

「○×△で!◎が●◯でしたよ〜」により、sana-papaさんはガスヲさん一抜けされるのでしょうか。
寂しい限りです(笑)
でも「○×△で!◎が●◯でしたよ〜」って時の写真、楽しみにしておりますよ〜
ガッツポーズはナイスなタイミングで頂きました!

2014/09/06 (Sat) 08:20 | EDIT | REPLY |   

mor  

もえここさんおはようございます。

伝染ですか〜
感染力は強いのでしょうか、、
免疫はつくのでしょうか?
ワクチンは(しつこい。笑)?

もえここさんところも我が家も次回はみんな揃ってご対面。
sana-papa家はもう少し先になりそうですね〜。

まあsana-papa家はもうお一方とのばったりもあるのでしょうから、ゆっくりあげてもらいましょ〜。

2014/09/06 (Sat) 08:27 | EDIT | REPLY |   

mor  

ぴょんたんさん

氷ノ山いいな〜

ではお言葉に甘えて冬になったら留学させますのでよろしく〜。

保護者はウッドデッキでテント泊で十分でございます。

いえいえ松葉ガニに地酒なんて贅沢は申しませんよ、おねえさん!(笑)

2014/09/06 (Sat) 08:35 | EDIT | REPLY |   

piyosuke-papa  

こんばんは(#^.^#)

大きなレイングローブのpinkちゃん・・ゴールキーパーみたいで可愛い(笑)

フィッシュソーセージ風のパラパラ動画いいです♪

次回はヒップそり持参がいいかも♪


西のガスヲさんのパワーほんとすごいですね・・って私も言えませんが(笑)

2014/09/06 (Sat) 18:47 | EDIT | REPLY |   

mor  

piyosuke-papaさん

パラパラ動画、意外と普通に動画撮るより印象的になってたりして。
普通の一眼ムービー動画だとただの走って降りてくる画ですから。

ガスヲさんパワーすごいですよね。
でも剣沢ではガスヲさんパワー×ガスヲさんパワーで晴れになっていたのはご存知の通り(笑)
ってことは私?(笑)

2014/09/07 (Sun) 06:40 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment