Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you.

あしたキャンプか山に行こう!

02
2014  00:10:24

ほんわか静かに夜が明けました。



一の森のテン場に優しい朝日が昇ってきました。

5時です。

笹の葉にぶら下がった朝露の雫が水晶玉のように世界を逆さに映しています。

20140721剣山005

水滴の中の世界をもっと拡大して見てみたかったな。
もうちょっと寄って撮ればよかった。
その瞬間そこに気が付くかどうか。
写真って機転が利くかどうかで切り取れる世界が変わってきますね。


剣山2日目、7月21日(月)海の日が始まりました。



前回まで
その1:自分の足でてくてくと。霊峰剣山
その2:さあ一の森へ出発!



続き〜の前に、ポチッと応援よろしくです!
にほんブログ村 ブログランキング
Many thanks!






20140721剣山001
おはようって起こすのも悪いかな。



20140721剣山002L

せっかくの日の出を見ないのはもったいない気もするけど、まだ5時だからそっとしておきます。

冷え込みがもうちょっと足りなくて、雲海は出ず。



うぐいすのさえずりがあちらこちらから聴こえてきていましたが、
20140721剣山004
一羽が枝先でポーズを決めてくれました。

かなり長い時間同じ場所に滞在。

お気に入りの場所でしょうか。






20140721剣山006

天涯の花で有名になったキレンゲショウマのつぼみは朝日に照らされて今にもはじけそうでした。

今頃は黄色い花が満開でしょうね。




20140721剣山007 20140721剣山008
5時40分 おはよう。朝は体の暖まる棒ラーメン。

3人で4玉(2袋)




20140721剣山009
6時に朝食。

何℃だったっけ?

雲海はなかったけど、まずまず寒かったですね。



20140721剣山010 20140721剣山011
ホットいちごミルクでさらに体を温めて、ダウンを脱いだPink。

ペグ抜きを手伝ってくれますが、1本抜くのにかかる時間はまだまだ長いのでした。

でも手伝ってくれる気持ちが嬉しいよ。



20140721剣山012

7時半

お先に〜!またどこかでお会いできたらいいですね〜ってご挨拶を済ませて、




20140721剣山013

さあ行こう!



20140721剣山014 20140721剣山015
まずは一の森神社で滞在させていただいた御礼を。

6時45分 やっと歩き出しました。


20140721剣山016
20140721剣山017 20140721剣山018
昨日と同じように、ヒュッテの横から山頂に続く稜線に上がって、今度は北を向いて昨日やってきた剣山に進みます。



20140721剣山019
昨日下ってきた二の森


20140721剣山020 20140721剣山021
登って、登って、、。

ゆっくりですが、着実に登るようになってきたPinkです。


20140721剣山022

二の森のお社を過ぎて進んでいると、、、、




後ろからてくてくザッザッ!




20140721剣山023
隣のテン場でご一緒したタッキーさんと息子さんが、颯爽と追い抜いて行かれました〜

またお会いしましたね〜。

なんとなくそんな気がしてたんだ(笑)




20140721剣山024 20140721剣山025

でもおかげで、そこからPinkの足の回転速度が上がったこと!

ついていこうと頑張ってる(笑)

やっぱり幼児は近い年齢の引っ張っていってくれるお友達との登山がいいんだなー。


20140721剣山026
最後の登り階段で追いついた?

待っていてくださったのか(笑)


20140721剣山027
実は私の歩みが一番遅かったのだ(笑)

8時40分 先に到着した4人はテラスで休憩中。


20140721剣山028

息子君ありがとうね!



20140721剣山029

写真中央の半分ガスのかかった、木の柱の立ってる山頂が一の森。

帰りはほぼ1時間で戻ってきました。

登りだったのに昨日と同じ60分。大人のコースタイムと同じってビックリ。

道が良くて起伏が優しい短い距離なら、Pinkも体力的には大人と同じスピードで歩けるってことですね。

肝心なのは、この人に着いていきたい!ってモチベーション。

2012年9月の上高地から徳沢の帰り道に、山ガールのお姉さんについて行こうとしてほとんど歩いた3歳のPinkを思い出しました。そのときの記事はこちら



20140721剣山030

みんなでパチリ!

父息子で青いザックが爽やかなタッキーさん。

本当にお世話になりました!



20140721剣山031

頂上ヒュッテ横でお別れです。バイバーイ^ ^)/

この後タッキーさんはこの足で海水浴だそうで!

海に山に!満喫されたことでしょう 。





20140721剣山032 20140721剣山033

さて9時です。

我が家はもう一度剣山山頂を経由して、次郎笈を目指して西斜面を下って参ります。

木道が終わって、、

20140721剣山034

ゴーロの下り。



20140721剣山035 20140721剣山036

ここは念のため、スリングで簡易ハーネスを。

はい!出来上がり。


20140721剣山037

お猿のお散歩(笑)



20140721剣山038

転びそうになったらちょっと引いてやろうと思いましたが、さしたる出番もなく、



穏やかな道になったのでロープ確保終了〜


そのうち稜線のガスが晴れてきて、再び次郎笈が見通せるようになってきましたよ。

20140721剣山039

どうです?この心地よい道!


20140721剣山040 20140721剣山041 20140721剣山042
20140721剣山043
ちょこっと歩いても景色が変わらないってことは雄大な景色であります。


20140721剣山044

手頃な岩があったら上ってポーズをとるPink。

こんな石灰岩の岩が点在する登山道って初めて。

緑の笹野原に白い岩が映えますね。

ああそうか。四国カルストに続く地質なんだな。


20140721剣山046

さて、親はといえば、そろそろザックを下ろしたくて、あの看板のところまで急ぎます。

あの分岐から次郎笈まではピストンで。


20140721剣山047

9時50分 赤いウェアのお兄さんたちがいる場所にある、2つの黄色いザックは我が家の大荷物。

剣山と次郎笈の稜線で、西島駅方面への巻き道の分岐ですので、多くの方がサックをデポしておくポイントになっていました。



20140721剣山048 20140721剣山049
やっほい〜 身軽!

スキップだってできちゃうからね。


20140721剣山050

電車ごっこしながら登っていくと、所々急坂も出てきましたよ。



20140721剣山051 20140721剣山052

三嶺(みうね)への縦走路はここを右。

三嶺へは7〜8時間程度かかるって。



私の父が時々する昔話。
父が学生時代に登った50年少し前の三嶺。10人弱?のグループで遭難しかけた話。
今のような軽量で快適な装備のない時代、雨に打たれて冷えきった体で、行動食も満足になく、腹を減らして滑落しかけながら下った話は結構壮絶でした。
下山したかしてないかのところで見つけた宿では断られ、その後の宿の玄関先で泥のように眠ったって話。
そんな内容だったかな、ちょっと違うのかもしれませんが。
だれも死ななくてよかったねえ。
2000m弱とはいえ、気象条件では人間の命なんてひとたまりもない山の荒々しさ。
肝に銘じて、安全慎重な山歩きを楽しみたいものです。



20140721剣山053
次郎笈中腹から、剣山を見返します。



20140721剣山054

ここからしばらく岩岩の登りでしたが、Pinkは地元の里山でこのくらいの岩場は慣れているようで、上手に登っていました。



20140721剣山056
さて、見えてきた山頂。

20140721剣山055
再び振り返って剣山。

剣山とほぼ同じ標高まで登り返してきました。



20140721剣山057

そして電車ごっこでそのまま突入します!



20140721剣山058
10時30分 標高1930m、次郎笈山頂、今回の山登りのターミナル駅に到着!

おーいPink〜視線はこっちね!



その4下山編に続きます。
関連記事

 登山・トレッキング 2014年7月 剣山・一の森・次郎笈

 剣山 一の森 次郎笈

16 Comments

rara  

本当に楽しそう

「剣山」という厳しそうな名前と違って、眺めの良い綺麗な山ですね~。

こんなきれいな写真を見せて頂くと登ってみたくなりますね。

キャンプしながらじゃないと無理なんですか?

ピンクちゃんずいぶん逞しくなってきて、一緒に登ると楽しさが増しますね。

2014/08/02 (Sat) 01:08 | EDIT | REPLY |   

ケーちゃん  

お嬢さん、ホント良い笑顔ですね~!これくらいの山行はもう楽勝!?
そして、何とも魅力的な稜線ですね。こんなところを歩いてみたいんです。
次は四国かなあ、なんて話しながら未だ登れず、いつかは行きたい剣山。
経験乏しい我家にはとっても参考になります。
天気もまずまず?でいい連休でしたね!

2014/08/02 (Sat) 04:33 | EDIT | REPLY |   

まぁかつ  

おはようございます

相変わらず、Pinkちゃんの表情がいいっすね^^
モデルさんみたいですよー
それに、ほんと楽しそう^^

日の出、いい雰囲気ですね^^
家族を起こしたくなる気持ちわかりますよー
一人だけで見るのはもったいないですもんね^^

2014/08/02 (Sat) 09:35 | EDIT | REPLY |   

piyisuke-papa  

こんちは!(^^)!

1枚目のしずく・・・いいですね~♪ 自然な感じで素敵です。

4枚目の枝もかっこいい!(^^)!

次郎笈はまだ歩いていないので、また昔を懐かしく思い出しながら
登りに行きたいです♪

2014/08/02 (Sat) 13:53 | EDIT | REPLY |   

genzo  

こんばんは^ ^

なんとも雄大な景色!!
稜線がたまらないー!!(*^^*)
気持ち良さそう!!
ピンクちゃんもしっかり歩けるようになってますね。ホント、素敵な山ガール^ ^

お父様の昔話
山をなめたらアカンですよね。
私、ホントに気をつけます!^^;

2014/08/02 (Sat) 21:00 | EDIT | REPLY |   

タッキー  

お疲れ様です!
最後の登りのpinkちゃんの猛追には、なんとか逃げ切りましたけど、かなり親子で焦りましたよ~(笑)
今日は親子4人で蒜山でオートキャンプしてます(^^)v
天気が不安でしたけど、なんとか持ちこたえて下蒜山登れて良かったです~♬

2014/08/02 (Sat) 22:04 | EDIT | REPLY |   

ぴょんたん  

お山の目覚めてくる感じが良いですねー^^
トップの写真、好きです♪

ピンクちゃんもずいぶん歩けるようになったみたいで
今後がますます楽しみじゃないですかー^^!

2014/08/02 (Sat) 23:14 | EDIT | REPLY |   

morpheus  

raraさんこんばんは

笹の稜線が本当にきれいな剣山でした。

日帰りでも登れますが、ヒュッテがありますからお泊まりになると楽しみも倍増するでしょうね。

pink曰く、剣山はあんまり険しくなかった〜んだそうです。

次回はリフトなしに決定(笑)

2014/08/03 (Sun) 00:17 | EDIT | REPLY |   

もえここ  

こんばんは(^-^)w

>その瞬間そこに気が付くかどうか
↑ここって感性ですよね~
ただ前を向いて歩いてても着くけど
到着するまでの間に、見たり聞いたりして
感じることってみんな違うんですもんね~♪
うぐいすさんのお気に入りの枝、素敵な写真です(*^-^*)

Pinkちゃんの笑顔に癒されますね~♪

2014/08/03 (Sun) 01:07 | EDIT | REPLY |   

morpheus  

ケーちゃんさんおはようございます。

広島からなら4時間と少し。

割と遠いですね。

石鎚山の方が広島からなら断然近いでしょうけど、お子様と一緒なら剣山いいですよ〜。

この笹の稜線は一度歩いてみる価値ありです!

2014/08/03 (Sun) 07:44 | EDIT | REPLY |   

morpheus  

まぁかつさんおはようございます。

歌ったり踊ったり、根が明るいんでしょうね〜

よく笑う子に育っておりますPinkです。

日の出の時、3つのテントのお父さん3人とヒュッテの管理人さん、ヒュッテ泊の数名のおばさまが感激を共有しておりました。

早起きは三文の徳でございました!

2014/08/03 (Sun) 07:48 | EDIT | REPLY |   

morpheus  

piyosuke-papaさんおはようございます。

枝ですね〜
白骨化した木ってシルエットでも絵になりますね。
何かの生き物みたいで。
この形、絶対悪いやつですよね。で、鳥さんが勇敢にもその侵攻を食い止めてるみたいな。
piyoさんちならあっという間に次郎笈行けちゃうでしょうから、三嶺までレポしてくださいね〜

2014/08/03 (Sun) 07:53 | EDIT | REPLY |   

morpheus  

genzoさんおはようございます。

人間ってそれぞれ何度か、あれはヤバかった〜
間違ってたら死んでたな〜って瞬間あるじゃないですか。
生きてるかぎり、事故に遭遇する可能性はあり得る訳ですが、その時代の基準で避けられる事故は避けたいですね。
私も、フィールドでは慎重にでも大胆に、これからも遊んでいこうと思います!

2014/08/03 (Sun) 07:58 | EDIT | REPLY |   

morpheus  

タッキーさんおはようございます。

蒜山ですか!いいところですよね。
下蒜山登頂おめでとうございます。
下のお子さんはpapaの背中でしたか?
我が家も2012年7月に下蒜山登りましたが、もちろんPinkは背中でございました。
あと上蒜山はまだ登れてないんですよね。1度撤退したっきり。
いつかリベンジしたいと思っています。

2014/08/03 (Sun) 08:07 | EDIT | REPLY |   

morpheus  

ぴょんたんさんおはようございます。

実は冒頭の写真は相当トリミングしております(笑)
現場でこれは接写だーって気付けばいいんですけどね。
まだまだ感性を磨いていかなければなりませぬ!
精進します。

今回の山行、Pinkは苦痛なく歩けたようで、よかったですよ。
まだ「しんどい」は山嫌いを誘発しそうなお年頃ですから、
この調子で「楽しい」ソフト山歩きを多めに続けていきたいと思います!

2014/08/03 (Sun) 08:11 | EDIT | REPLY |   

morpheus  

もえここさんおはようございます。

そうそう、前を向いて、ルートファインディングしながら、足下を確かめながら、、、
安全に到着するにはそれでOKでも、途中に何か感激したいですものね。
もう一つのアンテナを景色や音や匂いに向けておかないと、山登りの楽しさがなくなってしまいますものね。

うぐいすさん、本当に彼方此方から鳴き声が。
素敵な朝でした!

2014/08/03 (Sun) 08:18 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment