Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you.

あしたキャンプか山に行こう!

07
2013  23:44:35

今年は紅葉登山に行けるのでしょうか??

我が家、最近なかなか連休がないんですよね〜。

土日のどっちかに予定が入っていて、泊まりのアウトドアは難しい状況なのです。

morpheusの体調も、この2週間咳が止まらず、仕事でも今ひとつ感が拭えず、、。

まあゆっくりしなさいってことかな。



10月に入りましたが、なんだか暑いんですけど。

それでも台風が次から次へとやってきます。

秋ですね。


高山の紅葉はそろそろピークでしょうか。

そういえば、morpheusの父親と弟との3人で西鎌から向かったあのとんがり登山はちょうど1年前のこと。

201210Yari01.jpg

昨年の山行ですが、懐かしいので再掲です。



ポチッ ポチッ にほんブログ村 アウトドアブログへポチッ
 ブログランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします〜




10月3日 新穂高から入って
201210Yari02.jpg201210Yari03.jpg201210Yari05.jpg
4日に小池新道を登り、鏡平の鏡槍を期待しましたがガスの中(笑)

201210Yari06.jpg
それでも紅葉の中を登っていける幸せ!

201210Yari07.jpg
弓折乗越から稜線に出て、やっとガスガスワールドから離脱して進みました。

201210Yari08.jpg
双六谷に雲の間から差し込んだ太陽がスポットライトのように照らし出した光景のきれいだったこと!

201210Yari09.jpg
日本とは思えない絶景!

201210Yari10.jpg201210Yari11.jpg201210Yari12.jpg
昨年は10月初旬ともなるとテント場も広々設営可能でしたよ。


翌日5日早朝の樅沢岳からの下り
201210Yari13.jpg
この登山は父の70歳記念登山だったのですが、膝を守って慎重に降りる父。
ゆっくりでも安全に!

201210Yari14.jpg201210Yari15.jpg
硫黄乗越でイタリア半島を探していたら、槍ヶ岳が初めて姿を現しました。
このときの3人の感激を忘れることはないだろうな。

201210Yari16.jpg
まだまだ先は長いのですが、ここからずーっと槍の穂先を眺めながら歩けるのが西鎌のすばらしいところですね。


201210Yari17.jpg201210Yari18.jpg
途中鎖場の急な下り坂で父しりもち!のハプニングも。皆様気をつけて!あそこが現場です!

201210Yari19.jpg
ケルンの積まれた広場のようなスペース。


201210Yari20.jpg
父が撮ってくれた弟との写真。お気に入り。


201210Yari21.jpg
解説なんて不要ですよね〜

201210Yari22.jpg
とにかく歩いていて気持ちよい!

201210Yari23.jpg
こんなに最高のコースなのに、数パーティーしか出会わなかったですよ〜

涸沢は大変なお祭り状態になってるだろうなって想像しながらゆっくりゆっくり登っていきます。


201210Yari24.jpg
険しいところはこんな感じで。えっっちらおっちら。



201210Yari25.jpg201210Yari26.jpg201210Yari27.jpg
千丈乗越から見上げると、まだまだ、ここからが最後の急登り!


201210Yari28.jpg
それでも16時にやっと登りきると、一昨日出発した新穂高の後ろにそびえる笠ヶ岳が、夕日をバックにどっしりとした山容を見せてくれました。

この景色も思い出深いな。

201210Yari29.jpg201210Yari30.jpgこの日は山荘泊となりました。

201210Yari31.jpg
槍の肩からの夕日。


6日、夜明け。
201210Yari32.jpg201210Yari33.jpg

201210Yari34.jpg
ご来光に安全を祈願してさあ穂先に!

201210Yari35.jpg201210Yari36.jpg201210Yari38.jpg
ホールドはたくさんあって、登山者もまばら。焦ることなく自分のペースで。

201210Yari37.jpg
父の長年の憧れだった槍ヶ岳に登頂を果たして記念写真。

山頂でホットドリンクを飲んで体を温めたら、さあ下山。


201210Yari39.jpg
下りも慎重に肩まで降りて行きまして、

201210Yari40.jpg
槍沢に降りていきます。

201210Yari41.jpg201210Yari42.jpg201210Yari43.jpg
草紅葉はピークを過ぎているようでしたが、

グリーンバンドの下に降りていくと
201210Yari44.jpg
目に入ってくる紅葉


201210Yari45.jpg
ナナカマドの赤201210Yari46.jpg


201210Yari47.jpg
ダケカンバの黄


201210Yari48.jpg
緑や岩肌の灰色も混ざり合って、すばらしい秋の錦でした。
201210Yari49.jpg

ババ平で1泊して


翌7日
201210Yari52.jpg
槍沢を緩やかに下っていきました。

途中の横尾はお祭り状態。

涸沢は予想通りの登山渋滞だったようですね。


201210Yari53.jpg
上高地に下山して山行終了。




201210Yari50.jpg201210Yari51.jpg
まだ買ってない槍ヶ岳バッジ。

子供たちと登頂できるのはいつになるかな〜。

2012年10月3日から7日、1年前の思い出でした。



10月下旬が中国山地の紅葉シーズンかな。

紅葉の時期に1回は家族で登山できればと考えていますがどうなることでしょうね〜。


 登山・トレッキング 2012年10月 槍ヶ岳ダイジェスト

 紅葉 槍ヶ岳 西鎌尾根