Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you.

あしたキャンプか山に行こう!

--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

26
2014  01:16:58

話題の映画、観てきました〜

haruwo.png

6月22日の午後であります。

続き〜の前に、ポチッと応援よろしくです!
にほんブログ村 ブログランキング
Many thanks!



20140622春を背負って01

最近は兄ちゃんたち忙しいし、思春期特有の「親と一緒はちょっと〜 −−;」ってやつが発症していて、家族で出かけることが減りましたねー。

そこで慌ただしいけど先日の誕生日昼食会の後そのまま映画館に。

20140622春を背負って02 20140622春を背負って03 20140622春を背負って04
昼食の後で結構おなかはいっぱいでしたが、やっぱ映画にはコーラとポップコーンでしょう!



春を背負って
20140622春を背負って05
原作は少し前に買っていて、ぼちぼち読んでおりました。





20140622春を背負って06

読み終えてから映画館に来ようって思っていましたが、まだ終えてないうちに映画館にやってきちゃった。


20140622春を背負って07 20140622春を背負って08
最後の部分「荷揚げ日和」の後半を映画が始まるまでの待ち時間で読破!




20140622春を背負って09 20140622春を背負って10

入場開始のアナウンスだ。行こう!

poster2.jpg
ポスターの前でパチリ!
20140622春を背負って11

さあ座席へ〜!

20140622春を背負って12

ワクワク〜




原作と映画では設定が異なるのですが、よくあること。

原作の「奥秩父の梓小屋」って設定、映画では「立山 の菫(すみれ)小屋」になっています。

雄山(標高3,003 m)、大汝山(標高3,015 m)、富士ノ折立(標高2,999 m)の3つの峰を総称する立山の最高峰大汝山の山頂直下にある大汝休憩所を菫小屋として撮影されました。

人間の内面を活字でゆっくりと描写していくには奥秩父の樹林帯でも確かによいというか、むしろ派手さはないこの山域の方がよいのかもしれませんが、映画にするとちょっと地味過ぎかもしれませんね。

映像の芸術映画では、森林限界を超えた3000mの世界が必要なのだろうと感じました。

それにしても立山のパノラマビューが大きなスクリーンですばらしい〜




雄山には15年と少し前に登ったことがあるのですが、こんなすばらしい眺望はなかったなあ。

あれはまだ私が結婚する前。

両親と弟との4人パーティーでした。

前日はみくりが池温泉に泊まった記憶。


実は雄山から先に行ったかどうか、不覚にも記憶がない。

山頂はガスってたからどこにいるんだか印象が少なくて(笑)

雷鳥沢ベースに雄山・大汝山・富士ノ折立をぐるっと縦走で再チャレンジしたいぞー。





事前にネット会員サイトで座席予約している人は少なくて、観客動員はどうなのかなーと思っていましたが、始まる頃にはほぼ席は埋まっていました。

が、観客の方々の年齢層は中高年中心。
子供は、うちの子3人だけでした(笑)
このあたり、こちらのお方のレポと一緒ですね〜。

ストーリーはモンベルHPより、登場人物の解説は↑のレポから引用させてもらいます〜(笑)

主人公の長嶺亨(松山ケンイチ)は、父・勇夫(小林薫)の急死をきっかけとして、
立山連峰で山小屋“菫小屋”を営む厳格な父(小林薫)に育てられた長嶺亨(松山ケンイチ)。
社会人になった亨はそんな父から遠ざかるように金融の世界で、会社の歯車として毎日を過ごしていた。
そんなある日、父の訃報が突然届く。帰郷した亨の前には気丈に振る舞う母(檀ふみ)、その姿を沈痛な想いで見守る山の仲間たち、そして見慣れぬ一人の女性・高澤愛(蒼井優)の姿が。彼女は心に深い傷を負い、山中で遭難しかけたところを亨の父に助けられた過去があった。
父が遺した菫小屋と、父の想いに触れた亨は、都会での生活を捨て小屋を継ぐことを決意する。
山での生活に悪戦苦闘する亨の前に、父の友人と名乗るゴロさん(豊川悦司)が現れる。世界を放浪してきたゴロさんの自然に対する姿勢や愛の天真爛漫な笑顔に接しながら、亨は新しい自分の人生に向き合い始める。

主人公を取り巻く個性豊かな登場人物たちは、
山小屋で働く愛ちゃん(蒼井優)
民宿ながみねを営む亨の母・菫(檀ふみ)
亨と幼馴染の家具職人・聡史(新井浩文)
山岳警備隊の隊長・工藤(吉田栄作)
登山客で就活中の大学生・須永(池松壮亮)
みなさんいい仕事されてます。

蒼井優さんの笑顔はオアシスだな〜


登場人物のジャケットのモンベル率の高さからモンベル協賛だなーってのはわかりましたが、
辰野氏に関しては、エンドロールでも気付きませんでした〜(笑)



  目次

・春を背負って
・花泥棒
・野晒し
・小屋仕舞い
・疑似好天
・荷揚げ日和

 特別対談『春を背負って』が語りかけるもの
        笹本綾平×木村大作

精神疾患や医療現場の問題、生き様と死に様、人間のスピリチュアルなテーマを描きながら、ほのぼのとした読み心地で、楽しめました。

ご一読あれ〜





選択肢が多く見えて物質的に豊かかもしれない現代社会でも、

標高3000mの厳しい自然の中でも、

どっちでも生きていくのは大変なことだなあと感じながら、

自然の一部である人間の力強さを感じた“春を背負って”でした。



関連記事

 日々の出来事 いろいろ

 映画 立山

- 8 Comments

koba*  

見たい映画です

morpheusさん!(^o^)/

見たい映画です
宣伝見た時 いいかな~って

「親とはちょっと…」キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
まあしょうがないですね

ところで映画 ピンクちゃん大丈夫でした?

2014/06/26 (Thu) 07:22 | EDIT | REPLY |   

みわりん  

はは、うちは同じ日の午前でした(^皿^)
リンクありがとうございます。

いいな~ポップコーンとドリンク買ってもらえて(笑)

また読み直そうと思ったんですが
図書館貸し出し中・・・
ブックオフ・・・単行本も文庫本もなし

映画やってるから仕方ないですね(笑)
買いました♪

2014/06/26 (Thu) 12:04 | EDIT | REPLY |   

sana-papa  

やっぱり観に行きましたね〜♪
スクリーンに広がる立山の絶景…それだけでも一見の価値あったな〜。
それにしても…なんでみんな辰野氏に気付かないんでしょうか?あんまりストーリーと関係なかったからかなぁ。
観客の年齢層は我が家の時も同じでした〜。(笑)

2014/06/26 (Thu) 23:54 | EDIT | REPLY |   

morpheus  

koba*さんおはようございます

「親と一緒はちょっとー」ってやつ、ちゃんとその時期が来ましたね。
koba*さんちもあったんですね〜。

Pinkは一生懸命見てましたよ。
でもストーリー、文脈を読む力がまだまだなので、
小声で「なんでこうしたの?」「なんでああ言ったの?」って質問を繰り返していました。
娘には"アナと雪の女王”より難しい映画だったようです。
当たり前か〜(笑)

2014/06/27 (Fri) 07:21 | EDIT | REPLY |   

morpheus  

みわりんさんおはようございます

あら偶然。同じ日でしたかー。
みわりんさん図書館の常連さんなんですね。
さすが、文学少女みわりん♪(笑)
日頃読むものといえば自然科学系の雑誌がほとんどで、
小説を読んだの何年ぶりだろうって非文学少年の私ですが、
今回小説もいいなあと再認識しました。
みわりんさんオススメの"神々の山嶺"も読んどこうっと♪

2014/06/27 (Fri) 07:35 | EDIT | REPLY |   

morpheus  

sana-papaさんおはようございます

sana-papaさんも公開直前に記事にされてましたね。
やっぱこの映画に子連れで来ている家族って絶対山登らーですよね。

上映終了後におばあさまが、映写室の階段でよろけていました〜
「映画館で遭難しそうね〜」って笑っておられましたが、ニコニコ満足の表情だったのは、映画の直後だったからでしょうね。

2014/06/27 (Fri) 07:55 | EDIT | REPLY |   

もえここ  

こんにちは(^-^)w

映画館に行く予定はなかったですが。。。
morpheusさんの貼ってくださった動画を見て。。。
気持ちが揺らいでおります(笑)

こんな絶景ばかりの映画観たら。。。
すぐにでも行きたくなっちゃいますね~~♪♪

2014/06/27 (Fri) 12:22 | EDIT | REPLY |   

morpheus  

もえここさんおはようございます。

ぐずついたお天気、今年の梅雨明けはどうなんでしょう。

青空の頂が恋しいですね〜

今年はあっちもこっちも登りたい〜!って映画館を出てきたのですが、

まずは少し体を軽量化しないとなーと(笑)

2014/06/28 (Sat) 10:03 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。