Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you.

あしたキャンプか山に行こう!

28
2014  01:57:28

神の道から雄山頂上へ、ポレポレ〜

mor家の夏山 2014 は、立山三山縦走計画。

改めていうまでもないけど、縦走っていっても走りませんよ。

子供の頃から走ることが宇宙で一番嫌いな私。
小児喘息があったから、マラソン大会なんてつらくて歯がゆい思い出しかないわけです。

呼吸困難にならずに運動を続けることができる体が欲しい!
なんて思っていましたが、実は最近走っても大丈夫なことに気付きました。

やっと大人になったってことか(笑)

いまさらですが、走るって悪い感覚じゃないんですね。
ちょっと気持ちよかったりすることに気付いてしまいました。
子供の頃に感じたかったな〜と思います。



大人になってからは走る機会のない生活ですが、実は歩くのだって基本的に好きではない。
だってめんどうだし。車や電車の方が当然早いしね。

ところが山なら歩くことが苦にならないんですよね。
なんでだろう? 不思議な山の魅力。



20140813雷鳥平雄山内蔵助山荘035

8月13日は雷鳥沢キャンプ場から一ノ越へ浄土川沿いの神の道を登っていきます。

そして雄山、大汝山、富士の折立と進む計画で、ポレポレ歩いて参りました。



その1:8/12 立山駅から室堂ターミナルはこちら
その2:8/12 室堂平から浄土山、一ノ越、室堂から雷鳥沢キャンプ場はこちら
その3:8/12 雷鳥沢キャンプ場は青空キラキラ〜の巻きはこちら


ポチッと応援励みになります!
にほんブログ村 ブログランキング
Many thanks!



20140813雷鳥平雄山内蔵助山荘001

8月13日、東に立山連峰がそびえる雷鳥平の朝日はお寝坊さん。

6時37分になってやっと真砂岳から顔を出しました。

それがこの光のシャワー!


20140813雷鳥平雄山内蔵助山荘002

今年のお盆の連休で、最もお天気が安定すると見込んだ13日。

読みは幸運にも大当たり。

前日朝の浄土山は冷たい雨でつらーい登山でしたから、この日お天気不良なら無理せず雷鳥沢キャンプ場でのんびりしようと思っていました。

でもこの晴天でテン場でまったり過ごせる登山者がいるだろうか? いや居まい!

そうだよね〜。是非行こう!って奥様も乗り気!

みんな!出発準備を!




20140813雷鳥平雄山内蔵助山荘003 20140813雷鳥平雄山内蔵助山荘004

靴にゲイターを装着して、出発準備。


20140813雷鳥平雄山内蔵助山荘005

用意はOK?


20140813雷鳥平雄山内蔵助山荘007 20140813雷鳥平雄山内蔵助山荘006

うーんちょっと待って〜

何をしているのかと思ってたら、自分できれいに後ろ髪をお団子に。



20140813雷鳥平雄山内蔵助山荘008

できたよ〜

自分でできることが増えてくるってうれしいことだね。



20140813雷鳥平雄山内蔵助山荘009

遅いスタートですが、行ってみよう♪

9時、標高2277mから歩き始めました。


20140813雷鳥平雄山内蔵助山荘010 20140813雷鳥平雄山内蔵助山荘011 20140813雷鳥平雄山内蔵助山荘012

まず渡るのは浄土橋。浄土橋は雷鳥沢キャンプ場の北、称名川の源流に架かる橋。
冬季、雷鳥沢キャンプ場の閉鎖と共に橋桁が外されるのだそうです。

渡って突き当たりを左に進むと剣御前、大日岳方面。右に進めば大走り、一ノ越方面です。




20140813雷鳥平雄山内蔵助山荘016 20140813雷鳥平雄山内蔵助山荘017 20140813雷鳥平雄山内蔵助山荘018
イワイチョウ、シナノキンバイ、チングルマ

1つ目の沢を渡って、お花に元気づけられながら進め進め〜






20140813雷鳥平雄山内蔵助山荘019

大走りと一ノ越方面の分岐。もちろん直進。

20140813雷鳥平雄山内蔵助山荘020 20140813雷鳥平雄山内蔵助山荘021 20140813雷鳥平雄山内蔵助山荘022

まだまだほとんどスタート地点と変わらない標高。

フラットな道が歩きやすくて歩き始めたばかりの体にはちょうど良い感じ。



20140813雷鳥平雄山内蔵助山荘023

2つ目の沢は岩で徒渉の道が作ってあります。

アスレチック感覚で進んでいく子供たち。

Pinkの歩きを見守ってくれてる面倒見のよいBlueでありました。


20140813雷鳥平雄山内蔵助山荘014 20140813雷鳥平雄山内蔵助山荘015 20140813雷鳥平雄山内蔵助山荘013

ハクサンイチゲ、コイワカガミ、この白いつぼみはなんでしょうか?


20140813雷鳥平雄山内蔵助山荘025

道は称名川上流の浄土川上流に沿って進んでいきますが、途中お地蔵様が。

なんでオリに入ってるの?ってBlueの疑問。

確かに何故なんでしょうね。

鉄格子じゃなくて積雪対策の柱なのか。

20140813雷鳥平雄山内蔵助山荘024 20140813雷鳥平雄山内蔵助山荘026 20140813雷鳥平雄山内蔵助山荘027

この辺り、各所にヘリから降ろされた荷が道沿いに放置されています。

何かの部材?

登山道が荒れて、土が流れていますので、もしかすると木道を施行する予定なのかな〜



20140813雷鳥平雄山内蔵助山荘029

最初の登り。

林を抜けて進みます。


20140813雷鳥平雄山内蔵助山荘030 20140813雷鳥平雄山内蔵助山荘031 20140813雷鳥平雄山内蔵助山荘032

まだエンジンがしっかり回ってなっていないPink、ロープで電車ゴッコしながらテンションを維持。

奥様は雄山山頂を指差してノリノリ〜!まずは昨日登った浄土山を眺めながら進んでいきます。



20140813雷鳥平雄山内蔵助山荘033

10時半頃、標高約2500m地点。

振り返ると雷鳥沢キャンプ場があんなに小さい。

結構登ってきたね。

20140813雷鳥平雄山内蔵助山荘034 20140813雷鳥平雄山内蔵助山荘036

Pinkが帽子の紐を口にしていますね〜。こういう時のPink、ちょっと疲れてきた証拠。

結構登って来たけど、まだ一ノ越までは200mの標高差を残してることは黙っておこうっと(笑)



20140813雷鳥平雄山内蔵助山荘037
室堂から一ノ越へのメジャーな登山道が見えてきました。

たくさんの方が登っておられます。


20140813雷鳥平雄山内蔵助山荘038

Pinkの歩みはだんだんグデグデ〜に。

岩の上でハイハイ始めてるし。

でももう一ノ越見えてるんだよね。



20140813雷鳥平雄山内蔵助山荘039

室堂−一ノ越の道との合流地点を経て、

20140813雷鳥平雄山内蔵助山荘040

11時30分 一ノ越到着で大休憩しました。

標高差400m、コースタイム1時間半の道を、2時間半とゆっくり時間をかけて登って参りました。



20140813雷鳥平雄山内蔵助山荘041

さて、ここからが今日のメインイベント。

一ノ越から雄山への登りは標高差300mの急登、かつゴロゴロガレガレの道です。



20140813雷鳥平雄山内蔵助山荘042

11時50分 出発です。



20140813雷鳥平雄山内蔵助山荘043

槍ヶ岳も応援してくれているようです。

あのとんがりが見えると勇気がわいてくるんだよね。



20140813雷鳥平雄山内蔵助山荘044 20140813雷鳥平雄山内蔵助山荘045
かなりの急坂ですから、あっという間に一ノ越山荘が眼下に見下ろせるようになっていきます。

20140813雷鳥平雄山内蔵助山荘048_

たくさんの登山者で賑わいもお祭りのよう。

20140813雷鳥平雄山内蔵助山荘046 20140813雷鳥平雄山内蔵助山荘047

Pinkをスリングとロープで確保して、一歩一歩、浮き石に乗らないように。

落石に注意して登って参ります。




我が家で読んでる絵本。

山登りの絵本も何冊かありますが、ポレポレといえばこちら。

表紙で澄んだ青空の中にそびえ立っているのが「たかいたかいやま」。そしてふもとの方に小さく佇んでいるのは、慌てんぼうのやぎくん、お調子者のはりねずみくん、しっかり者のぞうくん。これから頂上をめざして出発するのです。大丈夫なのかな?だって、やぎくんの荷物の大きさといったら・・・!(笑)
そんなスタートの場面を見ているだけでワクワクしてくる『ポレポレやまのぼり』。
絵本の中には登山の楽しさがぎゅっと詰まっています。さわやかな景色と空気の中ゆっくりと歩くふもと部分、意外なほど険しい岩壁、そして息をのむほどの雲海。
頂上についた後はにぎやかな食事と静かで深い闇の夜。
(ここでは、やぎくんが大活躍しますよ!)
なんだか、私も一緒に山登りがしたくてむずむずしてきました。
こんな景色や楽しい時間、経験がないと描けないのでは?と思っていたら、たしろさん、キリマンジャロ山に登った時のことを思い出されながらこのお話を創られたのだそう。(本格的!)山登りの醍醐味はそのままに、こんなに愛らしいお話が完成してしまうなんて、さすがなのです。
ところで、ポレポレってどんな意味だかわかりますか?
(磯崎園子 絵本ナビ編集長)



しんどくなったらポレポレ。

楽しいときもポレポレ。

自分のペースを守って、ゆっくり確実に進んで行きます。






20140813雷鳥平雄山内蔵助山荘048

カメラの望遠で見ると雄山神社がもうすぐ。

大人だとそんなに遠くない距離。

でも5歳のPinkは、

20140813雷鳥平雄山内蔵助山荘050 20140813雷鳥平雄山内蔵助山荘049
目から汗(笑)

実は目から汗の理由にはアクシデントも1つ、確保用ロープを持ちながら向きを変えた私、バランスを崩して痛恨の転倒。

その場で体を支えて踏ん張って、私はダメージなしでしたが、Pinkの指の爪の下に出血してしましました。

ゴメンね。痛かった、、っていうか、ジンジン痛みがしばらく続くよね。

幸い骨折などないようです。

消毒と絆創膏で応急処置して進みます。

泣いてるPinkにBlueがキャラメルをくれました。やさしい兄ちゃん。よかったね、Pink。


幸い大きな事故にはつながらなかったものの、崖だったりしたらって思うとゾーッ。(≧へ≦);

今回の山登りの大きな反省点でした。



20140813雷鳥平雄山内蔵助山荘051

それにしてもあそこから登って来たんだね〜。

既にこの時点で彼女の登山歴における1日標高差を更新しております。

もう少し!がんばっ!




20140813雷鳥平雄山内蔵助山荘052

昨日は後ろの浄土山まで登ってあの道を降りてきたんだから!

行ける行ける。あとちょっと!


そして、


20140813雷鳥平雄山内蔵助山荘053

13時30分 雄山到着〜  ヾ(´∇`)ノ゙



20140813雷鳥平雄山内蔵助山荘054

(⌒▽⌒)V  v(=。=||)  v(^∇^)>  ありゃ(笑)

精根尽き果てたご様子。




20140813雷鳥平雄山内蔵助山荘055 20140813雷鳥平雄山内蔵助山荘056 20140813雷鳥平雄山内蔵助山荘057
さっそく雄山神社峰本社で記念のお土産を物色。

20140813雷鳥平雄山内蔵助山荘058
Pinkはピンクのランドセルをゲットしたけど、Smile再開まで今しばらくお待ちください(笑)


20140813雷鳥平雄山内蔵助山荘071 20140813雷鳥平雄山内蔵助山荘072
左Blue撮影、右Red撮影の山頂家族写真でございます。

Pinkの笑顔、通常営業再開しました。

20140813雷鳥平雄山内蔵助山荘060 20140813雷鳥平雄山内蔵助山荘061 20140813雷鳥平雄山内蔵助山荘062
ここまで来たから頂上の峰本社 神殿でお払いしてもらわねば〜!

登拝料は大人500円、子供(小中学生)200円也

いざ、頂上へ!

20140813雷鳥平雄山内蔵助山荘064 20140813雷鳥平雄山内蔵助山荘068

はい!3003mの雄山頂上でございます。

Pink初めての3000mオーバーの山頂。

おんぶなしでよくここまで来たね!



ん?密かに奥様も3000m超は初めてだ〜。よね?



20140813雷鳥平雄山内蔵助山荘066 20140813雷鳥平雄山内蔵助山荘065 20140813雷鳥平雄山内蔵助山荘070

まじめにお祓いしてもらいましたので、その間の写真はありませんが、しっかりお神酒は頂きました。


20140813雷鳥平雄山内蔵助山荘069


家族で百名山登頂おめでとう〜

(^-^)∠ (*≧∇≦)/--(*⌒ー⌒)ο∠☆:---(*^▽^)ノ---(≧◇≦)~☆ (祝))))

って余韻を感じつつ、


それでは先に進みます〜。

続きはこちら


関連記事

 登山・トレッキング 2014年8月 立山三山縦走

 雄山 一ノ越 神の道

12 Comments

ぴょんたん  

登頂、おめでとうございますー^^!

やっぱりこの日が一番のお天気だったんですね。

それにしてもすごい賑わい。

誰もいない登山道は山を感じるのにいいけど

こういうのも楽しくっていいよねー♪

来年はうちも雷鳥沢ベースキャンプにしよっかな~。

2014/08/28 (Thu) 06:46 | EDIT | REPLY |   

mor  

ぴょんたんさん

おはようございます。

この日を逃したらテン場でのんびりして帰るしかないねーって感じの青空でしたよ。

テン場でのんびりも悪いことじゃないですけどね(笑)

雪のない雷鳥沢、一度経験してみてください〜

2014/08/28 (Thu) 08:51 | EDIT | REPLY |   

みわりん  

自分で後ろ髪をお団子にできるの?
すごいね!
私自慢じゃないけど昔から短髪だから・・・
まったくそういう技術持ち合わせておりません(笑)

家族で雄山登頂おめでとうございます!!

いや~~すごい人!
さすがお盆ですね。
私の立山はガスのときと雪のときだから全くイメージが違います。

2014/08/28 (Thu) 11:06 | EDIT | REPLY |   

rara  

家族で百名山登頂おめでとう〜

家族で百名山登頂おめでとう〜

みなさん、よく頑張られましたね~。

pinkちゃんは山が大好きな頑張り屋さんになるでしょうね。

こんなに小さい時から沢山の山行を経験してますからね~

私の雄山登山は二度とも雨で、二度目は下から吹き上げてくる

暴風雨で視界数メートルした。

晴れた日の雄山からの眺めを見せて頂いてありがとう。

2014/08/28 (Thu) 21:13 | EDIT | REPLY |   

mor  

みわりんさん

おはようございます。

本当お盆ですね〜

国際色豊かな登山者さんたちで、立山インターナショナルって感じの、すごい人人人でした。


お団子の後ろ髪は、余った髪の先はグルグルにして挟み込むんだそうです。

みわりんさんのロングヘア、見てみたいよ(笑)

2014/08/29 (Fri) 07:02 | EDIT | REPLY |   

mor  

raraさん

ありがとうございます。

山のしんどさと気持ちの良さ、雨の冷たさ、いろいろ感じた今年の夏山でした。

今は低くて、登りのない山がいいよ〜って言ってますが(笑)

raraさんの立山、2回目も雨でしたか。

雨の日の3000mは辛そうですね。

我が家、雨降ってたらテントで1日寝ていたと思います。

この先もだらだら続きますが、よろしくお願いします。

2014/08/29 (Fri) 07:07 | EDIT | REPLY |   

もえここ  

登頂おめでとうございま~す♪♪

Pinkちゃんにとって、背丈ほどの岩を越えて登っていくことは
大人が思うより、強い意志と頑張りがないと辿りつかない道のりですもんね~
よく頑張ったね~!!
家族揃っての登頂がこの青空の下で、より一層いい記念になりますね(*^-^*)

立山三山一座も登ってない我が家。。。
いつ登ろうかな~~(笑)


2014/08/29 (Fri) 21:50 | EDIT | REPLY |   

sana-papa  

この日を逃したら夏は終わり!って感じの一日でしたね~♪
この日、私は3000mに1mだけ足らず…
写真を見返すとmorさんファミリーが一ノ越へ着く頃、私はヨコバイを過ぎてひと安心していたようです。

家族で3000m制覇は達成感もひとしおだったことでしょう。
テン場で会ったpinkちゃん、ひとまわり成長したように見えましたョ!

2014/08/29 (Fri) 23:26 | EDIT | REPLY |   

mor  

もえここさん

おはようございます。

なんとか雄山まで登りきりました〜
今まで経験した登山の標高差とは比べ物にならない今回の登山コース、Pinkはよく頑張ったと思います。

娘にあわせると兄ちゃんたちは物足りない、
兄ちゃんたちにあわせるとPinkはついて行けない、
幼児といっしょの家族登山って難しいですね。

でも今しかない時間を一緒に過ごすことができて、よかったなーと、、、って
まだレポ完了じゃないので、このくらいにしておきます(笑)

2014/08/30 (Sat) 06:28 | EDIT | REPLY |   

mor  

sana-papaさん

おはようございます。

大鬼谷でお会いした1月に比べると、確かにpinkは経験も増えてきてますね。
この時期の半年って私たちの何年分なんでしょう。
昨年はお留守番Pinkでしたので、今年は家族全員で行けて良かったなーと思います。


3000m−1m?
sana-papaさん、山頂で1mジャンプしたらよかったのに(笑)
いや、sana-papaさんのへその辺りで3000m、お顔は3000.6mあたりにあったはずですよ!

2014/08/30 (Sat) 06:34 | EDIT | REPLY |   

piyosuke-papa  

こんちは!(^^)!

家族で百名山・・登頂おめでとう♪

いつもはじけるような笑顔のpinkちゃんですが

今回目から汗のあとのテンション低いpinkちゃんも可愛いい((笑)

2014/08/30 (Sat) 11:39 | EDIT | REPLY |   

mor  

piyosuke-papaさんこんにちは〜

家族で百名山、5人全員でっていうのは2012年の伯耆大山以来かな。

この日のPinkは目から汗が大変な1日だったと思います。

機嫌直すのが早いから、グズグズ〜ってことはなくて助かるんですけどね。

子供も3人目なので泣いていても親も余裕だし〜(笑)

2014/08/31 (Sun) 13:20 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment